2021年04月06日 17:00

TPCマーケティングリサーチ株式会社、2021年 青汁の摂取実態と今後のニーズについて調査結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青汁の摂取実態と今後のニーズ調査を目的に、今回、20~60代の男女1,240人にアンケート調査を実施した。
その結果、現在摂取者の割合はすべての層で増加しているが、とくに男性20代と女性20代の若い層において伸び率が4.0pt以上と大きくなっている。
また、新型コロナウイルスの影響としては、「免疫力向上」(45.3%)の効果を期待する人が増加しており、コロナ前の2019年に比べて9.6pt増加した。
また、意識面については、「コロナ前よりも『健康を維持するために青汁は欠かせない存在だ』と思うようになった」(46.1%)と変化した人も多く見られた。
当レポートでは、青汁ユーザーにおける野菜不足の実態や青汁の摂取実態、青汁の購入ポイント、ブランドの満足度、今後期待する青汁のコンセプトなどを調査。
さらに、「安心保険タイプ」、「不摂生タイプ」、「堅実家庭タイプ」、「手軽さ重視タイプ」、「美容ダイエットタイプ」、「コロナ需要タイプ」、「平均タイプ」の7つのクラスターでも分析を行っている。

【調査趣旨と結果】
◆今回、青汁の摂取実態と今後のニーズを探るべく、20~60代の男女にアンケート調査を実施した。
まず、事前に40,000人を対象に行った調査では、現在青汁を摂取している人は12.1%となり、前回調査を行った2019年から2.2pt増加していた。
属性別にみると、現在摂取者の割合はすべての層で増加しているが、とくに男性20代と女性20代の若い層において伸び率が4.0pt以上と大きくなっている。

◆次に、その中から直近6ケ月以上継続して青汁を摂取している20~60代の男女1,240人を本調査対象者として抽出し、青汁の摂取実態について尋ねた。
その結果、摂取ブランドについては、「大麦若葉 粉末100%」(山本漢方製薬)、「緑効青汁」(アサヒ緑健)、「1日分のケール青汁」(ファンケル)、
「私の青汁」(ヤクルトヘルスフーズ)、「ごくごく飲める毎日1杯の青汁」(伊藤園)などが認知度・摂取率ともに上位となった。
これらの商品はブランドの満足度も80%を超えており、高い評価を得ている。

◆新型コロナウイルスの影響としては、青汁に期待する健康効果において、「免疫力向上」(45.3%)がコロナ前の2019年に比べて9.6pt増加した。
また、意識面の変化として、「コロナ前よりも『健康を維持するために青汁は欠かせない存在だ』と思うようになった」(46.1%)という人も半数近く見られた。

◆このほか、今回の調査では、「コロナをきっかけに家族で青汁を飲むようになった」という人が24.4%、最もよく摂取している商品を購入しようと思ったきっかけとして「家族・友人・知人のおすすめ」を挙げた人が16.2%(2019年比5.5pt増)、
「家族みんなで飲める青汁」に魅力を感じる人が21.3%(2019年比3.8pt増、順位は6位から4位にアップ)となり、コロナ禍の健康対策として、家族で青汁を摂取するニーズが高まっている様子がうかがえた。

◆今後期待する青汁としては、「健康成分を強化した青汁」、「一杯で1日に必要な野菜の栄養が摂取できる青汁」、「免疫力の向上に特化した青汁」が上位となった。
このうち「一杯で1日に必要な野菜の栄養が摂取できる青汁」は女性中年層、「免疫力の向上に特化した青汁」は女性高年層のニーズがとくに高くなっている。

◆当レポートでは、青汁ユーザーにおける野菜不足の実態や青汁の摂取実態、青汁の購入ポイント、ブランドの満足度、今後期待する青汁のコンセプトなどを調査。
さらに、性別、年代別に加えて、「安心保険タイプ」、「不摂生タイプ」、「堅実家庭タイプ」、「手軽さ重視タイプ」、「美容ダイエットタイプ」、「コロナ需要タイプ」、「平均タイプ」の7つのクラスターでも分析し、今後の青汁の商品開発に役立つデータとしてまとめている。
TPC消費者調査レポート
「2021年 青汁の摂取実態と今後のニーズ」
―コロナにより青汁の重要性を実感した人多数!―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/cr220210444

体裁:CD-ROM[レポート編・データ編]
※【CD-ROM収録内容】
1)本文PDF 2)本文パワーポイント
3)データ編(基本クロス集計・単純集計・ローデータ・調査票・FA)

発刊日:2021年3月31日
頒価:429,000円(税抜:390,000円)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
設立:1991年8月
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
電話番号:06-6538-5358
  • 飲食、料理

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.