2018年12月28日 17:00

新春寺院行事 「昇龍焚き上げ」 ~凶返し吉祥護摩~ を営みます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
亀岳林 万松寺(所在地:愛知県名古屋市中区大須3丁目29-12、住職:大藤元裕)は1月12日(土)に、正月飾り・しめ縄や古い御札・お守りなどを、読経と浄化により供養し、無病息災・家内安全などを祈願する「昇龍焚き上げ」を営みます。
また今回は、「凶返し吉祥護摩」(きょうがえしきっしょうごま)も営みます。元旦から奉納いただいた「凶返し吉祥護摩木」をお焚き上げすることで、凶厄を払い落とすことができます。

◆「凶返し吉祥護摩」とは?
凶みくじを「凶返し吉祥護摩木」にくくりつけて焚き上げることで凶を天に返し、吉運を呼び込みます。
護摩木に結ばれた「凶」の厄を落とした後は、護摩木の一部を「開運御守」として持ち帰ることができます。

■行事概要
●日時 2019年1月12日(土) 17:00
●受付 万松寺境内 イベントスペース (受付時間16:30~)
●会場 万松寺本堂前
●内容
万松寺の本堂前で正月飾り・しめ縄や古い御札・お守りなどをお焚き上げし、無病息災・家内安全などを祈願します。また今回は、「凶返し吉祥護摩」(きょうがえしきっしょうごま)も営みます。元旦から奉納いただいた「凶返し吉祥護摩木」をお焚き上げすることで、凶厄を払い落とすことができます。
●参加費 無料 (「凶返し吉祥護摩」を受けられる方は護摩木500円【限定500本】・その他、防火御守1,000円)



■寺院概要
寺号:亀岳林 万松寺(きがくりん ばんしょうじ)
住職:大藤 元裕(だいとう げんゆう)
所在地:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須三丁目29-12

名古屋・大須にある万松寺は1540年に織田信長の父・信秀が織田家の菩提寺として開基。信長や家康をはじめ、戦国武将と縁深い寺であり、名古屋の歴史的観光スポットとして、多くの参拝客や観光客が訪れる。境内には信長公ゆかりの身代不動明王、からくり人形「信長」などがある。2017年4月にイベントホールや最新の納骨堂を備えた新諸堂「白龍館(はくりゅうかん)」が完成。

【交通】地下鉄鶴舞線・名城線「上前津駅」より徒歩3分/駐車場・近隣に有料大型駐車場あり

【その他】からくり人形「信長」は毎日10時、12時、14時、16時、18時に上演(雨天強風時は中止)。/白龍(モニュメント演出)は毎日11時、13時、15時、17時、19時、20時に上演。/毎月28日は身代不動明王の縁日。境内で「身代わり餅つき」が行われ、参拝客の方々に無料でつきたてのお餅が振る舞われる。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
代表者
伊藤 元裕(イトウ モトヒロ)
所在地
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-29-12 
TEL
052-262-0735
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.banshoji.or.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.