2020年06月19日 16:00

大阪いずみ市民生協のお店のレジ袋の辞退率は、 レジ袋の有料化にともない、40.1%から78.2%になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪いずみ市民生協は、2017年に「SDGsのとりくみ方針」を策定し、循環型社会の実現に向けた取り組みをすすめています。その一つとして、2020年2月より、全てのお店でレジ袋を有料化しました。結果、レジ袋の辞退率は40.1%(2019年3月)から2020年3月の78.2%(2020年3月)へと38.1ポイント上昇しました。(2020年6月19日発表)
また、レジ袋の有料化にあわせて、レジ袋をバイオ原料配合の材質に変更しました。

◆その他 店舗のプラスチック資材削減の取り組み
(1) レジで配布しているストローをプラスチック製から紙製に変更しました。
(2) デザート用スプーンを紙製に、惣菜に添付するスプーンをバイオ原料配合の材質に変更しました。


  • 2020年06月19日 16:00
  • 環境
  • 飲食、料理

会社概要

大阪いずみ市民生活協同組合
商号
大阪いずみ市民生活協同組合(オオサカイズミシミンセイカツキョウドウクミアイ)
代表者
勝山 暢夫(カツヤマ ノブオ)
所在地
〒590-0075
大阪府堺市堺区南花田口町2-2-15 
TEL
072-232-5100
業種
小売・流通
上場先
その他
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.izumi.coop/
IR情報
http://www.izumi.coop/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.