2022年09月15日 12:30

「眼科薬」関連技術 特許総合力トップ3はロート製薬、参天製薬、千寿製薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社パテント・リザルトは9月15日、2022年8月26日までに日本の特許庁で公開された「眼科薬:関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。

目薬をはじめとする眼科薬は、パソコン・スマートフォンの長時間使用による眼精疲労の緩和、高齢に伴う白内障の治療など、老若男女問わず幅広く用いられています。今調査では日本の特許庁で公開されている「眼科薬技術」全般について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。

集計をした結果、「総合力ランキング」は、1位 ロート製薬、2位 参天製薬、3位 千寿製薬となりました。


1位 ロート製薬の注目度の高い特許には、「角膜表面やコンタクトレンズ表面の濡れを改善することで濡れを持続させるとともに、コンタクトレンズの使用感を向上させる粘膜適用組成物」や「ソフトコンタクトレンズ装用中においても、十分な清涼感を付与できる眼科用清涼組成物」などが挙げられます。

2位 参天製薬の注目度の高い特許には、「眼組織への移行性を向上する、有効成分としてエピナスチン又はその塩を含有する水性組成物」や「点眼回数の低減をもたらすことに加え、ソフトコンタクトレンズを装用したままでの点眼を可能とするアレルギー性結膜炎治療用の点眼剤」などが挙げられます。

3位 千寿製薬は「ブリモニジン及び/又はその塩を含む水性液剤」や「製剤中のジブチルヒドロキシトルエン含有量の低下を抑制し、その安定性を向上させる技術」などが注目度の高い特許として挙げられます。

4位 NOVARTISは「特に腫瘍疾患および白血病のような増殖性疾患の処置に使用するのに適する有機化合物」などが、5位 ABBVIEは「抗体及び宿主細胞タンパク質(HCP)を含む混合物から、HCPが減少した抗体調製物を作製するための方法」などが注目度の高い特許として挙げられます。

6位以下には興和PFIZERなどの企業がランクインしています。

本分析の詳細については、特許・技術調査レポート「眼科薬 関連技術」にてご覧いただけます。

■価格:100,000円~(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2022/09/eyedrop.html

■特許・技術調査レポートについて
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

■特許分析セミナー情報
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

■会社概要
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

添付資料

会社概要

商号
代表者
白山 隆(シラヤマ タカシ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
TEL
03-5802-6580
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.patentresult.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.