2022年06月09日 11:30

Microchip、初めてのRISC-VベースSoC FPGAの量産を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[NASDAQ: MCHP] - ロイヤリティ フリーのRISC-VオープンISA (Instruction Set Architecture)をサポートする初めてのSoC FPGAの量産が始まり、組み込みプロセッサの進化における大きな節目を迎えました。PolarFire(R) SoC FPGAhttps://www.microchip.com/en-us/products/fpgas-and-plds/system-on-chip-fpgas/polarfire-soc-fpgas)採用が急増する中、Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、MPFS250TとMPFS025Tを量産品認定した事を発表しました。さらに、Microchip社はMi-VエコシステムによりRISC-V採用を支援する事、小型で、電力効率が高く、低コストの産業用、IoT、その他エッジ コンピューティング製品の実現を支援する事を発表しました。

「多くのお客様が、弊社のMi-Vツールおよびソリューションを使ってPolarFire SoCファミリを採用した設計を実施されてきました」とMicrochip社FPGA部門マーケティング担当副社長のShakeel Peeraは述べています。「そのようなお客様は小型で優れた熱効率、電力効率、計算能力を備えた、革新的な製品を開発してきました。今回量産品認定されたSoC PolarFire製品によって、弊社はRISC-Vの歴史に新たな一章を書き加えようとしています。」

PolarFire SoC FPGAは設定変更可能なプロセッサで、高速FPGAファブリックとリアルタイム性に優れたLinux(R)対応RISC-Vベース マイクロプロセッサ サブシステムを統合しています。また、オープン規格であるRISC-V ISAによってカスタマイズが可能であり、他社製プロセッサと比べて電力効率、セキュリティ、信頼性に優れています。さらに、リアルタイム アプリケーションと同時にLinux OSを実行できる決定論的AMP(非対称マルチプロセッシング) モード等の新機能を備えています。PolarFire SoCの技術革新は計算電力効率の向上、ネットワーク エッジでの計算性能の向上、通信、防衛、医療、産業用オートメーション アプリケーションを可能とします。

Mi-Vエコシステムは、RISC-V採用と同様に重要で各種IP、ハードウェア、オペレーティング システム、ミドルウェア、デバッガ、コンパイラ、設計サービスに採用されています。この低コスト評価プラットフォームを拡張し、様々な産業への展開を支援するべく、24社を超えるパートナー企業がMicrochip社と協力しています。このエコシステムは参入障壁を取り除き、組み込み技術者、ソフトウェア設計者、ハードウェア開発者はRISC-V ISAの利点とPolarFire SoC FPGAの小ささ、熱効率、低消費電力の組み合わせを活用できます。

「Microchip社のPolarFire SoC FPGAとMi-Vエコシステムは、Linux対応マルチコアRISC-VベースSoCの評価プラットフォームとして優れています」とRISC-V International CEOのCalista Redmond氏は述べています。「これは市場で調達、設計に使える量産品認定済みRISC-Vソリューションです。このFPGAファブリックは、システム設計においてハードウェア アクセラレーションを可能にする革新的なプラットフォームです。」

PolarFire SoC FPGAファミリについて
Microchip社のPolarFire SoC FPGAhttps://www.microchip.com/en-us/products/fpgas-and-plds/fpgas/polarfire-fpgas/polarfire-soc-fpgas)は、ミッドレンジ トランシーバ、ロジック、DSP、RAMを備え、SEU (Single Event Upset)耐性が高く、全メモリにSECDED (Single Error Correction Double Error Detection)を実装しているため、セーフティ クリティカル アプリケーションに理想的です。また、高集積設計で1 Wあたりの電力効率は競合製品の2倍です。電力効率と熱効率が高いため冷却ファンやヒートシンクのコストと実装に要する工数を除外でき、高集積、防衛グレード セキュリティ、高信頼性が求められるアプリケーションを実現できます。

MPFS250TとMPFS025Tの量産品認定は、マルチコアRISC-V SoC FPGAのPolarFire SoCポートフォリオを拡充するものであり、低消費電力スマート組み込みビジョン、車載、産業用オートメーション、通信、防衛、IoT等、消費電力と性能のどちらも妥協できないシステムにおけるサーマル フットプリントを低減します。MPFS250T、MPFS025Tは本日より受注を開始いたします。

在庫/供給状況
PolarFire SoC FPGAは量産中であり、Mi-Vパートナー エコシステムhttps://www.microchip.com/en-us/products/fpgas-and-plds/fpga-design-resources/mi-v-partner-ecosystem)とLibero(R) 2022.1 SoC設計スイートを含む開発ツールでサポートされています。Microchip社のPolarFire SoC FPGAファミリの詳細はこちらhttps://www.microchip.com/en-us/products/fpgas-and-plds/fpgas/polarfire-fpgas/polarfire-soc-fpgas)をご覧ください。

Mi-Vバーチャル サミット2022
Mi-Vバーチャル サミット(2022年7月20~21日)において16のMi-Vパートナー企業がMicrochip社のPolarFire SoC FPGA向けソリューションを紹介します。こちらhttps://www.microchip.com/mi-vsummit)から無料で登録できます。PolarFire SoC FPGA向けソリューションについて理解を深めるこの機会をご活用ください。

リソース
● アプリケーション画像: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/51690893458/sizes/l/

Microchip Technology社について
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はスマート、コネクテッド、セキュアな組み込み制御ソリューションのトッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。Microchip社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で120,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト(http://www.microchip.com/)をご覧ください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社): daphne.yuen@microchip.com

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社(マイクロチップテクノロジージャパンカブシキガイシャ)
代表者
吉田 洋介(ヨシダ ヨウスケ)
所在地
〒105-0013
東京都港区浜松町 1-10-14 住友東新橋ビル3号館4階
TEL
03-6880-3770
業種
その他IT関連
上場先
その他

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.