2018年09月28日 14:00

ネットワーク機器の管理がさらに容易に アクセス管理ツールの「SmartGS」に新機能追加 -ターゲットリストの階層表示に対応した無償評価版も提供-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長: 関根 淳、本社: 千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、ネットワーク機器やサーバーへのアクセスを管理するソフトウエア「SmartGS」にターゲットリスト階層表示機能を追加し、本日より販売を開始します。また、新機能を含む製品版と同等の機能を120日間お試しいただける無償評価版も提供します。

 【SmartGS(試用版) ダウンロードフォーム】
 https://form.seiko-sol.co.jp/m/dl_smartgs/

 「SmartGS」は、ネットワーク機器やサーバーへのTelnet/SSHアクセスを管理するソフトウエアです。これまではアクセスする機器をターゲットリストから検索して絞り込む必要がありましたが、今回の機能追加によってターゲットリストの階層表示が可能となりました。「設置場所」「用途」「カテゴリー」といった情報が対象機器と共に表示されるため、管理UIの視認性と利便性が向上します。

 お客さまから「アクセスするターゲット機器が増加した場合の管理方法」や、コンソールサーバー「SmartCS」を複数台利用する際に「SmartGSを管理ツールとして利用したい」という要望を受け、今回ターゲットリストの階層表示に対応しました。
 セイコーソリューションズは、これからもお客さまの声に応えながら進化するソリューション提供を目指します。
<アクセス管理ソフトウエア SmartGS概要>
【発売日】
2018年9月28日
【販売価格】
NS-5300-02(200ターゲット 標準ライセンス):198,000円
NS-5300-05(500ターゲット 標準ライセンス):798,000円
NS-5300-10(1000ターゲット 標準ライセンス):1,333,000円
NS-5300-20(2000ターゲット 標準ライセンス):2,448,000円
【主な特長】
・充実したユーザー認証・アクセス管理機能
・アクセスログやオペレーションログの自動記録
・ブラウザーでのTelnet/SSHアクセスの実現
・ミラーリングや複数端末でのセッション共有機能
【動作環境】
・OS:RHEL(Red Hat Enterprise Linux) 6系 <32ビット/64ビット> / 7系、CentOS 6系 <32ビット/64ビット> / 7系
・ディスク容量:500MB + ターゲットセッションのログ保存容量
・メモリー容量:512MB以上

※SmartGS、SmartCSはセイコーソリューションズ株式会社の登録商標です。
※その他、本文中に記載されている会社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。

お客様からのお問い合わせ先:
セイコーソリューションズ株式会社
ネットワークソリューション本部 NS営業1部
担当:小沼 tel:043-273-3184  e-mail:support@seiko-sol.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
セイコーソリューションズ株式会社(セイコーソリューションズカブシキカイシャ)
代表者
関根 淳(セキネ ジュン)
所在地
〒261-8507
千葉県美浜区中瀬1-8 SIIビル
TEL
043-273-3147
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.seiko-sol.co.jp/company/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.