2018年11月30日 17:30

TPCマーケティングリサーチ株式会社、産・官・学プロジェクト戦略について調査結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本資料は、経済産業省、農林水産省、文部科学省を対象に、産・官・学プロジェクトの動向・傾向を明らかにしたもの。日本では、産官学が連携して技術開発を進め、国際的な競争力を確保する必要があり、同プロジェクトではIoTに対応するテーマや半導体関連・エレクトロニクス材料技術関連等の研究開発が活発化している。さらに農業分野でも、栽培・収穫の機械化による省力化を目指した研究開発が目立っている。

概要
◆天然資源に乏しい日本では、産官学が連携して技術開発を進め、国際的な競争力を確保する必要がある。この産官学プロジェクトは、エネルギー、環境、電子・情報通信、ナノテクノロジー、バイオテクノロジーなど幅広い分野で実施されている。

◆近年、ロボット・AI・ビッグデータ等の最新技術の導入によるサイバー空間とフィジカル(現実)空間の融合社会「Society5.0」の実現を見越して、電子・情報通信分野やロボット・AI技術への注力度が高まっている。これらの分野では、革新的なコンピューティング技術の開発等のIoTに対応するテーマから、半導体関連・エレクトロニクス材料技術関連にいたるまで、幅広く研究開発が行われている。さらに、農業の場面でも栽培・収穫の機械化による省力化を目指したロボット・ドローン等の開発や、ICTを活用した水田管理システム等の開発が進められている。

◆本資料は、経済産業省(NEDO)、農林水産省(農業水産技術会議)、文部科学省(JST)を対象に、事業プロジェクトの動向・傾向を明らかにし、今後の研究開発戦略上の有用データに資することを目的としている。

―本資料の活用方法―
●研究開発のトレンドをマクロ視点で予測するため
●自社のR&D戦略の方向性を検証するため
●新製品/新事業創生の一助となる基礎データとして
●幅広い分野のシーズ・ニーズの動向を把握するため
●アライアンス/M&Aに活用するための参考データとして

TPC市場調査レポート
「2019年 産・官・学プロジェクト戦略分析」
―NEDO、農研機構、JSTにおける連携を通して見えてくる事業トレンド―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410190440
資料体裁:A4判192頁
発刊日:2018年11月26日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.