2014年02月17日 10:00

【検索行動に関する調査】ユーザーの検索リテラシーが向上。WEB集客は”上位表示”だけじゃ足りないことが明らかに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ウィルゲート(東京都渋谷区/代表取締役社長:小島梨揮)は、この度10代~60代の男女を対象にして、「検索行動に関する意識調査」を行いました。(WEB調査、調査期間:2014年1月28日(火)~2月6日(木)、サンプル数:約700人)

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
御社のWEB集客は大丈夫? 細かな対応こそが効果に実を結ぶ。
▼検索する際の入力単語数が1語・・・6%!
▼検索結果からクリックする際の重視ポイント・・・上位に表示しているから 7%!
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
--【調査トピックス】----------------------------------------------------------------------
ビッグキーワードだけでなく、≪ロングテールも総合的に対策≫。
かつ順位だけでなく、≪タイトルやディスクリプションの文章を最適化すること≫が
ユーザーの心を捉えた対策という結果になりました。

Point(1):検索する際は、検索窓に2語以上組み合わせて入力。
検索する際の単語数は1語…6%。90%以上は【2語以上で検索】。

Point(2):検索結果の「上位に表示されている」ことはクリックにつながらない。
ニーズに沿ったタイトルやディスクリプションを重視…90%以上。

--【調査結果】----------------------------------------------------------------------------
[質問(1)]
検索を行う際、検索窓には平均で何キーワード程度記載しますか?
回答結果は下記の通りでした。


1位 単語数 2つ (65%)
2位 単語数 3つ (26%)
3位 単語数 1つ (6%)
4位 単語数 4つ (2%)
5位 それ以上   (1%)

2つ以上の単語で検索する人が全体の90%以上で、ビッグキーワード(1つ)で検索する人はわずか6%でした。
この結果から、ユーザーは何かを検索するときには複数のキーワードを組み合わせて検索しており、検索リテラシーは向上していると言えます。
また、最近のトレンドであるビッグキーワードへの対策からロングテールを強化する対策への移行は間違っていなかったのですが、ロングテールキーワードを多く上位表示させておけばSEO対策は安心なのでしょうか。
その答えが、次の質問でクリアになります。

[質問(2)]
検索結果に表示されるサイトをクリックする際に重視するのはどのような点ですか?
回答結果は下記の通りでした。
1位 サイトのタイトルが自分のニーズに合っていそう (51%)
2位 ディスクリプション(タイトルの下の説明文)が自分のニーズに合っていそう (38%)
3位 検索結果の上位に表示されている (7%)
4位 名前を知っているウェブサイトのページである (4%)

ユーザーのニーズに沿ったタイトルやディスクリプションを記述することも、検索エンジンでの集客において、かなり重要と言えます。
この調査結果が示すように、ひとえにSEO対策といっても“上位に表示できればいい“というわけではありません。
上記の結果から、
対策するのはビッグキーワードだけでなく、ロングテールも総合的に。
かつ順位だけでなく、タイトルやディスクリプションの文言も最適化していかなければいけません。

上位表示ができているのに流入が増えない・・・そんな悩みを持つ方は是非順位以外の点も意識して対策することをお勧めします。
--【調査概要】----------------------------------------------------------------------------
調査方法 : インターネットリサーチ
調査対象 : 全国、16~66歳の男女約700サンプル
(株式会社ウィルゲートが運営するSagooo worksより)
サンプル比 男性3:7女性、平均年齢は30歳。
調査日時 : 2014年1月28日(火)~2月6日(木)
調査機関 : 株式会社ウィルゲート

--【会社概要】----------------------------------------------------------------------------
会社名: 株式会社ウィルゲート
所在地: 東京都渋谷区道玄坂1-14-6 渋谷ヒューマックスビル4階
代表者: 代表取締役 小島 梨揮
事業内容: WEBソリューション事業、メディア事業

--【サービス概要】-----------------------------------------------------------------------
◯ANALYSE SEO(http://www.analyse-seo.jp/
業界初!払いきり6万円のSEOコンサルティング
キーワード選定とコンテンツ最適化に特化したSEOコンサルティングの体験版サービス

◯SEO GATE(http://www.seogate.jp/
自社開発の外部対策システムによりリスクが低く、効果の高いSEO施策を実現!

◯切磋琢マーケ -ウェブ担当者が次のステージに上がるためのマーケティングブログ-
http://www.analyse-seo.jp/blog/


■調査結果の引用やデータに関するお問い合わせ先
株式会社ウィルゲート 広報担当/及川
メール:press@willgate.co.jp
TEL:03-6809-0331

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社ウィルゲート
商号
株式会社ウィルゲート(カブシキガイシャウィルゲート)
代表者
小島 梨揮(コジマ リキ)
所在地
〒150-8569
東京都渋谷区道玄坂1-14-6 ヒューマックス渋谷ビル4階
TEL
03-6869-0631
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.willgate.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.