2017年06月15日 15:00

インド製薬大手ストライズ・シャサンがデジタル変革のパートナーにディメンションデータを選択 - ディメンションデータとHybrid ITマネージドサービスと自動化技術で協業 -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストライズ・シャサンとディメンションデータは互いの強みを活用できる特定の分野で提携、特にディメンションデータは同社の運用自動化を支援します。 ストライズ・シャサンはデジタル変革に着手することによって、またディメンションデータのHybrid ITマネージドサービスを活用することによって、業務全体で最高レベルのシステム堅牢性とコンプライアンスを達成する予定です。

2017年5月31日 ディメンションデータ シンガポール発 ー ディメンションデータは、インドの製薬会社ストライズ・シャサンとテクノロジーパートナーシップを結んだことを発表します。

ストライズ・シャサンとディメンションデータは互いの強みを活用できる特定の分野で提携、特にディメンションデータは同社の運用自動化を支援します。 ストライズ・シャサンはデジタル変革に着手することによって、また当社Hybrid ITマネージドサービスを活用することによって、業務全体で最高レベルのシステム堅牢性とコンプライアンスを達成する予定です。

ストライズ・シャサンは、指数関数的な成長を遂げているグローバルな製薬会社です。インド バンガロールを拠点とするこの企業は、パートナーと協業しながら製薬ビジネスノウハウを蓄積。今や社屋の機能、事業ポートフォリオ、所有するIP数という見地から、ポストバージョン1.0段階に達し、次のステップ バージョン2.0へと移行するときにきていました。

フロントエンドビジネスにおける成長は、明確に効果が明らかなテクノロジーソリューションで裏打ちするべきだと、ストライズ・シャサンは確信しています。それによって説明責任を果たせるとともに、追加の取り組みなしに抜け漏れのないコンプライアンスを達成でき、結果的にそれが顧客満足度向上につながっていくからです。
ディメンションデータとのパートナリングは、このさらなる目標に向けた次のステップで、特定の専門領域におけるコラボレーションへと歩みを進めるものです。

ストライズ・シャサンのプレジデント兼グローバルCIOであるLakshminarayanan氏は、こう述べています。
「すべての業界がデジタル変革に着手し始めています。それは、業界のトレンドに歩調を合わせるためだけでなく、競争優位を確保し続けるためでもあります。
ストライズ・シャサンのビジネスがグローバルに成長し拡大するにつれて、テクノロジーにおいても、コンプライアンス、指示主導のプロセス堅牢性、高度なデジタル化、人間の介入を最少化するプラントオートメーションなどの実現で、成長するビジネスの要求に合わせていく必要があります。また、ガバナンスをより確かなものとし、質の高いプロセスを通じて質の高い製品を提供するためにも私たちは前進します。
当社はディメンションデータとの戦略的パートナシップにより、デジタル化領域で当社の取り組みの価値を高められると確信しています」


ディメンションデータは今後5年間にわたって、予兆監視、性能管理、自動インシデント抽出、予測に基づいた問題の自動解決、実績の高いガバナンスなどの機能を提供するスケーラブルな自動化環境の構築というHybrid ITマネージドサービス分野で、ストライズ・シャサンと協業していきます。

ディメンションデータ インド セールスディレクターRaghuveer HRは、次のように述べています。
「運用自動化は、運用コスト削減や、ストライズ・シャサンのように成長によってビジネスや管理の複雑性が増したことにより高まっている企業のプレッシャーの抑制とともに、ユーザー体験の強化という点でも重要です。これらの業務を手動で行うのは、もう効率的でもなければコスト的にメリットがあるわけでもありません。

当社の専門性は、顧客のビジネスを正確に理解し、結果を出せるソリューションを提案、デジタル変革を加速することにあります。 私たちはこのテクノロジーパートナーシップを楽しみにしており、ストライズ・シャサンがデジタル変革を進めるにつれ、それをスムーズに拡張できるよう努めていきます」


ディメンションデータの提供するソリューションは、劇的な変化をもたらすことを目指しています。それは、今日的なIT運用から、ネットワーク、エンドユーザーコンピューティングおよびコラボレーションプラットフォームでより専心的、予測的で予兆保守可能な運用を行うITサービスへの転換です。

<ストライズ・シャサン(Strides Shasun)について>
国際薬局方に基づいた特定分野のジェネリック医薬品と、バイオ調剤の開発・製造を中心に取り組んでいるインドに本社を置く製薬会社です。また、世界最大手のソフトゼラチンカプセルのメーカーでもあります。バンガロールに先進的なR&D拠点である大規模な製造施設を構え、ジェネリック医薬品をグローバルに提供しています。同社は、短期間で収益の高いビジネスを確立させたことでも高く評価されています。詳細はhttp://www.stridesarco.com/をご覧ください。

以 上

<ディメンションデータジャパンのソーシャルメディア>

facebook:https://www.facebook.com/DimensionDataJP
Twitter :https://twitter.com/DimensionDataJP

ディメンションデータ について
ディメンションデータは、テクノロジーの力を利用して、企業がデジタル時代における革新を実現できるよう支援します。NTTグループの一員であるディメンションデータは、デジタルインフラストラクチャ、ハイブリッドクラウド、未来のワークスペース、サイバーセキュリティを通じ、お客様が目指すビジネスの成功を実現しています。売上高75億米ドル、49カ国に3万人の従業員を擁する当社は、世界各拠点のお客様に、さまざまな技術革新を提供しています。また、私たちはA.S.O(Amaury Sport Organisation)のオフィシャルテクニカルパートナーとしてツール・ド・フランスの運営をサポートしており、サイクリングチーム“Team Dimension Data for Qhubeka”のタイトルスポンサーでもあります。詳細はhttp:// www.dimensiondata.com/jpをご覧ください。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ディメンションデータジャパン
コーポレートコミュニケーション&ブランドマネジメント本部
TEL:03-6746-2230   E-mail:info.jp@dimensiondata.com

*本リリースに掲載されている会社名、商品名、サービス名は、それぞれの会社の商標または商標登録です。
*本リリースに掲載されている情報は、発表時現在の情報です。
*本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版となります。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有するオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社ディメンションデータジャパン
商号
株式会社ディメンションデータジャパン(カブシキガイシャディメンションデータジャパン)
代表者
能島 純一(ノジマ ジュンイチ)
所在地
〒108-0023
東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー34階
TEL
03-6746-2220
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www2.dimensiondata.com/ja-jp
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.