2022年06月29日 11:00

シズルワードの2022年ランキング、味覚系は「こくうま」「極うま」「コク深い」の複合造語がアップ。食感系は「ジューシーな」「もちもち」、情報系は「贅沢な」「焼きたて」「本格的」ランキング1、2位に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(株)BMFTでは、「おいしそう」「食べたい」という飲食欲求を刺激する言葉を"シズルワード"と呼び、「おいしそう」「食べたい」を感じる言葉の調査を2003年から毎年行ってきました。

シズルワードは 大きく次の3つに分けられます。
・味覚系:味覚・嗅覚に関わる言葉
・食感系:触覚・聴覚に関わる言葉
・情報系:栽育・製法・流儀に関わる言葉

今回は2022年5月に実施した調査結果を、4年前の2014年、8年前の2018年の結果と比べながら
ご紹介します。


◆味覚系のランキング
「こくうま」「極うま」「コク深い」の複合造語がアップ
「やみつきになる」がアップ
 アップだった「濃厚」はピークアウト


味覚系のトップグループ、「うま味のある」「コクのある」の2つの言葉は不動です。

<コク><うま>の語をもとにした複合造語の「こくうま」「コク深い」「極うま」。この3語とも、大きく順位アップです。感覚というよりも脳が求める"シズル"と言える「やみつきになる」もアップ。

ここ10年余り、味覚系のトレンドだった「濃厚な」は2018年に1位になりますが、以降、ダウンして3位が続いています。ピークは過ぎたと言えます。

2014年は2位だった「香ばしい」は、2022年は10位とダウンです。同じように嗅覚も関わる「風味豊かな」も2018年から2022年にかけて、ダウンしています。


◆食感系のランキング
「もちもち」「とろける」「もっちり」の<もち><とろ>系の擬態語がトップ4
「こんがり」がアップ
「コシのある」が反転、アップへ

触覚・聴覚に関わる食感系の1位は「ジューシー」です。
2位~4位は、「もちもち」「とろける」「もっちり」。2つの<もち><とろ>系の擬態語です。

大きくアップしているのは「こんがり」。2014年から2018年に大きくアップ、その後、2022年もアップを続けています。

ここ4年でダウンしたのは「ふわとろ」、<ふわ><とろ>の複合造語は、2018年は5位へと急アップしましたが、2022年は少し順位を落としました。ブームが過ぎ、ピークアウトしたと言えそうです。

感覚をそのまま言葉にしたオノマトペは、擬音語と擬態語にわけられます。
擬態語は、 <もち><とろ>に、「ふわふわ」「ふっくら」などの<ふ>を加え、11語あります。
一方、音で感じる擬音語でトップ20に入ったのは、6位「サクサク」、16位「サクッと」、19位「カリッと」。<サク><カリ>系の3語です。

食感を表す言葉には、オノマトペ以外では、<コシ><口><歯><噛む>などの体の部位や動作に関わる言葉があります。その中で、<コシ>を使った表現「コシのある」が、2018年の19位をボトムに2022年は10位と大きくアップしています。
「口どけのよい」「口当たりのよい」の<口>に関わる言葉がトップ20を維持しています。<歯><噛む>に関わる「歯ざわりがよい」「噛みごたえがある」などは40位前後と低い順位になります。


◆情報系のランキング
「贅沢な」「本格的」「プレミアム」の”品挌”系がアップ
「具だくさん」がアップ
「揚げたて」「炊きたて」はダウン


素材・製法・流儀などの言葉が"情報系"。情報系の1位は「贅沢な」、2位は「焼きたて」、3位は「本格的」です。

情報系の1位「贅沢な」は、大きく順位アップしてきました。8年前の2014年は18位、4年前は4位になり、2年前の2020年には1位、今年は2位の「焼きたて」との差を広げて1位です。

ここ4年間で、大きく順位アップしたのは、3位「本格的」と5位「プレミアム」です。
また、12位「具だくさん」もアップしています。

4年前の2018年、情報系1位は「揚げたて」でした。だが、今年は6位に順位ダウンです。
同じ"調理したて"の「炊きたて」もダウン傾向、今年10位です。
そのなかで、「焼きたて」だけは2位を維持しています。

季節に関する「季節限定」は、2014年は1位でしたが、大きく順位ダウンし、今年は11位です。食材などの鮮度を表す「新鮮な」もダウンしています。
鮮度とは逆の価値を表す「完熟の」「熟成した」は、順位に大きな変化はなく、13位14位です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上は、2022年のシズルワード、味覚系、食感系、情報系の順位ランキングで見た動向です。

詳しくは、こちらで見ることができます。

『おいしいを感じる言葉』Sizzle Word 2022
http://www.bmft.co.jp/publication/reports/sizzleword2022/


調査概要は次のようになります。

【調査の方法】
・調査方法   インターネット調査
・対象者    15-69歳の一般男女
・サンプル数  1800人
・調査期間   2022年5月13日~19日
・調査地域   全国


(株)BMFTでは、2022年6月28日に調査報告書の販売を開始しました。

詳細や疑問は、下記問い合わせ先までお願いします。

【問い合せ先】

担当 光岡(ミツオカ) info@bmft.co.jp
株式会社BMFT
http://www.bmft.co.jp/
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-4-7-101
Phone 03-6447-1271/Mobile 080-6638-0234


※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社BMFT(カブシキカイシャ ビーエムエフティ)
代表者
小塚真澄(コヅカマスミ)
所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-4-7 グリーンパーク原宿101
TEL
03-6447-1271
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.bmft.co.jp/

株式会社BMFTの最新プレスリリース

2022年11月25日 16:00
フルーツ野菜系は「シャインマスカット」が急アップ、「桃」「みかん」がダウン。洋風系は「バニラ」がトップ、「キャラメル」「モッツァレラチーズ」が順位アップ。和エスニック系は「はちみつ」から「カレー」に。
2022年07月19日 16:00
【新刊書】環境・生態系と情報・デジタル系のコモンズ。21世紀のCOMMONSの見取り図ができました。『コモンズ思考をマッピングするーポスト資本主義的ガバナンスへー』山本眞人著が、8月6日に発売です。
2022年06月29日 11:00
シズルワードの2022年ランキング、味覚系は「こくうま」「極うま」「コク深い」の複合造語がアップ。食感系は「ジューシーな」「もちもち」、情報系は「贅沢な」「焼きたて」「本格的」ランキング1、2位に。
2022年02月25日 12:00
変化する食生活での健康意識、 食品では「チーズ」「バナナ」「鶏肉」、 成分・素材では「タンパク質」「ビタミンD」「GABA」「オメガ3」、期待効果では〈免疫力〉〈認知力〉〈筋力〉 が大きくアップ。
2021年10月08日 14:00
フレーバー・テイストの意向、1位は「桃」、次いで「いちご」、「白桃」、「バニラ」、「生クリーム」の順。ここ3年、順位が急上昇の「シャインマスカット」。ダウン傾向の「チョコクリーム」「ココア」。

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.