2017年06月26日 14:00

ディメンションデータ、製薬会社のグローバル成長に最適な次世代データセンターを構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディメンションデータ台湾が、マルチベンダー対応力、プロジェクト管理スキルなどの実績あるデータセンターソリューションで競合他社とのコンペティションに勝利しました

2017年6月15日 ディメンションデータ シンガポール発 ー ディメンションデータは、専門性の高いグローバル製薬会社の台湾法人に新たなハイブリッドIT環境を提供したことを発表しました。

このプロジェクトの主たる目的は、次世代データセンター構築です。そこにはCiscoUCSサーバ、Nexus スイッチの導入、またNetApp AltaVaultでハイブリッドクラウド バックアップソリューションなどが含まれます。この次世代データセンターは、新製品開発、製造を支えるとともに、世界マーケットにジェネリックおよびブランド医薬品の新ラインを提供するためのマーケティングシステムを提供します。

「グローバル企業として、この製薬会社は、そのニーズを理解できるグローバルなサービスパートナーを必要としていました。ディメンションデータ台湾は、Cisco、VMwareそしてNetAppなどのソリューションをシームレスにインテグレーション可能なマルチベンダー対応力を有し、データセンターソリューションで高い実績を誇っていました。そのため、コンペティションを勝ち抜くことができたのです」ディメンションデータ台湾 ジェネラルマネージャーFrank Liaoは語ります。

このデータセンターの新しいインフラ基盤は、Cisco Unified Computing System(UCS)サーバやスイッチからなる仮想マシンとストレージ、VMware vSphere 6、Windows Serverなどから構成されます。Cisco Server Access Switchは、パワフルなCisco Nexus シリーズのスイッチで、このソリューションを仕上げるバックアップソリューションは、NetApp AltaVaultクラウドストレージをベースとしています。

ディメンションデータは、NetApp台湾と密接に協業しており、台湾で初めてNetApp AltaVaultの実装を担ったときから設定問題やその他の技術的な課題は生じていません。また今回、着実にプロジェクト管理を進めたことで、プロジェクトをアクシデントなく予定通り完遂することができました。

「たとえば、新しいAltaVaultクラウド統合ストレージソリューションは、万一の際の迅速なシステム復旧や、コスト削減、リスク軽減を可能にするとともに、AWSクラウドへのバックアップ手段とすることもできます。最新鋭の堅牢で高パフォーマンスなデータセンターは、今日のビジネスオペレーションの拡大をサポートするとともに、柔軟性や将来ニーズ対応への十分な余地を提供します」Liao氏はこのようにコメントを締めくくりました。

以 上

ディメンションデータジャパンのソーシャルメディア
facebook:https://www.facebook.com/DimensionDataJP
Twitter :https://twitter.com/DimensionDataJP

ディメンションデータ について
ディメンションデータは、テクノロジーの力を利用して、企業がデジタル時代における革新を実現できるよう支援します。NTTグループの一員であるディメンションデータは、デジタルインフラストラクチャ、ハイブリッドクラウド、未来のワークスペース、サイバーセキュリティを通じ、お客様が目指すビジネスの成功を実現しています。売上高75億米ドル、49カ国に3万人の従業員を擁する当社は、世界各拠点のお客様に、さまざまな技術革新を提供しています。また、私たちはA.S.O(Amaury Sport Organisation)のオフィシャルテクニカルパートナーとしてツール・ド・フランスの運営をサポートしており、サイクリングチーム“Team Dimension Data for Qhubeka”のタイトルスポンサーでもあります。詳細はhttp:// www.dimensiondata.com/jpをご覧ください。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ディメンションデータジャパン
コーポレートコミュニケーション&ブランドマネジメント本部
TEL:03-6746-2230   E-mail:info.jp@dimensiondata.com

*本リリースに掲載されている会社名、商品名、サービス名は、それぞれの会社の商標または商標登録です。
*本リリースに掲載されている情報は、発表時現在の情報です。
*本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版となります。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有するオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社ディメンションデータジャパン
商号
株式会社ディメンションデータジャパン(カブシキガイシャディメンションデータジャパン)
代表者
能島 純一(ノジマ ジュンイチ)
所在地
〒108-0023
東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー34階
TEL
03-6746-2220
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www2.dimensiondata.com/ja-jp
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.