2018年12月13日 13:00

政治家、官僚らの発言の真偽を○、△、×で判定! 100項目のうち「嘘」や「フェイク」はいくつある? 集英社新書『安倍政治 100のファクトチェック』(南 彰、望月衣塑子・著)、12月14日(金)発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファクトチェックとは、首相、閣僚、与野党議員、官僚らが国会などで行った発言について、各種資料から事実関係を確認し、正しいかどうかを評価するもの。本書は、官房長官会見などで政権を厳しく追及してきた2人の記者が、本格的な「ファクトチェック」を実施。第二次安倍政権発足後のさまざまな発言を100の項目別に整理し、何が「嘘」で、何がフェイクなのかを明らかにした。
集英社新書『安倍政治 100のファクトチェック』(南 彰、望月衣塑子・著、2018年12月14日発売)は、平成末期の日本政治を記録する、貴重な資料である。
【本文より】
安倍政権に特徴的なのは、首相や閣僚によるメディアへの敵対的な発言が多いことです。彼らは一部報道について「フェイク」と主張しますが、それこそがフェイクです。たとえば、安倍首相が2017年10月の党首討論会で「朝日新聞は……八田(達夫・国家戦略特区ワーキンググループ座長)さんの報道もしておられない」(中略)などと述べたうえで、「国民の皆さん、新聞をよくファクトチェックしていただきたい」と呼びかけました。これはニュース映像でも何度も流れました。批判したいという思惑と熱意は伝わってきましたが……残念。詳しくは本書の82~83ページをお読みください。(「はじめに」より)

【目次】
はじめに 望月衣塑子
第1章 森友・加計学園問題
第2章 アベノミクス
第3章 安全保障法制
第4章 憲法・人権・民主主義
第5章 官房長官会見
コラム 夫婦で食い違う説明/辻元氏をめぐるデマの広がり/誤った答弁によって「空費」された国会審議/立憲主義や法的安定性をめぐる失言/パネルをめぐる攻防/広がるファクトチェックの取り組み
おわりに 南 彰

【書籍情報】
書名:安倍政治 100のファクトチェック
発売日:2018年12月14日(金)
著者:南 彰、望月衣塑子
定価:本体840円+税
体裁:新書版
URL:http://shinsho.shueisha.co.jp/

【著者プロフィール】
南 彰(みなみ・あきら)
1979年生まれ。2008年から朝日新聞東京政治部、大阪社会部で政治取材を担当。政治家らの発言のファクトチェックに取り組む。2018年秋より新聞労連に出向し、中央執行委員長をつとめる。
望月衣塑子(もちづき・いそこ)
1975年生まれ。東京新聞社会部記者。2017年、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞。著書に『新聞記者』等。共著に『権力と新聞の大問題』等。
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社 集英社(カブシキガイシャ シュウエイシャ)
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.shueisha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.