2018年05月07日 17:00

biidみなとみらいの横浜港ボートパークの再生事業に着手 ~SUPとボートを活用した、新たな海の集客施設をプレオープン~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

biid株式会社(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:松尾 省三、以下ビード http://www.biid.jp/ )が、みなとみらいの海上施設横浜港ボートパーク(横浜市西区みなとみらい、 http://www.boatpark.yokohama )の再生、有効活用事業と運営に着手し、会員募集を目的に、5月3日~5月下旬予定のグランドオープンまでの期間で、完成前の施設の限定公開を開始しました。

biid株式会社(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:松尾 省三、以下ビード http://www.biid.jp/ )は、横浜市西区みなとみらい地区の海上施設である横浜港ボートパーク(横浜市西区みなとみらい、 http://www.boatpark.yokohama )の再生、有効活用事業ならびに運営に着手し、5月下旬を予定しているグランドオープンに向け、会員募集を目的に、施設を限定公開するプレオープンを5月3日より開始いたしました。

■ 横浜港ボートパークについて
横浜港ボートパークは、横浜市みなとみらい地区にある日本丸メモリアルパーク(横浜市西区みなとみらい2-1-1)に隣接する海面に設置された台船を活用した海上施設と、マリンアクティビティを目的とした行事許可を京浜港長より取得したブイで明示された水域(海域)を活用した施設です。
以前は、本施設を利用して、足漕ぎボートのレンタルと飲食事業がおこなわれていましたが、数年前に閉業し、活用されないままの状態が続いていました。
ビードは、閉業中の本施設の再生、有効活用と運営について、横浜はしけ運送事業協同組合(以下、はしけ組合)と横浜市港湾局との数年間にわたる協議と調整を行い、この度、再生有効活用事業ならびに運営に着手することとなりました。

■ 横浜港ボートパークで展開する事業について
ビードは、本施設を大幅にリニューアルし、横浜の中心であるみなとみらい地区における本施設の可能性を最大限に生かすことが期待できる以下の事業を、改装工事が完了する5月下旬をめどに新たにグランドオープン日を設定し、事業開始する予定です。
〇 SUP(スタンドアップパドル)スクール事業
〇 ミニボート操船体験スクール事業
〇 SUP、ミニボート、プレジャーボートの一時係留(ビジターバース)運営事業
〇 会員制マリンスポーツクラブの開設
〇 施設利用者を対象とした飲食店事業
〇 台船やクルーザーを利用した船上バーベキュー
ビードは本事業の実施を目的とした新会社を設立し、再生、運営のオペレーションを後方支援する予定です。
また、同時に、施設を活用したマリンスポーツの普及振興事業についても、他団体と共同で展開を予定しております。

■ 横浜港ボートパークのプレオープン時のルール
横浜港ボートパークのプレオープンに際してビードは以下のようなユニークなルールを設けています。


< 横浜港ボートパークプレオープン >

海賊仲間(ボートパーク会員)募集中!入会希望の方施設見学随時受付中!

横浜港ボートパークは海賊仲間のための海遊びの施設です!
ただいま一緒にSUPやボートで遊ぶ海賊仲間を大募集してます!!!

プレオープン期間中は海賊仲間の『海賊のおきて』を必ず守っていただける方のみご入場いただけます!

<海賊のおきてとは?>

・SUPやボートなど海で遊んで、濡れている海賊仲間がいても気にしない。
・海賊仲間に入会希望の方が見学していても気にしない。
・船長の言うことは絶対に従います。
・船員(スタッフ)の言うことを素直にきき、したがう。
・トレーニング中の船員(スタッフ)にも心優しい。
・カフェの料理の提供に時間がかかっても待てる。
・メニューが限定されていても、お酒が飲めれば大丈夫。
・営業時間に変動があっても気にしない。
・工事中でも気にしない。

こちらに賛同頂けるお客様はご入店下さい。精一杯、スタッフ一同おもてなし致します

といった内容となっております。


■ ビードについて
ビードは、ビーチやマリーナといった海際に特化した施設運営と再生、有効活用に強みをもっており、2014年4月に大阪市より民営化した大阪北港マリーナ(大阪市此花区常吉、http://www.hokkomarina.com )の再生に成功しています。
マリーナやヨットハーバーに代表される海際や海上にある施設や不動産と船舶などの資産を有効活用することで再生、収益化することに特化した独自の事業ノウハウを活用し、神奈川県では湘南を満喫できる、『ちょっとヨットビーチマリーナ江ノ島』(藤沢市片瀬海岸、http://www. chotto-yacht.com )と大阪では『大阪北港マリーナ』といった海際施設を各地で運営すると同時に、海際の飲食店の運営、クルーザー、ボート、ウェアの販売、ヨットクラブ運営やシステム開発等のマリンレジャーを中心とした海に関わる様々なサービスの提供を行っております。
また、運営する施設のキラーコンテンツとなる様々なソフト事業、マリンビジネスの育成事業、海洋教育振興による青少年の育成事業、地方公共団体、教育機関、スポーツ団体との協働などの事業などのノウハウを駆使し、運営する施設に人を呼び込み生まれ変わらせ、新しい価値を生み出し感動と収益を生み出す事業による夢を創出することをめざしています。

■ ビードのねらい
ビードは、全国的に知名度があり、抜群の集客力のみなとみらい地区における横浜港ボートパークの施設運営事業により、施設運営において高い収益を得ることだけでなく、横浜港ボートパークが、大阪北港マリーナに続く再生有効活用の成功実績として、独自ノウハウの成功事例を全国に発信することができるフラッグシップ施設となることをねらっています。
また、『日本一都会にあるマリーナリゾート』をコンセプトにSUP、ボート、船上バーベキューなどによる都会の中にある海と港の楽しみ方と癒しの提供による新しいライフスタイルの発信に注力し、グランドオープンまでのプレオープン期間で施設見学者を多数動員し、横浜港ボートパークの利用会員を獲得してまいります。

■ 横浜港ボートパーク概要
施設名  :横浜港ボートパーク
クラブハウス名称:ヘミングウェイ
所在地  :〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目1-1
URL    : http://www.boatpark.yokohama/

■ ビード 会社概要
商号   : biid株式会社
代表者  : 代表取締役 松尾 省三
所在地  : 〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4
資本金  : 7,250万円
URL   : http://www.biid.jp
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

添付資料

  • プレオープンのルール
  • 外装
  • 内装
  • エントランス
  • 夜景
  • SUPを楽しむ
  • SUPを楽しむ

会社概要

商号
biid株式会社(ビード)
代表者
代表取締役 松尾省三(マツオジョウゾウ)
所在地
〒251-0035
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4 
TEL
050-2018-0924
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.biid.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.