2019年04月03日 14:00

エフェクターブランドNo.1『エフェボーAWARD 2019』を発表!日本一の事例サイトから1,300以上の個性溢れるエフェクターボードを集計。新設5部門を含む全21部門を発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webマーケティングを専門に行う「株式会社 Key Port Kame(キーポート・カメ:神奈川県相模原市、代表取締役 加藤純一)」は、運営する写真投稿サイト「effectsboard.com(通称エフェボー)」(http://effectsboard.com/)に投稿されたユーザーの個性溢れるエフェクターボード写真を元にエレキギター・ベース用のエフェクターをジャンル(部門)別に集計したランキング情報「エフェボーAWARD」を発表します。今年で3回目を迎えるにあたり、昨年までの16部門に楽器店から要望の高かった5部門を加え、全21部門に拡大し、「エフェボーAWARD 2019」としてブランドNo.1を発表します。

【日本一のニッチな事例サイトに成長】
「エフェボー」の大きな特徴はプロ・アマを問わず、簡単に自分のエフェクターボードを投稿できる点です。ニッチな市場ですが熱いユーザーによって支えられている事例サイトです。2019年3月現在、投稿者は1,700名(その7割以上が10-20代の若者)を突破、エフェクターボード写真も4,800件を超え、国内で最も多くのギタリスト・ベーシストたちのリアルな事例が閲覧できる専門サイトに成長しました。

全21部門のブランドNo.1とメーカー(ブランド名は青字、国内代理店・敬称略)
・ サイト:effectsboard.com http://effectsboard.com/
・ 投稿ボード数:1,318件を集計
・ 対象期間:2018年1月~2018年12月
・ 集計期間:2019年1月~3月
・ 発表日:2019年4月3日(水)
*シェア・上位ランキングはお問い合わせください。

・ファズ部門 Electro Harmonix(株式会社キョーリツコーポレーション)
3年連続3回目

・パワーサプライ部門 VITAL AUDIO(株式会社フックアップ)
2年連続2回目

・ブースター部門 Xotic(株式会社プロサウンドコミュニケーションズジャパン)
3年連続3回目

・ワウ部門 Jim Dunlop/cry baby(株式会社モリダイラ)
3年連続3回目

・ボリュームペダル部門 ERNiE BALL(株式会社コルグ)
3年連続3回目

・コンプレッサー(ギター)部門 MXR(株式会社モリダイラ)
3年連続3回目

・コンプレッサー(ベース)部門 EBS(株式会社モリダイラ)
3年連続3回目

・DI/プリアンプ部門 TECH21(株式会社オールアクセス)
3年連続3回目

・ペダルチューナー部門 KORG(株式会社コルグ)
3年連続3回目

・プログラマブル・スイッチャー部門(MIDI対応) BOSS(ローランド株式会社)
2年連続2回目

・ギターワイヤレス部門 Line6(株式会社ヤマハミュージックジャパン)
2年連続2回目

・アナログコーラス部門 Electro Harmonix(株式会社キョーリツコーポレーション)
初受賞

・アナログディレイ部門 MXR(株式会社モリダイラ楽器)
2年連続2回目

・電源部門 FREE THE TONE(有限会社フリーザトーン)
2年連続2回目

・プログラマブル・スイッチャー部門(MIDIなし) ONE CONTROL(株式会社LEP INTERNATIONAL)
3年連続3回目

・ジャンクションボックス部門 ONE CONTROL(株式会社LEP INTERNATIONAL)
3年連続3回目

-以下、新設部門-

・コンパクトマルチ部門 ZOOM(株式会社ズーム)
初受賞

・デジタルディレイ部門 BOSS(ローランド株式会社)
初受賞

・リバーブ部門 tc electronic(キクタニミュージック株式会社)
初受賞

・イコライザー部門 MXR(株式会社モリダイラ楽器)
初受賞

・ミニペダルチューナー部門 tc electronic(キクタニミュージック株式会社)
初受賞

(以上、21部門・取扱会社の敬称略)

【エフェボーAWARDの目的】
販促ポップを楽器店に提供し、新入学シーズンに市場の活性化を促します。「エフェボー」では市場で流通するブランドのうち、550以上のブランドを登録しています。これらのブランドから派生する商品点数は膨大であり、特に自分に合う「サウンド・音」のエフェクターを選ぶのは大変な作業です。「エフェボーAWARD」は、
(1)ジャンル(部門)毎にエフェクターを整理し、
(2)No.1ブランドを集計発表することで、
(3)購入の際の一つの指標になって欲しい
という願いをこめています。また、楽器業界の活性化を目的に集計結果とロゴを冠にした店頭販促用ポップ(下図)を昨年同様に用意しました。消費者にとって買い物がしやすく、楽器店や受賞社にとっては新品の販売支援になる、それが「エフェボーAWARD」の目的です。

【楽器店に店頭販促用ポップと販促チラシを提供します】

昨年に引き続き、今年も以下の全国有名楽器店の各店舗にて店頭販促用ポップ(上図参照)を掲示して頂く予定です。また、今年からカラープリントした販促グッズ(A4サイズ・フルカラー版:下記図板参照)も全国の楽器店および受賞ブランドを通じて一斉に店舗に提供する予定です。今年からはツールを切り取るだけで店頭に展示でき、素早い展開が可能となります。
イケベ楽器、イシバシ楽器、ESP各店舗、BIG BOSS、下倉楽器、ミュージックランドKEY、山野楽器、島村楽器、三木楽器、SONIX(以上、敬称略)。*他店でのチラシ・店頭販促ポップのご利用は随時受け付けております。

【プレゼント・キャンペーンを実施】
投稿者合計50名に受賞ブランドとエフェボーからプレゼントを予定しています。プレゼントの対象者と応募期間は以下の通りです。
・対象者:エフェボーへのエフェクターボード写真の投稿者(既存及び新規)
・応募先URL:https://effectsboard.com/signup
・応募期間:2019/4/8(月)~5/31(金)
・プレゼント数:受賞メーカーおよびエフェボーより合計50名分を予定
・発表とプレゼント発送:発表は6月中に商品の発送にかえさせて頂きます
*なお、新規投稿欄に住所取得用の入力項目を設置しておりますが、当社では取得した個人情報は当社の利用規程に従い本使用目的以外では使用しません。

【エフェボーAWARDで楽器業界の活性化に貢献したい!】
以上のように、当社では「エフェボー」および「エフェボーAWARD」を通じて、楽器店頭市場の活性化をサポートして参ります。なお、店頭販促ポップの展開等の最新情報はエフェボーサイト・Twitter・当社ホームページにて随時更新して参ります。

【会社概要】
会社名:株式会社 Key Port Kame(キーポート・カメ)設立:2015年4月1日
代表者:代表取締役 加藤純一(かとう じゅんいち)
本社:〒252-0326 神奈川県相模原市南区新戸2127-9?
連絡先:046-408-2423 e-mail : kame@keyportkame.com
会社URL:http://www.keyportkame.com/
エフェボーURL:http://effectsboard.com/
Twitterアカウント:https://twitter.com/effectsboard
動画・エフェボーチャンネル:https://bit.ly/2FNZGz9

【本件に関するお問合せ・広告掲載のご依頼:お気軽に携帯までどうぞ】
effectsboard.com事務局 加藤(080-4067-1144) info@effectsboard.com
  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
株式会社 Key Port Kame(カブシキガイシャ キーポートカメ)
代表者
加藤 純一(カトウ ジュンイチ)
所在地
〒252-0326
神奈川県相模原市南区新戸2127-9‬ 
TEL
046-408-2423
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.keyportkame.com/
  • 公式twitter

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.