2019年07月04日 12:00

SYOMIN'S第二回公演『砂の家族』出演者座談会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SYOMIN’S第二回公演『砂の家族』(7/17(水)~7/21(日) @下北沢・シアター711)
公演も次第に近づいてきた去る7月2日(火)、通し稽古が終わった稽古場に出演者全員が残って座談会が行われました。気になるお芝居の内容もちょっぴりわかり、役者陣の個性が際立つその模様を、臨場感たっぷりにお伝えします。

■出席者:山中崇史・矢尻真温・橋爪未萠里・岡遼平・原田志・石川雄也・新井友香・山田伊久磨・仲坪由紀子・今奈良孝行・高山和行・岡田優・美津乃あわ(司会)

美津乃  さあ、通しも何度か済ませ、皆さん作品の全貌が見えてきたかと思います。今日はみんなに現在の思いを聞こうと思います。まず若手のホープ・矢尻真温(まおん)ちゃん。現在どこまで出来てる、自分の役?

矢尻   えー?広島弁が初めてで。ていうか訛りのある役が初めてで。外国語を喋っているみたいで、そこに感情を込めるのが難しいです。

美津乃  現状、100点満点で何点?

矢尻   62点。

全員    おおー!

美津乃  合格ライン自分でつけてるじゃない。今回の座組で最年少なんだけど…

矢尻   すごく楽しいです。稽古の合間の会話とか、同年代だとあまり聞かない内容が多くて。スナックの話とか、老眼で文字が見えなくなってきたとか…

先輩達  コラコラ!

美津乃  では真温ちゃんと姉妹役をやります、橋爪未萠里(いゆり)ちゃん。今回の役についてどんな感じ?

橋爪   私いっつも不幸な役が多くて…今回もそうなんです。私ってそういうイメージあるのかな…

美津乃  ショック?でもそれは、もともと品があるから、悲惨な役でも「ヨゴレ」に見えないんじゃない?

橋爪   そうかなー。

全員   (笑)

美津   今回、苦手な役者はいる?

橋爪   高山(和之)さん。今回はからまないんですけど、前に舞台ご一緒した時、目が合うとウってなって、からみづらくて…

全員   (笑)

美津乃  その高山君、実はこの度、SYOMIN’Sの一員に加わってくれました。どう、今?

高山   もちろん、とても楽しくやらせてもらっています。

美津乃  このコ、写真は上手いのよ。稽古場でもSNSに載せる写真いっぱい撮ってくれて、ほんと助かる。

高山   稽古よりもそっち頑張ってますから僕。

美津乃  誰か、高山君になにかある?

数人   チラシの写真よりハゲてる。

高山   そこはいいでしょ。

美津乃  他には?

全員   ・・・

美津乃  特に興味なしということで次、主役の一人・ブンゴを演じます山中崇史くん。劇団扉座からお呼びしました!今回の役の第一印象は?

山中   ブンゴ、強い男だな、おれはこんなに強くないな、と。けど今奈良っちの演出受けて、稽古が始まってすぐに、 あ、実はそんな強い男じゃないんだって。なら早い段階で、自分(のキャラクター)に近いところにブンゴを 降ろしてやろうと思いました。あと周りの人が面白すぎて、なんもしなくていいじゃん、とか。個々の役者がパ ーソナリティが強くて。異種格闘技みたいで、楽しくやっています。それと、こんな長い時間を演じる役…子供のころから大人になるまでとかやったことない。周りにはすごい早替わりで役が変わる人もいるし。そんな出来るの?ってびっくりする。

石川   僕、結局5役やります。

美津乃  石川雄也君。そのうち3つが女性だよね。

石川   置き屋のおかみ、スナックのママ、英語の先生。

今奈良  ほんとは全部女性役にしたかったんよ。お客さんが彼のことを女装家と思ってくれたら面白いな、と。

美津乃  雄也、顔きれいだからね。

石川   そこはしっかりやろうと気合入ってます。すみませんけど、楽屋でメイクスペース結構取ると思いますんで皆さんよろしく。深く役を掘り下げるのでなく、衣装とメイクで頑張ります(笑)

美津乃  では次、山田伊久磨さん。SYOMIN‘Sは初参加ですけど、今奈良っちとは?

山田   旧知の仲でもう30年ぐらいかな。でも芝居一緒にするのは15年ぶり?

美津乃  演出家・今奈良孝行ってどうです?

山田   優れた役者コーチだと思います。シンプルで分かりやすく、最短で観客に届く方法を教えてくれる。役者が160キロの剛速球を投げてるように見せてくれる。分析してますよ、演劇オタクだから僕。

橋爪   人のセリフ、通し稽古の最中しゃべってますよね。殴るアクション真似したり。

山田   コピーしたいんですよ。

山中   今日稽古場に来る時見たんだけど、自転車乗りながらセリフ練習してるよね。

山田   めちゃめちゃ職質されるんですよ!

全員   (笑)

美津乃  そんな演劇モンスターの山田伊久磨さん。自分のシーンで一番好きなのは?

山田   ファーストシーン。あそこ抜き稽古してほしい。僕はだいたいお芝居の最初のシーンが好きなんです。

美津乃  芝居って最初の10分だよね。

山中   そこしか稽古しない劇団もありますもんね(笑)

山田   あまり普通の芝居やって来なかったから。90分間狭いマンションの一室で恐怖におののき続ける芝居とか、からだ中を虫が這う芝居とか。しかも外国で。あーお芝居ってこうやってやるんだ!って感動中です、今。

美津乃  伊久磨って、「カッコ悪い男のカッコよさ」あるよね。

新井   どこどこ?どのシーン?

