2022年11月28日 10:00

システムインテグレータ、中小企業向け国産統合型クラウドERP「GRANDIT miraimil」を販売開始 ~幅広い業種にクラウドERPを安価・短期間で導入~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社システムインテグレータ(本社:さいたま市中央区、代表取締役社長 CEO:引屋敷智、東京証券取引所 スタンダード市場 証券コード3826、以下「当社」)は、GRANDIT株式会社(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:石倉 努、以下「GRANDIT社」)が開発・提供する中小企業向けクラウドERP「GRANDIT miraimil(グランディット ミライミル)」の販売パートナー契約を締結し、11月28日(月)より販売開始したことをお知らせします。
■GRANDIT miraimilについて
GRANDIT miraimilはGRANDIT社が提供するクラウドERPです。10種類の基幹業務機能から必要な機能を組み合わせ、お客様のニーズに合わせて必要な業務を統合利用することができます。
これまでのERPパッケージは高額であったため、中小企業を中心とした多くの企業は、やむを得ず業務ごとバラバラにシステム化した結果思うように生産性が上がらない、そもそもシステム化ができずに非効率な業務を続けている、といった課題を抱えています。

GRANDIT miraimilは『便利×手軽』に利用できる統合型クラウドERPですので、お客様は用意された専用システムを使うだけで、安価に短期間でERPでの業務統合を実現することができます。
当社はGRANDITのプライムパートナーとして、業種特化型のGRANDIT専用モジュールや開発ツールをリリースしこれまで100社以上のお客様にGRANDITを導入してきました。
安価で短期間で導入可能なGRANDIT miraimilと、当社の基幹業務への知見・GRANDITの導入ノウハウを活かし、これまでERP導入を諦めていたたくさんのお客様の業務効率化・生産性向上に取り組んでまいります。

HP:https://products.sint.co.jp/miraimil

■GRANDIT miraimilの特徴
GRANDIT miraimilは豊富な基幹業務機能だけでなく、商社・卸売業・IT・情報サービス業に特化した専門機能もご提供しています。

1. 商社・卸売業向け
・出合取引機能
倉庫を経由しない出合取引にも対応できるように受注と発注を同時に入力できる操作画面

・個別在庫管理

同じ商品でも時期や仕入先により仕入金額や諸掛が異なる場合、在庫をロット単位で個別に管理

・得意先別単価管理

得意先別商品別の単価設定、数量に応じた単価設定(ボリュームディスカウント)

・商品セグメント別の予実管理

商品セグメント(分類)別に月別の売上/粗利の予実管理

2. サービス業向け
・期間契約業務における継続取引管理
期間契約サービスなどで発生する定期的な計上を自動化し売上・請求業務負荷を軽減

・物販・役務販売のパラメータ制御

商品マスタで役務を物品同様に登録・管理し在庫管理品同様のオペレーションで伝票処理

・台帳管理の電子化・一元化

案件単位で売上と仕入を紐付けて電子的に管理し計上ミスを防止

3. 情報サービス業向け
・プロジェクト別採算管理
プロジェクト別工数実績から労務費を自動集計し、計画値との差異をリアルタイムに把握。仕入、外注費、経費をプロジェクト別に管理し採算管理を効率化

・進捗売上の管理

原価の進捗率に応じた売上/仕入を自動計上

■料金プラン
利用業務:基幹Suiteモジュール(販売・調達・債権・債務・経理)
利用者数:~10名
月額利用料:450,000円~(税抜)
※利用する業務、利用者数に応じて月額利用料が変動

■GRANDIT miraimilご提供の背景
当社は2004年7月にリリースしたGRANDIT初期版の企画・開発から参画しており、プライムパートナーの一員としてこれまで中堅企業のお客様を中心に、多くの導入実績を積み重ねてきました。GRANDITのライセンス数最多販売パートナー『Prime Partner of The Year』を6度受賞しています。
デジタルトランスフォーメーション全盛の現在、加速するビジネス環境変化への対応を見据えて、中堅企業においても「拡張性」や「業務標準化」・「データ活用」を早期に実現可能なクラウドERPへのシフトが進んでいます。
また、ERP未導入の中小企業においても、今後のデジタル化・DX実現の情報基盤となるクラウドERPの選択肢がますます注目を浴びています。

