2018年12月06日 09:00

Revatronが中国テンセントとケントンIoTとの戦略的パートナシップ締結を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Revatron株式会社(レバトロン 本社:東京都中央区 代表取締役:浅田麻衣子)は、2018年12月6日(木)、中国深セン市に本拠地を置く中国SNS大手Tencent社(以下、テンセント)と中国半導体企業Kentton IoT Technology社(以下、ケントンIoT)とBoT(Blockchain of Things)技術開発及びプラットフォーム開発に関する戦略的パートナーシップ契約の締結を発表いたしました。

RevatronはケントンIoTと共同で米FPGA大手Xilinx社のFPGAをベースにデプスカメラ・ソリューションをテンセントに提供します。テンセントは人工知能開発において先駆けた技術を持ち、3次元映像をベースとしたマシンラーニングにも意欲的に取り組む意向です。通常、2D画像で行われるマシンラーニングを3D映像で行うことにより、精度や認識率が向上するため、無人店舗等での顔認識時の誤認率を引き下げることが目的です。

3Dマシンラーニングによる認識ソリューションは、商用車の自動運転、AGVなどの認識用ソリューションにも利用されます。

2018年10月20日(土)に中国南昌市で開催された世界VR展において開かれた『5G+VRフォーラム』にRevatronはスピーカーとして登壇し、5G時代に必要とされる映像の高速伝送技術に関して世界に先駆けるソリューション・ベンダーとして中国5G通信メンバーともパートナーシップ契約を締結しました。

Revatronは、5G通信時代に向けて放送用4Kロスレス動画伝送ソリューション、IVoI(インスタント・ビデオ・オーバー・インターネット)ソリューションを開発し、来年春以降から市場に投入する予定です。


12月5日(水)から7日(金)にかけてパシフィコ横浜で開催される国際画像機器展でDOORsの展示を行ないます(62番ブース)。
3Dマシンラーニングの詳細は、同展示会内で12月6日(木)15時10分から開催される弊社代表の浅田によるセミナーでご案内します。セミナー詳細は主催者までお問い合わせください。

(写真左:人民日報より)
(写真右:Tencent社ホームページより。レバトロンの講演の様子。)



■Revatron株式会社(レバトロン)とは―
Revatronは、大規模なコンピュータチップ設計のベテランパイオニアのチームによって設立された日本法人で、リアルタイムの人工知能の世界で画期的な設計と最新のイノベーションの性能特性を開発しています。 Revatronは、ビデオステッチング機能を備えたワイヤレスVRおよびARのための破壊的なテクノロジーを提供、展開、および商業化することによって、革新的な力を実証してきました。この技術は、2016年のIDFで米国Intel社のブライアン・クルザニッチCEO(当時)のライブデモンストレーションで紹介されたように、商用アプリケーションへの移行に成功しました。今後は、ハイパースケーラブルなASIC化を予定しています。
※Intel社のデモページはこちら
https://www.altera.com/solutions/industry/computer-and-storage/applications/enterprise/vr-streaming.html

■お問合せ先
Revatron株式会社
住所:東京都中央区銀座8-17-5 アイオス銀座901
TEL: 03-5859-0155
E-mail: Contact@Revatron.com

■免責事項
本資料は、正確性を期すべく作成されていますが、完全性を保証するものではありません。また本資料の作成にあたり、当社に入手可能な第三者情報に依拠しておりますが、スペックや構成等は保証するものではなく、事前の通知なく変更される可能性があります。本資料には将来に関する予定が含まれ、事前の通知なく変更される可能性があります。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
Revatron株式会社(レバトロンカブシキガイシャ)
代表者
浅田麻衣子(アサダマイコ)
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座八丁目17番5号 アイオス銀座901
TEL
03-5859-0155
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://revatron.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.