2018年06月28日 14:00

『荒木大輔のいた1980年の甲子園』(元永知宏著・集英社刊)、7月5日(木)発売。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聖地のマウンドに降臨した1年生エース。襲いかかるライバルたち。 書籍『荒木大輔のいた1980年の甲子園』は貴重な証言をもとに 高校野球がもっとも熱かったあの時代を描く!

『荒木大輔のいた1980年の甲子園』

7月5日(木)発売

高校野球史上、もっとも1人の選手が大きく騒がれた荒木大輔フィーバー。松坂大輔の命名の由来となり、スポーツの枠を越えた当時の狂騒は、のちのハンカチ王子や清宮幸太郎も及ばないといわれている。荒木大輔が出場した1980年から1982年までの5回の甲子園で何が起きていたのか。荒木本人と、キラ星のごとく並ぶ当時のライバルやチームメイトの証言で丹念に明かしていく。

【概要】
1980年、第62回の夏の甲子園で背番号「11」をつけた早稲田実業の1年生投手、荒木大輔が大旋風を巻き起こす。準決勝までの5試合を無失点に抑え、まさかの準優勝。あの夏、世の中は荒木大輔を中心にまわり、それから2年半、高校野球界も荒木大輔を中心にまわった。
なぜ、荒木の早実は東京で負けなかったのか。なぜ、全国の頂点に立つことはできなかったのか。内実を知られていない2年半の出来事を、荒木大輔本人と関係者たちに取材。荒木と公立中学で同級生だった宮下昌己(元中日)、早実のチームメイト石井丈裕(元西武)、甲子園で戦った愛甲猛(元ロッテ)、金村義明(元近鉄)、川相昌弘(元巨人)、三浦将明(元中日)、畠山準(元南海)などの証言により、当時の状況が明らかになる。
高校野球の歴史のなかでも、もっとも熱く、もっとも特異な荒木大輔フィーバーの真実に迫る圧巻のスポーツ・ノンフィクション。

定価:本体1,400円+税
四六判272ページ

著者:元永知宏
1968年、愛媛県生まれ。立教大学4年時に、23年ぶりの東京六大学リーグ優勝を経験。大学卒業後、ぴえ、KADOKAWAなど出版社勤務を経て、フリーランスに。著書に『期待はずれのドラフト1位 逆境からのそれぞれのリベンジ』『敗北を力に! 甲子園の歯医者たち』(岩波ジュニア新書)、『殴られて野球はうまくなる!?』(講談社+α文庫)、『どん底 一流投手が地獄のリハビリで見たもの』(河出書房新社)など。

[お問い合わせ]集英社 広報部 03-3230-6314
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
株式会社 集英社(カブシキガイシャ シュウエイシャ)
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.shueisha.co.jp/

株式会社 集英社の最新プレスリリース

2019年05月17日 17:30
有料会員約5万人の「MEGA地震予測」を毎週発信する著者が、その画期的な研究成果を世に問う。集英社新書『地震予測は進化する! 「ミニプレート」理論と地殻変動』(村井俊治・著)、5月17日(金)発売!
2019年04月17日 10:00
実写映画公開直前! 中国大陸を動かす「原理」は、漫画『キングダム』から読み解ける! 集英社新書『始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎』(渡邉義浩・著)、4月17日(水)発売!
2019年04月12日 16:00
日本一過酷な山岳レース「トランスジャパンアルプスレース」のノンフィクション。『激走! 日本アルプス大縦断 ~2018 終わりなき戦い~』(集英社・刊)、4月19日(金)発売!
2019年04月04日 10:00
平成生まれの名作から話題沸騰の最新作まで、新たなマンガと出会える。集英社・春のデジタルマンガ祭「春マン!! 2019」~期間中、テーマ別に選ばれた220作品が合計300巻以上、毎週無料で試し読み!!~
2019年03月15日 13:00
あの大人気漫画の公式解説本『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』が、集英社新書より3月15日(金)に発売。原作者・野田サトル氏による描き下ろしも収録! 

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.