2011年11月08日 12:00

ディメンションデータアジアパシフィック、新任CTO(最高技術責任者)のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディメンションデータは、本日ディメンションデータアジアパシフィック、CTO(最高技術責任者) にアンドリュー・コックス(Andrew Cocks)を任命したことを発表いたしました。コックスはこれまでと同様にソリューション開発グループの代表としてグループをリードすると同時に、アジアパシフィックリージョンにおける、テクノロジー全域でのリーダとしても中心となって指揮を取ることになります。

ディメンションデータアジアパシフィック、新任CTO (最高技術責任者) のお知らせ


2011118日付、東京発- ディメンションデータ (NTTグループ企業、本社南アフリカヨハネスブルグ、日本法人ディメンションデータジャパン:本社東京都港区、代表取締役社長望月弘一) は、本日ディメンションデータアジアパシフィック、CTO (最高技術責任者) にアンドリュー・コックス (Andrew Cocks) を任命したことを発表いたしました。本役職はアジアパシフィックリージョンに新しく設けられ、コックスはこれまでと同様にソリューション開発グループの代表としてグループをリードすると同時に、アジアパシフィックリージョンにおける、テクノロジー全域でのリーダとしても中心となって指揮を取ることになります。コックスは引き続きシンガポールを拠点とします。

アンドリュー・コックスはCTOとして、アジアパシフィック市場における新しい技術的ニーズやトレンドをモニタリングし、それらをディメンションデータが注力してお客様にご提供できるような環境や体制に整備をしていきます。また、ディメンションデータのテクノロジー、イノベーションやトレンドに関する、社内外双方のステークホルダーへのコミュニケーションについても責任者となります。 そして更に、ディメンションデータのテクノロジーロードマップをアジア地域のお客様に向けてご提示してまいります。

アンドリュー・コックスはIT通信業界における26年以上の実績経験を持ち、そのうち17年間をアジア地域で過ごしてきています。コックスは、英国サセックス大学、電子工学学部を卒業しております。

------

ディメンションデータアジアパシフィックについて

ディメンションデータアジアパシフィックは、ディメンションデータホールディングスの子会社で、13のアジア太平洋地域に60以上の拠点を置いて事業を展開しています。ディメンションデータは、お客様のICTインフラを計画、構築、サポート、管理、改良および革新するお手伝いをします。ネットワーク、セキュリティ、データセンター・ソリューション、マイクロソフト・ソリューション、およびコンバージド・コミュニーケーション&コンタクトセンター・テクノロジーの専門知識を、優れたコンサルティングスキル、インテグレーションおよびマネージドサービスと組み合わせて、お客様のビジネス課題を迅速に解決するためICTソリューションをデザインします。尚、ディメンションデータはNTTグループの一員です。http://www.dimensiondata.com/jp

-----

本件に関する問い合わせ先:
株式会社ディメンションデータジャパン
コーポレートコミュニケーション&ブランドマネジメント本部
明石 みき
Tel: 03 6746 2230  Fax:03 6746 2300
Email:miki.akashi@dimensiondata.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社ディメンションデータジャパン
商号
株式会社ディメンションデータジャパン(カブシキガイシャディメンションデータジャパン)
代表者
能島 純一(ノジマ ジュンイチ)
所在地
〒108-0023
東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー34階
TEL
03-6746-2220
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www2.dimensiondata.com/ja-jp
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.