2019年07月01日 13:00

biid(ビード)片瀬東浜海水浴場での海の家ちょっとヨットビーチハウスの2019年夏のオープンと300gステーキバーベキューの予約受付の開始を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
biid株式会社(以下、ビードいう。本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:松尾 省三 Web: http://biid.jp/ )は、運営するちょっとヨットビーチマリーナ江ノ島(以下、ビーチマリーナという。 Web: https://www.chotto-yacht.com )に付随する夏限定の海の家として、7月1日から 9月1日までの2か月間、片瀬海岸東浜海水浴場にて「ちょっとヨットビーチハウス」(以下ビーチハウスという。Web: https://www.chotto-yacht.com/about/beachhouse/ )をオープンと、それに先駆けてのバーベキューの予約の受付を本日開始したことを発表いたしました。

■ちょっとヨットビーチハウスとは
ビーチハウスは海水浴場として全国的に知名度の高い片瀬海岸東浜海水浴場に立地する、ビードが運営とオペレーションを受託する海の家です。従来の海の家のサービスに加え、自身の運営するビーチマリーナと連携した様々なマリンスポーツ体験(Web: https://www.chotto-yacht.com/school/ )や、海をコンセプトにしたカフェ&バー、ヘミングウェイ(Web: https://www.hemingway.cafe/ )と連携したボリュームのある300gステーキバーベキューコース(Web: https://www.hemingway.cafe/bbq/beachhouse/ )と仮設のプールを砂浜に設置し、海の家ながらも高級感のある差別化されたサービスとファシリティを備えているところが大きな特徴です。昨年も多くの来場者が訪れ、週末はバーベキューの予約が殺到し、予約をできないことも多々ある人気の海の家です。

■300gステーキバーベキューについて
ビーチハウスの提供するバーベキューコースは『てぶらで楽しく』をコンセプトとし、お客様が準備することは一切ありません。自分で用意するには手間がかかる食材やドリンクの準備、火おこしや後片付け、すべてをビーチハウスのスタッフが行い、手ぶらで気軽にビーチでのバーベキューをお楽しみいただけます。
また、食材はビーチマリーナに併設されているヘミングウェイが提供する自慢の牛ランプステーキ300gに加えソーセージや野菜がセットされ、ドリンクはオレンジジュースやウーロン茶などのソフトドリンク飲み放題が含まれています。アルコール飲み放題プランも追加する事が可能で、発泡酒の飲み放題やワインのプレゼントなどのコースを用意しております。その他オプションとしてゆっくりくつろげるVIP席やスタッフがお肉を焼くコンシェルサービスなどもご用意しております。

詳細はこちらから https://www.chotto-yacht.com/about/beachhouse/

■ ビードについて
ビードは、ビーチやマリーナといった海際に特化した施設運営と再生、有効活用に強みをもっており、大阪市より民営化した大阪北港マリーナ(大阪市此花区常吉、http://www.hokkomarina.com )の再生に成功しています。
マリーナやヨットハーバーに代表される海際や海上にある施設や不動産と船舶などの資産を有効活用することで再生、収益化することに特化した独自の事業ノウハウを活用し、湘南を満喫できる、『ちょっとヨットビーチマリーナ江ノ島』(藤沢市片瀬海岸、https://www.chotto-yacht.com )と都市型マリーナ『横浜港ボートパーク』(横浜市西区みなとみらい、https://www.boatpark.yokohama/ )、大阪では大型マリーナ『大阪北港マリーナ』、瀬戸内海では係留施設、宿泊施設付きビーチリゾートマリーナ『シータイガー アイランドイン小豆島』(香川県小豆郡小豆島町、http://www.islandinn-seatiger.com/ )といった海際施設を各地で運営すると同時に、海際の飲食店の運営、クルーザー、ボート、ウェアの販売、ヨットクラブ運営やシステム開発等のマリンレジャーを中心とした海に関わる様々なサービスの提供を行っております。
また、運営する施設のキラーコンテンツとなる様々なソフト事業、マリンビジネスの育成事業、海洋教育振興による青少年の育成事業、地方公共団体、教育機関、スポーツ団体との協働などの事業などのノウハウを駆使し、運営する施設に人を呼び込み生まれ変わらせ、新しい価値を生み出し感動と収益を生み出す事業による夢を創出することをめざしています。

■ ビードのねらい
ビードは、全国的に知名度があり、観光客が急激に増加する湘南地域の江ノ島における、ビーチハウスの施設運営の受託事業により、高い収益を得ることだけでなく、海の家のオペレーションを確立することで、過去の事例に続く新たなジャンルの再生有効活用の成功実績として、独自ノウハウの成功事例を全国に発信することができるフラッグシップ施設となることをねらっています。
また、『日本で一番稼働率の高い人気の海の家』を目標に掲げに、顧客満足を高めることのできる様々なコンテンツとサービスを用意し、海の楽しみ方と癒しの提供による新しいライフスタイルの発信に注力してまいります。

■ ちょっとヨットビーチハウスバーベキュー 概要
営業期間   2019年7月1日(月)~9月1日(日)
営業時間   10時~20時(最終受付17時)
海の家利用料 \1,500(お子様 \800)
バーベキュー料金 ステーキBBQ+ソフトドリンク飲み放題\3,500
ステーキBBQ+アルコール飲み放題\5,000
アクセス 住所:藤沢市片瀬海岸1丁目15(片瀬東浜海水浴場)
小田急電鉄 片瀬江ノ島駅から徒歩5分 江ノ島電鉄 江ノ島駅から徒歩8分

会社概要
biid株式会社
代表取締役 松尾 省三
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4
マリーナ、ビーチハウス等の施設運営、 マリン関係アイテムの販売、レンタル、マリーナ関連WEBシステムの開発
URL:http://www.biid.jp/
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

添付資料

  • メニュー
  • プール
  • 飲み放題プラン

会社概要

商号
biid株式会社(ビード)
代表者
代表取締役 松尾省三(マツオジョウゾウ)
所在地
〒251-0035
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4 
TEL
050-2018-0924
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.biid.jp

biid株式会社の最新プレスリリース

2020年05月01日 13:00
海を“日常の遊び場”に!マリーナの再生と有効活用を手がける海の不動産テック企業 biid(ビード)グループ5社 第2回株式投資型クラウドファンディングを開始 ~海際遊休施設を再生活用し、価値の向上へ~
2020年01月06日 09:00
biid(ビード)『冬だからできる新春特別入会キャンペーン! サーフィン無料入会体験会』の開催を決定。~サーフィンクラブ会員の新規会員獲得のための冬季期間限定のキャンペーン~
2019年11月14日 11:00
マリーナの再生・有効活用を手掛ける海の不動産テック企業「biid(ビード)」株式投資型クラウドファンディングを開始 ~海からの贈り物~その価値をテクノロジーで高め、人々の心の豊かさに繋げる
2019年11月12日 17:00
biid(ビード) 2000円でサーフィン体験。予約受付開始。 冬季特別入会体験キャンペーンの予約を11/12(火)から開始。 ~サーフィンクラブ会員の新規会員獲得のための冬季期間限定のキャンペーン~
2019年11月08日 13:00
biid ちょっとヨットビーチベースにてクラブ会員獲得のための期間限定キャンペーンを開始~クラブ入会を見据えたスクールによるクラブ会員獲得のための動き~

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.