2011年05月09日 17:00

米FOMC・4月雇用統計を終えて 先月4/27のFOMC声明後の急騰、その後の銀、原油、商品全般の急落、そして4月米雇用統計発表までのNY「金」相場の(株)メリンダ・ダイヤモンドの分析です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4/27のFOMCは、市場参加者が警戒していた金融の引き締め方向への見通しは語られず、放出した6000億ドルの資金は、そのまま放置するとした見方を示したことで市場に安心感をもたらし、その後史上最高値更新が5営業日続き、瞬間の高値は1577ドルまで上昇しました。銀の急落とウサマ・ビンラディン氏殺害を機に1473ドルまで92ドルの棒下げとなったが、1500ドル割れの値ごろ感で実需買いで下げ止まった。

さて、注目の4月の雇用統計だが、米労働省が5/6日に発表した4月の雇用統計によると、
非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比24万4千人増加と、
2010年5月以来で最大の伸びとなった。増加幅はエコノミストの予想中央値(18万5000人増)を大きく上回った。
一方、家計調査に基づく4月の失業率は9%(前月8.8%)に上昇した。失業率の上昇は昨年11月以来初。
市場予想では8.8%が見込まれていた。 事業所調査に基づく民間部門の雇用者は26万8000人増加し、
2006年2月以来で最大の増加幅となった。前月は23万1000人増。 政府関連機関の雇用は2万4000人減少。
特に地方政府の雇用は1万4000人減少した。 この発表を受けたNY「金」市場は今週に入っての4日間の連続の下落からアジア筋の実需の押し目買いが入って、下落の歯止めがかかり、前日比22ドル高の1495ドル。
さすがに1500ドル割れは実需筋が買いを入れてきたようです。
9日のアジア時間のGLOVEXは1502ドルに上昇している。

市場を取り巻く大きな材料はドル・ユーロの通貨不安からのインフレ懸念の逃避先としての「金」へのシフトですが、
ETFを中心とするファンド、及び個人の「金」投資需要、中国・インドを中心とする宝飾需要の他に、
中央銀行が外貨準備をドル資産から「金」へのシフト替えの動きが顕著になってきていますが、
ここへきてメキシコ中銀が1-3月期に100トンもの「金」を購入していたことがIMF統計で明らかに。
更にタイ中銀も約9トン購入。ロシアも3月に18トンと多量の金購入。
公的機関の金買いが続いていることを裏付ける統計である。
特にメキシコは市場では全く想定外のサプライズで、これで南米諸国の「金」買いの可能性が広まったようだ。

「金」の上昇要因は(1)世界的インフレ懸念(2)地政学リスク(3)欧州の財政債務懸念(4)ドル通貨不安
(5)インド・中国の旺盛な宝飾需要(6)中央政府の「金」購入と基本的な要因には変わりはないようだ。
下落要因としては(1)米国の金融政策が利上げに転換する時であるが、この時には金利を生まない「金」を売ってドルを買う流れで表層雪崩現象が起こる可能性がある(2)歴史的高値圏にありリサイクルの「金」の実需の売りが断続的に出ることや(3)ETFやNYコメックス先物の投機筋の高値圏での売り物が株式・原油等の急落場面では出やすいが、当面の下値の目処は1,475ドル近辺、50日移動平均線1,454ドル、100日移動平均線1,413.ドルなどが、
支持線として試されることになり、1400ドルまでの下落を見ている市場関係者は少ないようだ。
(レポートは弊社独自の分析で、売り買いをお勧めするものではありません、ご判断は各自の責任にてお願い致します)

ドル不安が外貨準備で保有されるドルにも波及しドル売却 金購入の流れが続く。
同じく長期保有の中国インドなど新興国も1500ドル割れでは買いを入れること必至。
また現物不足に陥っても不思議ではない。既にインドでは今週に入り 5月の祭礼需要期とも重なり 
記録的な量の金買いがムンバイから報告されている。
 
このレポートに関するお問い合わせは下記へお願い致します

(株)メリンダ・ダイヤモンド 担当 小野寺 靖

Tel 0120-228914(輝く石)

