2020年01月23日 09:00

「人材確保への対応か。企業の社宅保有率が増加、社宅・独身寮の会社の費用負担額も増加」~第54回 社宅・独身寮の使用料調べ~【旬刊福利厚生2020年1月上旬号】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
福利厚生専門出版社の株式会社労務研究所(本社:東京都港区赤坂3-21-15、代表:可児俊信)が発行する「旬刊福利厚生」(以下:当誌)は54回目となる「社宅・独身寮の使用料調べ」を2020年1月14日に公表しました。【2020年1月上旬号(No.2287)掲載】
2019年の社宅の保有率は、前年の11.2%から11.6%に増加しました。全従業員数に占める社宅戸数の割合(社宅保有率)については、ここ20年減少が続いていましたが、図表1-1のとおり、2019年はやや回復しました。

給与住宅(会社、官公署等がその社員、職員等を居住させる目的で建築するもの)の新設着工戸数も4年ぶりに増加しており(図表1-2)、人材確保の手段として社宅提供を進めているためと当誌編集部はみています。
なお、入居率(社宅戸数に占める入居者数の割合)は80%前後で推移しています。
一方、独身寮は図表1-3のとおり、前年の15.3%から14.7%に減少しています。入居率は70%台が続いています。
独身寮の保有率は近年減少傾向にあり、男女別でみると特に女性寮の保有数が少ないことから、女性従業員の割合の増加につれ、相対的に独身寮の保有率が下がっているのではないかと当誌編集部はみています。
社宅・独身寮の2018年の入居定員1人当たりの会社負担額は、当誌推計で前年を11.0%上回る月額4.4万円になりました。入居者が負担する使用料、光熱費の割合は、図表1-4のとおり、近年30%台で推移しています。
ここでも、入居者負担を抑え、人材の定着を図りたい企業の姿勢が見えます。
同調べを掲載している旬刊福利厚生2020年1月上旬号(No.2287)では、上記を始めとする分析結果に加え回答企業の具体的な社宅使用料の額と社宅保有率、住宅手当等なども詳細なデータも掲載しています。
【「社宅・独身寮の使用料調べ」はこちらでお求めいただけます】
購入サイトURL:http://www.rouken.com
価格または購読料:1冊2,860円(税別)
e-mail:rouken@courante.plala.or.jp
総務部 堀田
電話:03-3583-5830 FAX:03-3583-5855

【今後の展望】
働き方の多様化,年金を始めとする公的保障の後退,従業員の福利厚生に対する要望・期待の多様化などを背景として,従業員に喜ばれ,かつ経営課題を解決する福利厚生制度を展開することは以前より難しくなってきています。
弊社では様々な調査と取材に基づく事例紹介により,購読先法人の福利厚生制度の見直し・新設を資する情報提供に努めて参ります。

【会社概要】
会社名:株式会社労務研究所
代表者:可児俊信
所在地:東京都港区赤坂3-21-15東都赤坂ビル
TEL:03-3583-5830
FAX:03-3583-5855
URL:http://www.rouken.com
E-Mail:rouken@courante.plala.or.jp
事業内容: 福利厚生に関する調査・研究,福利厚生専門誌の刊行,コンサルティング
  • 住宅、建築、不動産

会社概要

商号
株式会社労務研究所(ロウムケンキュウショ)
代表者
近江谷 栄樹(オウミヤ サカキ)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂3-21-15 東都赤坂ビル5階
TEL
03-3583-5830
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://rouken.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.