山田   わからないということは出来てないってことなんで、頑張ります!(笑)

美津乃  えーこんな感じで毎日私をいらだたせている新井友香さん。芝居をするにあたっての心構えを教えてください。

新井   役を人間にしなきゃなと思っています。今回、成り行きとして主人公を裏切る役だけど。役者として演じていてすごい醍醐味のところで、単に気持ちよくやらないように。

石川   単に気持ちよくやるのはね、ダメだよね。   

美津乃  でも友香ちゃん、結局本番で持っていくもんね。前回も、毎日友香ちゃんのシーンでは事故が起こって。

全員   (笑)

美津乃  さて、仲坪由紀子さん。今奈良っちに頼み込んで参加してもらいました。

仲坪   いや私はともかく、考え抜かれたキャスティングですよね。機能も、雰囲気も。

石川   仲坪さん、新井さん、今奈良さん、山田さんが一緒にいると、すごいデジャヴ感なんですよ。写真撮ってSNSに上げたらさ演劇界ざわつきますよ(※)。

     ※…4人はかつて演劇界で強烈な存在感を誇っていた超人気劇団・HIGHLEG JESUS(ハイレグジーザス)の元メンバー

美津乃  久しぶりにこのメンバーが集まったんだ。

仲坪   (山田)伊久磨の存在が大きいと思う。代名詞だったもん、ハイレグの。

山田   常に全裸だったから。

美津乃  仲坪さん、今日久しぶりに合流して、いきなり通しだったんだけど…

仲坪   新鮮で。でも泣きます。あんなもん泣きますよ!ほんまごめん。行き帰りの電車の中でセリフ繰ってても泣けてきちゃって。

美津乃  さて、男性では一番若手の、岡遼平君。

全員   よ、奄美!(岡は奄美大島出身)

岡    夢のような環境です。こんな役いただけて。ふだん人間の役あんまりやらないんで。イヌとかアメリカザリガニとか。

山中   破壊力あるよね。毎日見てると慣れてきたけど、劇団宝船(※)観たとき、何が出てきたかと驚いた。

          ※新井友香が主宰する劇団

美津乃  どう?このオッサン&オバサン集団の中に入って。

岡     今でもバリバリ緊張してます。ずっとテンパってます。先輩方皆さん凄すぎて…

仲坪   崇史くんとちゃんと親子に見えるよ(岡は、山中崇史の息子役を演じる)。

全員   見える見える!

美津乃  たまに岡君が親に見える。ヒゲが濃いのよ。本番ではいいヒゲそり用意してきて。

岡    ハイ!

美津乃  若手男優のもうひとり、いつも自分をクズだと言ってる原田志(こころざし)君。

原田   今回僕も5役やります!通行人も入れて。

仲坪   オープニング、あの動き、象徴的だよね。

原田   脚本もらった時、家族の大切さを思って。家族とか、人生とか、あと家族とか…

美津乃  何回言うねん。

原田   そこを今奈良さんがどう演出するのか、すごく興味ありました。

今奈良  どうなん俺?

原田   いや、それは言えないです。

今奈良  なんやねん。

美津乃  …えー!まとまらないところで更にもう一人、今回音楽を作ってくれる岡田優(まさる)君も来てくれています!岡田君は、宇梶剛士さんの劇団「PATHOS PACK(パトスパック)」の看板役者です。音楽だけでなく、広島県出身ということで、今奈良っちの台本を広島弁に直してくれました。

今奈良  ギターで音楽を入れてもらいます。何回かPATHOSPACKの演出させてもらったんだけど、彼、演技とギターだけじゃなく、タタキ(大道具を作る作業)の腕もいい。

岡田   いやあ、もう通し稽古なんですね。これから伸びしろだらけだな。

今奈良  いつも言うんだけど、僕はやはり本番どおりにやらないと芝居は伸びないと思ってるのよ。

美津乃  えーと、さいご私。…前回タイトルロール(「隻眼の産婆」の産婆役)だったので物凄い重圧だったんです。芝居の内容もチケットの売れ行きも…。今回は崇史くんとそこを二分してもらっているのでその点すごく楽。楽しくやらせてもらっています。けど広島弁がムズカシイ!岡田君もっと稽古場に来て!

全員   (笑)

美津乃  ではさいご演出、お願いします。

今奈良  この段階で完成度高いでしょう、安心して。前回「隻眼の産婆」では女性へのリスペクトを描きたかったんだけど。今回は人間が生きること自体への賛美というか、一所懸命生きること、家族をやっていくこと、を描きたい。だから、これからも厳しくやってくと思うけど、舌打ちしないでよろしくお願いします。

美津乃  最後いいこと言ってくれたんじゃない?演出。えーそんなこんなでみんな頑張ってやっていますので、皆さま、劇場で

全員   お待ちしていまーす!
                                            (以上)

SYOMIN’S 第2回公演 『砂の家族』
■作/演出  今奈良孝行
■出演
山中崇史
矢尻真温 橋爪未萠里 岡遼平 原田志 石川雄也 新井友香 山田伊久磨 仲坪由紀子
今奈良孝行/高山和之/美津乃あわ

■日程
7月
17日(水) 19:00
18日(木) 14:00 19:00
19日(金) 19:00
20日(土) 14:00 19:00
21日(日) 13:00 17:00

■会場 下北沢・シアター711 (東京都世田谷区北沢1-45-15)

■料金 前売:3800円 当日:4200円 U-22:2500円 高校生以下:1000円

■企画・制作:SYOMIN’S(https://twitter.com/SYOMINS2018)   ■広報協力:株式会社707

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

商号
SYOMIN'S(ショミンズ)
代表者
今奈良 孝行(イマナラ タカユキ)
所在地
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀7-13-17-205 
TEL
090-6197-7043
業種
エンターテイメント
上場先
未上場
従業員数
10名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.