2021年06月09日 11:00

AOSデータ社、シニア向け動画チャンネル「Husime TV」の新動画、『70代のスマホ挑戦 「デジポリス」デジタルって人生より難しいもんか 笑』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋 以下AOSデータ社)は、デジタル遺言アプリ「Husime.com」に関連して、シニア世代のデジタル活用を支援する動画チャンネル「Husime TV(ふしめ てぃーびー)」を開設していますが、このたび2021年6月9日、新動画『70代のスマホ挑戦 「デジポリス」 デジタルって人生より難しいもんか 笑~世界で一番デジタルを使いこなせる日本のシニアへ、企画シリーズ~』を開始いたしましたのでお知らせします。
▼HusimeTV 70代のスマホ挑戦「デジポリス」デジタルって人生より難しいもんか 笑
https://youtu.be/UD3IrkwgcWc
▼YouTube Husime TV公式チャンネル「Husime TV」
https://www.youtube.com/channel/UCzJZBEK529Et5EdwUssPwcA

新動画『70代のスマホ挑戦「デジポリス」 デジタルって人生より難しいもんか 笑』配信スタート!
今回配信スタートした『70代のスマホ挑戦 「デジポリス」 デジタルって人生より難しいもんか 笑』では、等身大のシニア・ユーチューバーがデジポリスという防犯アプリに初挑戦する様子をお届けしています。

■デジポリスとは
デジポリスとは、警視庁が提供している防犯アプリです。防犯に関して使える機能が盛りだくさんとなっており、また警視庁開発のアプリということで、シニアの方々にも大変おすすめです。
■デジポリスでできること!
デジポリスという防犯アプリは、ユーザーがマイエリアを設定すると、その地域の犯罪発生状況がトップ画面に表示されるようになります。ユーザーが住んでいる地域の犯罪情報や不審者情報を簡単に確認でき、シニアの方々には特にご活用いただきたい機能になります。また、それぞれの犯罪発生情報や不審者情報等については、メールやLINE、Twitterなどで簡単に送信することができます。例えばご家族やご友人の方々の間で、お近くの情報をシェアして注意喚起し合うといった使い方も可能です。
さらに、特殊詐欺の被害に遭わないようにするための学習コンテンツも多数アップロードされています。
特にオレオレ詐欺や還付金詐欺などといった特殊詐欺は高齢者がターゲットとして狙われることも多いといわれています。さまざまな形態の特殊詐欺の手口を動画でわかりやすく学ぶことができ、詐欺被害防止につながります。
その他、防犯ブザーの機能なども搭載され、ひとつのアプリで多数の機能を使用することができます。

日本のシニアの方々に、安全かつ安心して暮らしていただくために、まずはこのようなアプリがあることを知っていただきたい、そして毎日の生活にぜひお役立ていただきたいという想いで、今回の新動画を配信スタートいたしました。

■「Husime TV」に込められたAOSデータ社の願い
2021年9月にデジタル庁が創設される予定であるなど、現在の日本ではDX(デジタルトランスフォーメーション)が推進されています。
しかし、日本ではかねてよりデジタル・ディバイドと呼ばれる問題が指摘されてきました。デジタル・ディバイドとは、“デジタル格差”とも呼ばれ、IT(情報技術) を利用できる層と利用できない層との間で情報格差が生じる問題のことです。一般的に日本の高齢者の方々はデジタルに苦手意識を持つ方が多いといわれており、デジタル格差によってシニア層の孤立化が進んでしまうことも大きな課題とされています。
高齢者の方々の中には、デジタルについて、「なんだか難しそう」「なんとなく怖い」「冷たいもの」というイメージを持たれている方も多い傾向にあります。しかし、デジタルを活用することによって、ひとりひとりによりきめ細やかなサービスや目配りが可能になるなど、デジタルは本来的にはシニアにこそ優しい存在なのです。

超高齢社会を迎えた日本において、シニア層を取り残すことなく、誰一人取り残さないDX化を進めることは大変に重要であるとAOSデータ社は考えています。
長年にわたりデータアセットマネジメント事業に携わってきたDX専門業者であるAOSデータ社は、あらゆる人がデジタルの恩恵を受けられる社会の構築に向けて邁進してまいります。

日本の高齢者の方々に、デジタルはシニアにこそ必要な存在であることをお伝えすべく、今後もシニアのデジタル活用を支援する動画コンテンツを続々とお届けしていきます。

■日本のDX化のカギは、シニア層!
「HusimeTV」は、シニア向けにデジタルの活用の仕方や楽しみ方をお伝えする動画コンテンツを公開しています。
HusimeTVの動画コンテンツは、例えば「画面のタップ」を「画面を押す」と言い換えるなど、シニア層にとって耳慣れない難しい専門用語を極力使わず、わかりやすい表現で構成されています。
また、あえて台本を作りこまず、等身大のシニア・ユーチューバーがときにつまずき戸惑いながらも実際に初めてデジタルに挑戦する様子を収録することで、視聴者の方々に「自分にもできそう」「挑戦してみたい」という意欲をお持ちいただけるよう工夫しております。
HusimeTVは、日本のシニアのデジタル・ディバイド解消の一助となるような動画コンテンツを今後も増やしていく予定です。
■「遺言のDX(TM)」を推進するデジタル遺言アプリ「Husime.com」
AOSデータが提供するアプリ「Husime.com」は、AI音声入力機能を使ってデジタル遺言を自動作成し、ブロックチェーンに保存する機能によって「遺言のDX(TM)」を推進いたします。
そのほか簡単・手軽に人生史を作成・保管できる「ライフストーリー」機能、相続・遺言・終活などのセカンドライフを支援する情報を集めたポータル・サイトなども備えています(Android/iOS無料)。
シニア向け動画チャンネル「HusimeTV」と併せて、日本のシニアの方々にデジタルを活用した豊かなセカンドライフを送っていただけるよう全力を尽くしてまいります。
▼AIによるデジタル遺言作成アプリ「Husime.com」
https://husime.com/

【AOSデータ株式会社について】
名 称:AOSデータ株式会社 代表者:春山 洋
設 立:2015年4月
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町ビル4F
資本金:3億5,250万円
URL: https://www.aosdata.co.jp/
AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、企業4,500社以上、国内会員90万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のデータを無くしてしまったお客様のデータを復旧してきたデータ復旧事業、1,100万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、12年連続販売本数1位を獲得しています。今後は、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの事件の解決を支援してきたリーガルテック社が行ってきたリーガルデータ事業を統合し、一層、「データアセット マネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献して参ります。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
AOSデータ株式会社(エーオーエスデータカブシキカイシャ)
代表者
春山 洋(ハルヤマ ヨウ)
所在地
〒105-0001
東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
TEL
03-6809-2578
業種
その他IT関連
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.aosdata.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.