URL http://www.melindadiamonds.com/index.php

mail info@melindadiamonds.com

株)メリンダ・ダイヤモンド会社概要
会社名株式会社メリンダダイヤモンド
設立1988.7.15
代表者小野寺 靖
資本金9,000万円
本社住所〒110-0005 東京都台東区上野5-22-4リューツウ本店ビル2F
電話03-3836-2520 03-3835-3936 03-3836-2635 ファックス03-3833-2031
URL http://www.melindadiamonds.com

担当者 中村 浩徳 小野寺 仁詩 小野寺 美佳子 木内 努  平田栄介 片岡沙弥
取引銀行城北信用金庫上野支店 城北信用金庫王子営業部営
業時間月曜~金曜10:00~18:00

会社の目的宝石、貴金属及びその製品に関する製造、販売及び輸出入業
免許情報東京都公安委員会/第306600607583号 古物商許可証
メリンダ・ダイヤモンドの歴史

1973年宝石卸売業を創業

1978年香港現地法人設立。海外仕入の担当社員を常駐

1979年アメリカ New Yorkに Melinda Diamonds Inc を設立、大粒ダイヤモンドの仕入を開始
DOC会員: ニューヨーク・ダイヤモンドディーラーズクラブの会員になり、

日本人としてユダヤ社会の仲間入りをする
1986年マンハッタンのダイヤモンド街、13W46THにNY自社ビルを置く

同年、イスラエル現地法人としてMelinda Israelをテルアビブに設立、ファンシー、

及び小粒ダイヤモンドの仕入れを開始

1988年 台東区東上野1-11-10に東上野店を設置

2004年 御徒町駅南口前に移転

1986年マンハッタンのダイヤモンド街、13W46THにNY本社ビルを置く
同年、イスラエル現地法人としてMelinda Israelをテルアビブに設立、
ファンシー、及び小粒ダイヤモンドの仕入れを開始1988年台東区東上野1-11-10に東上野店を設置2004年御徒町駅南口前に移転
社長のブログ http://wind.ap.teacup.com/uminoko/

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社メリンダ・ダイヤモンド(カブシキガイシャメリンダ・ダイヤモンド)
代表者
小野寺靖(オノデラヤスシ)
所在地
〒110-0005
東京都台東区上野5-22-4 リューツウビル二階
TEL
03-3836-2635
業種
小売・流通
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.melindadiamonds.com/index.php
IR情報
http://www.melindadiamonds.com/index.php
公式ブログ
http://wind.ap.teacup.com/uminoko/

株式会社メリンダ・ダイヤモンドの最新プレスリリース

2013年06月10日 16:00
先週末7日発表の米5月雇用統計を経ての「金」市場の影響と、昨今のドル高・円安、好調な世界株式市場の中での「金」を取り巻く見通しについて(株)メリンダ・ダイヤモンドの「金」相場についての市況分析です。
2013年04月16日 09:00
週末(12日)のNY「金」市場は1477ドル(84ドル安)、これを受け東京工業品の15日は4579円(412円安)の急落となりました。(株)メリンダ・ダイヤモンドの「金」相場についての市況分析です。
2013年04月12日 14:00
「金」・ダイヤモンド・宝石買取でお馴染みの(株)メリンダ・モンドでは、「新緑まつり高価買取キャンペーン」を実施中です。キャンペーン中のご来店、宅配買取は「金」プラチナをグラム当たり30円高く買います。
2013年02月12日 17:00
「金」相場は年初1660ドル、4678円で始まり、現在ドル建では下落しているが、グラム建では300円の上昇、94円台の円安と「金」相場の関連について(株)メリンダ・ダイヤモンドの「金」市況分析です。
2013年01月11日 15:00
プラチナ価格が昨年末の1539ドルから1629ドルまで一気に上昇基調になりましたが、プラチナの逆襲「金」価格との再逆転はあるのでしょうか?(株)メリンダ・ダイヤモンドのプラチナ市況分析です。

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.