2020年03月23日 13:00

MJE、フレキシブルオフィス調査レポート第2弾「コミュニティマネージャーは利用者にどのような影響を与えるのか」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コワーキングスペースやフレキシブルオフィスの企画・運営を行う株式会社MJE(本社:大阪市中央区、代表取締役:大知昌幸)は、大阪大学大学院経済学研究科 中川功一研究室と共同で、全国のコワーキングスペース利用者を対象にアンケート調査および個別インタビュー調査を実施。4本の調査結果レポートのうち、レポート2「コミュニティマネージャーは利用者にどのような影響を与えるのか」を公開しました。
■ 本調査に関する調査レポート
1.利用者目線でのコワーキングの実態(3/19公開)
2.コミュニティマネージャーは利用者にどのような影響を与えるのか(3/23公開)
3.コワーキング利用者がイベントに参加するメリットとは(3/25公開予定)
4.業績と人生の充実度を上げるコワーキングスペースの利用方法(3/27公開予定)

■ レポート概要(※一部抜粋)
「2.コミュニティマネージャーは利用者にどのような影響を与えるのか」
コワーキングスペースでは、利用者の協同を促すために運営スタッフが積極的に利用者とコミュニケーションをとり交流を促すケースが多くありますが、それは利用者にどのような効果をもたらしているのでしょうか。調査・分析の結果、3つの効果があることが定量的に確認されました。
1. ハブユーザーが出現する
運営スタッフが積極的に利用者の協同サポートをするほど、利用者は「自分が働きかけることで環境を変えられる」という自己効力感を向上させ、結果的に他者を積極的にマッチングする利用者(ハブユーザー)が多くなることが明らかになりました。
2. 利用者のイベント参加頻度が向上する
運営スタッフが積極的に利用者の協同サポートをするほど、利用者がコワーキングスペースで開催されるセミナーや交流会などのイベントに積極的に参加するようになることが明らかになりました。
3. 利用者同士の相互理解が向上する
運営スタッフが積極的に利用者の協同サポートをするほど、利用者同士で日常的に交流し相互理解を深めあうケースが多くなり、結果的に利用者の協同につながりやすくなることが明らかになりました。

本日公開の調査レポート「コミュニティマネージャーは利用者にどのような影響を与えるのか」の全文については、以下のリンクからダウンロードできます。
https://mjeinc.co.jp/researchreport

大阪大学大学院経済学研究科 中川功一先生のYouTube動画チャンネル「中川先生のやさしいビジネス研究」でも、レポートについての動画を公開予定です。
https://www.youtube.com/channel/UCS89vRmX0PfWxmJWOjJq6ZA

今後MJEは、企業の成長をサポートするサービスカンパニーとして、フレキシブルオフィスなどの空間領域のほか、ワークプレイスに関わる調査を定期的に行いレポートを公開していきます。

■全国コワーキング実態調査概要
調査期間:2019/10/1~2019/10/31
調査人数:20代~60代男女89名
調査内容:コワーキングスペースに関する調査
調査結果ページURL:https://mjeinc.co.jp/researchreport
第2弾発表日:2020年3月23日

■大阪大学大学院経済学研究科 中川功一研究室について
学生教育、社会人教育、産学連携、研究の4つの活動を軸に、現場で活きる理論の創出と普及に取り組んでいます。
URL:http://koichinakagawa.web.fc2.com/

■株式会社MJEについて
所在地:大阪市中央区久太郎町4-1-3 大阪センタービル6F
設立:2006年12月
代表:代表取締役 大知昌幸
URL:https://mjeinc.co.jp/
  • 住宅、建築、不動産

会社概要

商号
株式会社MJE(カブシキガイシャエムジェイイー)
代表者
大知 昌幸(オオチ マサユキ)
所在地
〒541-0056
大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-3 大阪センタービル6F
TEL
06-6253-7701
業種
小売・流通
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://mjeinc.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.