当社では今回のGRANDIT miraimilの取り扱いにより、これまでのGRANDIT導入実績で培ってきた業種特有の導入ノウハウや、「Fit to Standard」を実現するERP適合ノウハウを活かして、クラウドERP であるGRANDIT miraimilを中堅・中小企業のお客様にご提供します。導入コストや導入負荷の高さなどの理由からERPの導入を敬遠されてきた中小企業のお客様に対しても、「早く」「安く」「Fitした」システム基盤の提供と業務効率・生産性向上をご提供していきます。

■GRANDITについて
「GRANDIT」は、コンソーシアム方式により業界を代表するSI企業のノウハウを集大成した完全統合型Web-ERPで、経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費の計10モジュールにより構成されています。ワークフロー、BI(ビジネスインテリジェンス)、Web-EDI(電子商取引)などの拡張機能を標準搭載し、内部統制対応や、多言語・多通貨機能、マルチカンパニー、組織変更への柔軟な対応など、企業活動に必要な機能を豊富に盛り込んだ製品となっています。これら標準モジュールに加えて業種に特化した高機能な専用のアドオンモジュールを適用することで製造業、工事業、商社・卸売業や情報サービス業など、様々な業種業界に適用範囲を拡張できます。これまで1,369社6,367モジュール以上の導入実績を上げており、日本を代表する ERP製品として急成長しています。

■株式会社システムインテグレータについて
会社名:株式会社システムインテグレータ
証券コード:3826 (東証スタンダード)
所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 ランド・アクシス・タワー32階
設立:1995年3月
代表者:代表取締役社長 CEO 引屋敷 智
資本金:3億6,771万円
URL:https://www.sint.co.jp/
事業内容:
・ パッケージ・ソフトウェアおよびクラウドサービス(SaaS)の企画開発・販売、コンサルティング(ECソフト、ERP、開発支援ツール、プロジェクト管理ツール、プログラミングスキル判定サービスなど)
・ AIを使った製品・サービスの企画開発および販売、AI関連のソリューションの提供・支援およびコンサルティング

■GRANDIT株式会社について
会社名:GRANDIT株式会社
所在地:東京都港区赤坂9丁目7番2号 東京ミッドタウンイースト10階
設立:2003年10月1日
代表者:代表取締役社長 石倉 努
資本金:9,500万円
URL:https://www.grandit.jp/company/profile.html
事業内容:
情報通信総合サービス業
・情報通信システムに関するソフトウェアおよびハードウェアの販売
・情報通信システムの管理運営に関する業務
・情報通信システムの企画、設計および構築、導入に関するコンサルティング、教育訓練業務
・ソフトウェア業
・情報処理サービス業ならびに情報提供サービス
・情報通信システムに係る機器および装置類の販売、レンタルおよびリース
・その他上記に付帯する一切の事業

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社システムインテグレータ
ERP事業部:興津
TEL:03-3780-6912
Email:grandit@sint.co.jp

【コーポレートに関するお問い合わせ先】
株式会社システムインテグレータ
広報担当:佐藤
TEL:03-3780-6912
E-mail:pr@sint.co.jp

※本広報資料の転送・引用は、ご自由にご利用ください。
※記載されている商品名は、各社の商標または登録商標です。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社 システムインテグレータ(カブシキガイシャ システムインテグレータ)
代表者
引屋敷 智(ヒキヤシキ サトシ)
所在地
〒330-6032
埼玉県さいたま市中央区新都心11番地2 ランド・アクシス・タワー(明治安田生命さいたま新都心ビル)32階
TEL
048-600-3880
業種
ソフトウエア
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.sint.co.jp/
IR情報
http://www.sint.co.jp/ir/index.html
公式ブログ
http://mind.sint.co.jp/
  • 公式twitter

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.