2011年11月30日 09:00

「津波避難シミュレーション」解析サービスのご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーデック株式会社(代表取締役:馬場園 克也、本社:東京都千代田区)は、津波防災まちづくりを推進するために、「津波避難シミュレーション」解析サービスをご提供しておりますので、ご紹介いたします。

津波避難シミュレーション」は、安心・安全な津波防災まちづくりに向けて、道路・街路計画、避難ビル計画、防災計画、避難訓練の改善に役立てることができます。


【目的】
 ●津波発生時の避難時間を、詳細な群衆シミュレーションで推計し、
  「避難に要する時間」「避難時の課題分析」「各種対策の効果」を事前に分析することを目的とします。
 ●これらを把握することで「津波防災まちづくり」の計画策定に具体的な指針を得ることができます。


【シミュレーション分析の前提条件】
 下記のような前提条件より、地域の特性に応じた条件設定を行います。
 ・避難需要の想定(人口の分布、季節や時間帯によるシナリオ)
 ・避難手段(徒歩、場合によりその他の手段)
 ・避難経路及び街区構造
 ・複合リスク(建物倒壊や溯上による避難路閉塞等)
 ・避難場所の設定(避難方向、津波避難ビル等)
 ・避難準備時間の想定(避難開始までの時間想定)
 ・要援護者対応


【主な出力結果】
 ・避難完了時間グラフ
  避難にかかる時間を区域別・属性別にグラフ化し、経過時間ごとの避難完了状況を一目で分かるようにしたグラフです。
  津波発生時に課題となるエリアがわかります。
 ・避難完了マップ
  避難完了時間を地図上に色で示したものです。
  避難完了時間グラフとあわせて利用することで、避難に時間を要するエリアや経路を把握することができます。
 ・避難密度マップ
  避難者が集中したり、狭い避難経路、屈曲部や交差点では群衆密度が増し、歩行速度が遅くなるとともに過密状態による二次災害の危険性も高まります。
  避難密度マップでは地図上で過密エリアを確認できます。
 ・避難状況動画
  避難状況をわかりやすい動画で確認することができます。
  避難状況と課題、そして対策の効果を関係者間で共有する合意形成ツールとして優れています。
 ・その他
  必要に応じたアウトプットを出力し、分析に利用します。


津波避難シミュレーションにご興味ある方は、下記のお問い合わせフォームまたは電話にて弊社担当(竹下・松村)までお問い合わせください。

【お問い合わせ】
http://www.udec.co.jp/inquir/


【会社概要】
ユーデック株式会社
代表取締役 馬場園 克也
所在地 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-2-2 小川ビル5F
Phone (03) 5217-5051 Fax (03) 5217-5054
Company Site http://www.udec.co.jp/
設立 昭和49年5月1日 /資本金 5,000万円

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
ユーデック株式会社(ユーデックカブシキガイシャ)
代表者
馬場園 克也(ババゾノ カツヤ)
所在地
〒101-0047
東京都千代田区内神田1-2-2 小川ビル5階
TEL
03-5217-5051
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.udec.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.