2018年12月13日 09:00

AIで、住んでからの満足度を予測し物件紹介。 京都大学と、「不動産データ分析手法の開発」を開始。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産・リフォーム・広告代理・進学塾等を手掛ける株式会社ウィル(本社:兵庫県宝塚市/代表取締役:坂根勝幸、友野泉)は、京都大学と「不動産データ分析手法の開発」について、共同研究の契約を締結しましたことを本日(2018年12月13日)お知らせします。

IT化が遅れていると言われる不動産業界においても、顧客の興味、行動履歴をAI(人工知能)が機械学習することで、顧客一人ひとりに最適な物件情報を最適なタイミングで提供することが可能となってきました。

そのような中、この度 当社が取り組むのは、今現在の顧客の諸条件に単にマッチングした物件情報を最適なタイミングで提供することにとどまらず、「顧客が、住んだ後も満足して暮らせる物件」を予測し提案する仕組みです。

開発にあたっては、京都大学大学院経済学研究科・准教授 秋田祐哉氏に方法論の検討を、それに基づき、当社社員がデータ分析とシステムの開発を行い、独自の仕組みを構築します。
不動産の購入は消費財やアパレルと違い、顧客が日々接するものではなく、人生で何度も体験するものではありません。また、その立地・環境(施設・教育・自然・文化・風土等)、間取り、デザイン、仕様、性能、価格、資金計画など、あらゆる要素がある上に、それぞれに多くの選択肢があります。更に、新築か中古か、戸建てかマンションかまで含めると、その選択肢は膨大です。

当社では、
 ●どのような希望条件を持った、どのような属性の顧客が
 ●どのような物件を選び
 ●住んだ後、どこにどれほど満足しているか

等の情報をAIに学習させ、プロフィールやあらゆる諸条件が似た顧客に対して、クオリティの高いレコメンド(お勧め)を目指します。情報の提供は、顧客が当社物件サイトを訪問した時、メールマガジン配信時、接客時等を想定しています。物件情報は、創業来25年に渡り当社で蓄積してきたデータ約29万件に加え、今後も継続してデータを増やします。顧客データについては、本開発における個人情報の使用について同意を得たデータを収集する予定です。最終的には、住んでからの満足度に加え、家さがしの過程における満足度も最大化する仕組みの構築を目指します。

経験豊富な営業マンが、一人ひとりに寄り添うように対応する以上に、パーソナライズされた情報や家探しの体験をお届けし、最良の選択をしていただけるサービスの提供ができるよう研究・開発して参ります。
  • 住宅、建築、不動産

会社概要

商号
株式会社ウィル(カブシキガイシャウィル)
代表者
坂根 勝幸 友野 泉(サカネ カツユキ トモノ イズミ)
所在地
〒665-0035
兵庫県宝塚市逆瀬川1-14-39 
TEL
0797-74-7272
業種
住宅・家具・不動産・建築・土木
上場先
東証二部
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.wills.co.jp
IR情報
http://www.wills.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.