2022年06月03日 11:30

Microchip、ISO 26262に準拠し、AUTOSARに対応したデバイスとエコシステムを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[NASDAQ: MCHP] - 電気自動車と自律走行車の市場が拡大するに伴ってアプリケーションは複雑さを増し、AUTOSAR対応、ISO 26262機能安全準拠、セキュア ソリューションへの需要が高まっています。最新の車載要件を満たし、さらに将来の技術に備えたスケーラブルなアプリケーションの開発を支援するため、Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、総システムコストの低減、開発の迅速化、システムの高度な最適化を実現するAUTOSAR対応dsPIC33C DSChttp://www.microchip.com/dsPIC33-AUTOSAR-Ready)(デジタルシグナル コントローラ)向けの包括的なエコシステムを発表しました。

また、Microchip社は大容量メモリへの要求に対応するため、ISO 26262準拠dsPIC33CK1024MP7xxファミリを追加しました。dsPIC33CK1024MP7xxは1 MBのフラッシュを内蔵し、AUTOSAR、OS、MCALドライバ、ISO 26262機能安全診断、セキュリティ ライブラリ等の車載アプリケーションを開発できます。

dsPIC33CK1024MP7xxは高性能CPUと車載全般、先進のセンシングおよび制御、デジタル電源、モータ制御アプリケーション向けの専用周辺モジュールを備えています。

「AUTOSAR対応dsPIC33C DSCを使うと、車載アプリケーションに求められる高信頼性要件を満たしながらAUTOSARアプリケーション、機能安全、セキュリティを1つのコントローラで実装し、システムを高度に最適化できます」とMicrochip社16ビットMCU部門担当副社長のJoe Thomsenは述べています。「これにより、eモビリティおよび先進のセンシング/制御アプリケーションへの採用が広がる一方、Microchip社製品を検討中のお客様に無限の可能性を提供します。」

AUTOSAR対応デバイスを採用する利点は、既存の設計を再利用する事で開発期間を短縮しながらリスクと複雑さを軽減できる事です。ベアメタルまたは非AUTOSAR車載アプリケーションの設計経験があり、現在AUTOSARを採用しようとしているのであれば、dsPIC33C DSCのエコシステムをそのまま使い、Microchip社の高付加価値ソリューション、カスタマサポート、AUTOSAR対応dsPIC33C DSCの強みを利用する事で、スケールアップが可能です。dsPIC33C DSC向けAUTOSARエコシステムには、Vector社のMICROSAR Classic、KPIT Technologies社のKSAR OS、Microchip社のASPICEおよびASIL B対応MCALドライバが含まれます。

「Microchip社は、自動車メーカーとTier 1にシンプルな開発を可能にする統合ソリューションを提供するためにパートナーと協力してきました」とMicrochip社車載製品部門担当副社長のMatthias Kaestnerは述べています。「dsPIC33C DSCとそのエコシステムを使うと、AUTOSARベースの開発をより深く理解できます。また、AUTOSAR 4.3.xを使ったECUプロジェクトをより簡単に評価し、AUTOSAR対応dsPIC33 DSCを使ったシステムを短期間で習熟できます。」

Microchip社は、ISO 26262準拠dsPIC33CK1024MP7xx DSCをサポートするためFMEDAレポート、機能安全マニュアル、診断ライブラリを含む同社の機能安全パッケージを拡充しました。AUTOSAR対応dsPIC33C DSCとTA100 CryptoAutomotiveTMセキュリティICを併せて使うと、車載設計に堅牢なセキュリティを実装できます。

開発ツール
Microchip社が提供するソフトウェアとツールには認証済みMPLAB(R) XC16コンパイラ機能安全ライセンス、MPLAB X IDE、MPLAB Code Configurator、dsPIC33C DSC用プログラミングおよびデバッグツール、dsPIC33C DSC用ISO 26262準拠ASPICE対応MCALドライバ、dsPIC33C DSC向けISO 26262機能安全パッケージ、セキュリティ ユースケース向けソフトウェア ライブラリとリファレンス コードが含まれます。サードパーティが提供するソフトウェアにはVector社のMICROSAR ClassicとKPIT社のKSAR OSが含まれます。サードパーティが提供するハードウェア ツールにはLauterbach社のTRACE32(R)デバッガが含まれます。

在庫/供給状況
dsPIC33C DSCをサポートするAUTOSAR BSW、OS、MCALドライバの詳細はhttp://www.microchip.com/dsPIC33-AUTOSAR-Readyをご覧ください。

先進のセンシングおよび制御、デジタル電源、モータ制御、高性能一般車載アプリケーション向けに最大100 MHzのリアルタイム性能、1 MBのフラッシュ、デュアルCAN FDインターフェイス、専用周辺モジュールを備えたdsPIC33CK1024MP708 DSCの詳細はhttp://www.microchip.com/dsPIC33CK1024MP708をご覧ください。

AUTOSAR対応dsPIC33C DSC向けのISO 2626機能安全パッケージ、セキュア ソリューション、ツール エコシステムの詳細はhttp://www.microchip.com/dsPIC33-Automotiveをご覧になるか、Microchip社の正規代理店にお問い合わせください。

リソース
高画質の写真はFlickrでご覧ください。
● アプリケーション画像: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/51999486842/sizes/l/

Microchip Technology社について
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はスマート、コネクテッド、セキュアな組み込み制御ソリューションのトッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。Microchip社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で120,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト(http://www.microchip.com/)をご覧ください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社): daphne.yuen@microchip.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社(マイクロチップテクノロジージャパンカブシキガイシャ)
代表者
吉田 洋介(ヨシダ ヨウスケ)
所在地
〒105-0013
東京都港区浜松町 1-10-14 住友東新橋ビル3号館4階
TEL
03-6880-3770
業種
その他IT関連
上場先
その他

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.