公益財団法人彫刻の森芸術文化財団

会社概要

商号
公益財団法人彫刻の森芸術文化財団(コウエキザイダンホウジン チョウコクノモリゲイジュツブンカザイダン)
代表者
日枝 久(ヒエダ ヒサシ)
所在地
〒250-0493
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121 
TEL
0460-82-1161
業種
芸術
上場先
未上場
従業員数
-

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が過去に配信したプレスリリース

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団がアートによる企画制作を行う「知知床夕陽のあたる家 ONSEN HOSTEL(北海道斜里郡斜里町)」にて、注目の画家・絵本作家ミロコマチコさん制作の壁画の完成とお披露目のイベントを6月24日(日)に開催します。

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団は、2つの野外美術館を設置し、来館者が豊かな自然の中でゆっくりと彫刻に接することのできる機会を提供しています。 この度のホームページリニューアルに伴い、当財団事業の紹介とともに今後様々な事業活動の充実と展開を図るため、寄附ページを新たに作成いたしました。法人および団体の方からの寄附をはじめ、個人の方からはクレジットカードでの寄附をお受けできるようになりました。

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が運営する箱根町・彫刻の森美術館では、様々な企業とコラボレーションをしながら、アートグッズを販売するミュージアムショップ企画を展開しています。今回は和菓子の老舗榮太樓とコラボレーション。3月3日(土)より「榮太樓 ポップアップボックスキャンディー」をミュージアムショップにて販売を開始します。

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が運営する箱根町・彫刻の森美術館では、クリスマスへのカウントダウンが始まる季節から新しい年にかけて、屋外展示場と野外彫刻を活かした高橋匡太によるライトアップ「箱根ナイトミュージアム」を12月1日(金)より1月8日(月・祝)まで開催します。期間中は18時まで開館時間を延長。野外美術館ならではの光のアートを楽しめます。

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が運営する箱根町・彫刻の森美術館では、ミュージアムショップ企画として、ショッピングモールにて10月7日(土)より「空気の器」の販売を開始します。2018年1月17日(水)まで。

画像

彫刻の森美術館にCAR(カー)まわぬがやって来ます!

  • エンターテイメント、文化、芸能

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が運営する箱根町・彫刻の森美術館のカフェに、9月16日(土)17日(日)の2日間、手ぬぐいの移動販売カー「CAR(カー)まわぬ」がやって来ます。てぬぐい販売のほか、カフェ内で様々なプログラムを用意します。

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が運営する彫刻の森美術館で、好評開催中の現代アートの展覧会「鈴木康広 始まりの庭」。作家の鈴木康広さんによるアーティスト・トークを11/11(土)に開催します。 作家自ら作品を解説して会場を巡ります。参加料無料のイベントとなります。

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団がアートによる企画制作を行う知床プリンスホテル風なみ季(北海道斜里郡斜里町)にて、8月5日(土)11:00より絵本作家tuperatupera(ツペラツペラ)さんによる「よみきかせとおはなし」を開催します。3メートルを超える貼り絵作品「シレトコノコト」の解説や作家の目線で感じた知床を語っていただきます。

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が運営する箱根町・彫刻の森美術館では、ミュージアムショップ・ショッピングモールにて7月15日(土)より「グラニフTシャツギャラリー」を開催中。企画に合わせたオリジナルデザインTシャツのほか、毎年好評の草間彌生オリジナルデザインTシャツの新色など個性豊かなグラニフのTシャツを販売しています。10月4日(水)まで。

公益財団法人彫刻の森芸術文化財団が運営する箱根町・彫刻の森美術館に体験型アート作品「ネットの森」が2017年7月20日(木)に新しくなって帰ってきました! 木造ドームの中に色鮮やかな巨大なハンモックの造形が組みこまれた「ネットの森」は造形作家・堀内紀子と建築家・手塚貴晴+手塚由比によるコラボレーション作品です。 この夏は箱根の森と調和したアート作品をお楽しみください。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.