2018年07月13日 11:00

いま注目すべき政治学者、渾身の書。集英社新書『保守と大東亜戦争』(中島岳志・著)、7月13日(金)発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦前の日本の立場に積極的な意義を見出そうとし、第二次世界大戦を東アジア解放のための「聖戦」だったとみなす「保守」派。実は、戦前日本において保守論客は、軍国主義に抵抗し、批判の論陣を張っていた。あるいは、軍国主義・超国家主義に強い嫌悪感を示していた。 鬼籍に入った、戦中派保守たちが残した言葉に向き合いながら、いま、最も注目を浴びる政治学者・中島岳志が、現代において真に闘うべきものはなにかを炙り出す。

戦争賛美が、保守なのか? ――戦中派・保守論客たちの真意と体験。

戦前の日本の立場に積極的な意義を見出そうとし、第二次世界大戦を東アジア解放のための「聖戦」だったとみなす「保守」派。しかし、戦争を賛美することが、いつから「保守」になったのか?
実は、戦前日本において保守論客は、軍国主義に抵抗し、批判の論陣を張っていた。あるいは、兵として軍の欺瞞を目の当たりにし、壮絶な暴力を経験したことで、軍国主義・超国家主義に強い嫌悪感を示していた。
集英社新書『保守と大東亜戦争』では、鬼籍に入った、戦中派保守たちが残した言葉に向き合いながら、いま、最も注目を浴びる政治学者・中島岳志が、現代において真に闘うべきものはなにかを炙り出す。

評論家・保阪正康氏 絶賛!

「歴史の継承は、本質を浮かび上がらせる。
そう痛感させる、刺激的な書である」
【書籍情報】
書名:保守と大東亜戦争
著者:中島岳志
定価:本体900円+税
集英社新書
http://shinsho.shueisha.co.jp/

【目次】
序章 保守こそ大東亜戦争に反対だった
第1章 戦争に導いたのは革新勢力である
第2章 戦争への抵抗
第3章 軍隊での経験
第4章 戦中派保守 最後の闘い
終章 保守の世代交代の果てに
【著者プロフィール】
中島岳志(なかじま・たけし)
1975年、大阪府生まれ。京都大学大学院博士課程修了。北海道大学大学院准教授を経て、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。専攻は近代日本政治思想史、南アジア地域研究。主な著作に『中村屋のボース』(大佛次郎論壇賞、アジア・太平洋賞大賞受賞)、『血盟団事件』『「リベラル保守」宣言』、『親鸞と日本主義』、共著に『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』など。

【刊行記念イベント】
◆中島岳志『保守と大東亜戦争』刊行記念トークイベント
「戦争賛美が保守なのか?」
日時:2018年8月8日(水)  13:45開場 14:00開始
会場:紀伊國屋書店新宿本店9階 イベントスペース
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/
※ご参加には整理券(先着50名)が必要です。
【整理券配布方法】
・店頭配布:7月13日(金)10:00AMより、紀伊國屋書店新宿本店2階中央レジカウンターにて、『保守と大東亜戦争』(集英社新書)をお買い上げの方に整理券をお渡しします。
・電話予約:お電話でのご予約は、整理券に残りがある場合に限り7月16日(月・祝)10:00より承ります。
2階売場直通電話 03-3354-5702(10:00-21:00)
お電話で予約されたお客様は、イベント当日までに2階レジカウンターで『保守と大東亜戦争』をお求めの上、整理券をお受け取りください。

◆中島岳志『保守と大東亜戦争』刊行記念・選書フェア
「戦中派・保守論客は、何を見つめていたのか?」
会場 紀伊國屋書店新宿本店3階
期間 2018年7月16日(月・祝)~8月16日(木)
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社 集英社(カブシキガイシャ シュウエイシャ)
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.shueisha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.