2020年03月17日 11:00

最近、日本でもストライキが起き始めているのはなぜ?海外の潮流から、日本社会を変えうる「新しいストライキ」の可能性を探る。集英社新書『ストライキ2.0 ブラック企業と闘う武器』(今野晴貴)3月17日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の知らないところで、ストライキが進化していた!

佐野サービスエリアのスト、保育士の一斉退職、東京駅の自販機補充スト……。
1970年代をピークに減少していた日本のストだが、2010年代後半から再び盛り上がりを見せている。

しかも、かつての「国鉄スト」などと違いネット世論も好意的だ。
実は、産業構造の転換により、日本でもストを起こしやすい土壌が生まれていたのである。
現代日本でストが普通に行われるようになれば、ブラック企業への有効な圧力となることは間違いない。

一方、海外では、現在まで一貫してストが起きている。
特にアメリカでは、「2018年はストの年」というレベルで頻発している。
しかも、【教師が貧困家庭への公的支出増額を訴える】など、
「社会問題の解決」を訴える「新しいストライキ」が海外では行われ始めている。

このように、ストはアップデートし、
もはや自身の待遇改善だけを求めるものではなくなっている。
本書ではこうした新しい潮流を紹介し、日本社会を変える道筋を示す。


「賃上げ要求だけ」はもう古い! 海外で行なわれる「新しいストライキ」
貧困問題、政治家のメディア介入、性暴力、ブラック企業……これらはストで解決できる!

●【政治家のメディア介入】
 テレビ局ディレクターらが番組制作を拒否。再放送ばかりに(韓国)

●【貧困対策・移民問題】
 教師が、貧困家庭への公的支出の増額、移民取締り当局からの生徒の保護を要求(米国)

●【AI・アルゴリズム】
 Uberのドライバーが労働条件の透明化を要求(米国、英国、オーストラリアなど)

●【性暴力】
 顧客からの性暴力被害を防ぐしくみを、従業員が会社に要求(韓国)

◆目次

第1章 ストライキの「原理」─東京駅自販機争議の事例から
第2章 新しいストライキ
第3章 今、世界のストライキは
第4章 資本主義経済の変化と未来のストライキ

◆書籍情報
書名:ストライキ2.0 ブラック企業と闘う武器
発売日:2020年3月17日
著者:今野晴貴
定価:本体860円+税
体裁:新書版
URL:http://shinsho.shueisha.co.jp/

◆著者紹介
1983年生まれ。NPO法人「POSSE」代表理事。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。
一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。
『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』(文春新書、第13回大佛次郎論壇賞受賞)など著書多数

  • エンターテイメント、文化、芸能

添付資料

  • shoei

会社概要

商号
株式会社 集英社(カブシキガイシャ シュウエイシャ)
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.shueisha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.