2011年12月09日 14:00

「津波避難ビルの性能評価シミュレーション」解析サービスをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーデック株式会社(代表取締役:馬場園 克也、本社:東京都千代田区)は、津波防災まちづくりを推進するための手法の一つとして「津波避難ビルの性能評価シミュレーション」解析サービスをご提供しておりますので、ご紹介いたします。

沿岸部に近い避難困難地区では、逃げ遅れのリスクを低減するための対策として、津波避難タワーや津波避難施設として利用できる施設(以降、「津波避難ビル」)を確保することが考えられます。

しかし、避難者が一斉に「津波避難ビル」に集中し、上層階に避難しようとした場合、出入口や通路、階段の幅員等によって処理能力が制限され、避難に時間がかかってしまい、せっかく設置されている「津波避難ビル」の効果を発揮できなくなる恐れや、想定される避難者数に対して、「津波避難ビル」に必要十分な容量(収容人数)が確保されておらず、上層階に入れない=避難が間に合わない人が発生してしまうリスクがあります。

津波避難ビルの性能評価シミュレーション」はこういったリスクに対し、歩行者群衆シミュレーションを用いて、詳細に分析・検証することで、より多くの人が安全かつ迅速に避難できる津波避難ビルを計画することが可能です。

【サービスの目的】
津波避難ビルの処理能力や容量など施設性能に関わるリスクを事前に分析・検証することで、リスクが低い、より防災効果の高い津波避難ビルの計画に寄与します

【津波避難ビルの施設性能に関わるリスク例】
・避難ビルの避難場所は、全避難者を収容できる面積が確保されているか?
・津波到達時間までに、全避難者が避難場所まで登り切れるよう、階段や入口の幅員が確保されているか?
・避難者が集中した場合、出入口や階段の幅員は十分か?

【シミュレーション分析の前提条件】
下記のような前提条件より、地域の特性に応じた条件設定を行います。
・津波避難ビルの施設構造(CAD図面等)
・避難需要の想定(人口の分布、季節や時間帯によるシナリオ)
・津波到達時間

【主な出力結果】
・避難完了時間グラフ
  出入り口の幅員の違いなど、ケース毎に避難にかかる時間をグラフ化し、経過時間ごとの避難完了状況を一目で分かるようにしたグラフです。
  避難性能を定量的に評価し、最適な計画を選定することができます。
・避難密度マップ
  避難者が集中した場合、狭い避難通路、屈曲部、登り階段への入口では群衆密度が増し、歩行速度が遅くなるとともに過密状態による二次災害の危険性も高まります。
  避難密度マップでは、施設の過密エリアを確認できます。
・避難状況動画
  避難状況をわかりやすい動画で確認することができます。
  避難状況と課題、そして対策の効果を関係者間で共有する合意形成ツールとして優れています。
 ・その他
  必要に応じたアウトプットを出力し、分析に利用します。

津波避難ビルの性能評価シミュレーションにご興味ある方は、下記のお問い合わせフォームまたは電話にて弊社担当(竹下・松村)までお問い合わせください。

【お問い合わせ】
http://www.udec.co.jp/inquir/


【会社概要】
ユーデック株式会社
代表取締役 馬場園 克也
所在地 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-2-2 小川ビル5F
Phone (03) 5217-5051 Fax (03) 5217-5054
Company Site http://www.udec.co.jp/
設立 昭和49年5月1日 /資本金 5,000万円

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
ユーデック株式会社(ユーデックカブシキガイシャ)
代表者
馬場園 克也(ババゾノ カツヤ)
所在地
〒101-0047
東京都千代田区内神田1-2-2 小川ビル5階
TEL
03-5217-5051
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.udec.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.