2019年05月28日 09:00

TPCマーケティングリサーチ株式会社、機能性表示食品市場(日常生活トラブル編)について調査結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年度の機能性表示食品市場は、前年度比約2.1倍の730億円となった。要因としては、届出が相次いで受理されたことや、各企業の積極的な販促活動、高齢化社会の進展・生活習慣病の増加が挙げられる。2018年度も、2017年度比18.4%増と引き続き好調に推移する見通し。当資料は、対象期間に届出受理・公開された機能性表示食品1,618商品のうち、日常生活のトラブルに関するヘルスクレーム10個を取り上げ、各企業の商品展開動向等について分析している。

概要
◆2017年度の機能性表示食品(日常生活トラブル編)のヘルスクレームの市場規模は730億円となった。同年度は(1)相次いで届出が受理されたこと、(2)各企業の積極的な販促活動、(3)高齢化社会の進展・生活習慣病の増加により、前年度比約2.1倍で増加している。

◆日常生活のトラブル編をヘルスクレーム別にみると、最も売上が大きかったヘルスクレームは『歩行機能の改善』であり、構成比43.7%を占める319億円であった。同ヘルスクレームは機能性表示食品へのリニューアル発売を行った商品の届出増加により、売上を伸ばした。

◆また、2016年度と比較して最も高い成長率を示しているのは『記憶力の維持』であった。同ヘルスクレームではサントリーウエルネスの「オメガエイド」といった中高年をターゲットにした商品の増収により、売上が大きく伸長した。

◆2018年度は、2017年度比18.4%増の864億円となる見込みである。同市場は、各企業の商品投入、販促活動の強化、既存商品の育成、規模の小さいヘルスクレーム市場の成長などにより拡大する見通しである。具体的には、『口・歯の健康』市場ではオハヨー乳業の「ロイテリ ヨーグルト」といった商品の増収により、2017年度比約2.8倍と大きく拡大するとみられる。

◆当資料では、2015年4月から2018年11月30日までに届出受理・公開された機能性表示食品1,618商品のうち日常生活のトラブル編に関するヘルスクレームを10個取り上げ、各企業の機能性表示食品の商品戦略および販売戦略、売上高を調査している。

【調査対象】
2015年4月から2018年11月30日までに届出受理・公開された機能性表示食品1,618商品

TPC市場調査レポート
「2019年 機能性表示食品の市場分析調査I」
―日常生活のトラブルに関するヘルスクレームを徹底分析―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr220190462
資料体裁:A4判119頁
発刊日:2019年5月27日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531
  • 飲食、料理

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.