2020年08月11日 14:00

ピル情報総合サイト「ピルにゃん(β版)」を提供開始 ~お盆にアフターピル難民を出さない!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
~緊急避妊薬の「日曜・祝日対応リスト」から公開~

株式会社アメニモ(本社:東京都豊島区、代表取締役:白須 真鶴枝)は、低用量ピル、アフターピル(緊急避妊薬)などのピル情報総合サイト「ピルにゃん(β版)」(以下、ピルにゃん)を8月8日より開始いたしました。お盆期間に合わせ、日曜・祝日でもアフターピル(緊急避妊薬)を処方してくれる全国約300件の医療機関一覧から先行公開致します。お盆・正月は医療機関も連休であることが多い中、妊娠不安を抱えた女性が適切な医療機関受診先を選べるように、複雑な医療制度をわかりやすく情報提供していきます。

▼ピルにゃんβ版 https://pillnyan.jp/

※アフターピル(緊急避妊薬)とは、何らかの理由で避妊できなかった性行為の後、72時間以内に服用すると約80%程度の避妊効果が認められている薬です。日本では医師の処方が必要となり、土日祝日、特にお盆などの連休は、処方する医療機関を探すことが困難となっています。
■「ピルにゃん」アフターピル情報の特長
1. 全国約300件の緊急避妊薬「日曜・祝日対応リスト」
厚生労働省において「厚生労働省のウェブサイトに掲載を希望した緊急避妊にかかる対面診療が可能な産婦人科医療機関等の一覧(令和2年4月6日時点)」というリストが公開されました。掲載医療機関は約3,000件です。このリストのうち、ピルにゃんでは、日曜・祝日も対面診療を受け付けている医療機関を約300件抜粋し、県別に検索できるようにしました。

2. アフターピルは、実は種類がある!正しく国内認可薬を選ぶ方法
効果・安全性の高い国内認可薬を正しく入手する方法を解説しています。「ヤッペ法」という避妊効果が60%程度しか認められないお薬の処方のケースや、海外大衆薬の個人輸入代行で入手する場合など、インターネット情報だけだと理解しづらい入手経路やお薬の違いを解説しています。

3. 学校での性教育講演の実績豊富な産婦人科医、高橋幸子先生の監修
高橋幸子先生は、日本思春期学会理事、日本家族計画協会クリニック非常勤医師を務め、年間120回以上、全国の小学校・中学校・高等学校にて講演を行っており、ユネスコ「国際セクシュアリティ教育ガイダンス」に基づいた包括的性教育の普及を目指しています。

■今後の展開
 ピルにゃんは「自分に合った選択肢を選べる社会に」というVisionのもと、女性の自己決定権を尊重し、自分の体のこと、人生のことを自ら選択しやすい社会を作っていきたいと考えています。
 今後は低用量ピルに関する情報も拡充していきます。低用量ピルは月経困難症やPMSなど生理の悩みがある方、避妊をしたい方を対象とした薬ですが、選ぶことに抵抗があったり、どのように婦人科受診をしていいかわからないという現状があります。医学・薬学的視点に加え、医療制度の解説や、体や心の悩みにどう向き合っていったらいいかなど、包括的なピル情報総合サイトを目指していきます。

■会社概要
商号   : 株式会社アメニモ
代表者  : 代表取締役 白須 真鶴枝
所在地  : 〒170-0003 東京都豊島区駒込2-3-3 駒込北口ビル3階-5
設立   : 2017年10月
URL   : https://www.amenimo.jp/

■本件に関する問い合わせ先
Email:info@amenimo.jp
  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社アメニモ(カブシキガイシャアメニモ)
代表者
白須 真鶴枝(シラス マツエ)
所在地
〒170-0003
東京都豊島区駒込2丁目3-3 駒込北口ビル3F-5
TEL
050-5867-7614
業種
医療・福祉・健康関連
上場先
未上場

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.