2017年06月13日 09:00

人手不足克服へオープンイノベーションを推進する企業募集~生産性向上で人手不足克服・企業の収益アップに貢献~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社イレブンラボが行っている「活きい木育て若者プロジェクト」(神奈川県川崎市、代表:加藤寛)は、住宅・建築分野において人手不足など経営課題を抱える企業の皆様との連携を目指す「生産性向上オープンイノベーション」(以下、本プログラム)を実施します。 2017年6月13日(火)より、本プログラムを希望する企業の募集を開始します。

本プログラムは、企業の事業の生産性を高め労働力を節約することで人手不足を克服し、企業の持続的な成長につなげることを目的としたものです。
人手不足が深刻な状況にある企業から連携の募集を行い、プロジェクトが持つ生産性を高め、労働力を節約し、収益を高めるリソースと企業の事業を掛け合わせイノベーションを起こし、人手不足を克服することが可能となります。

本プログラムの概要
募集期間:6月13日(火)~7月10日(月)
住宅・建築関連分野の企業であれば応募可能です。

深刻な人手不足への対応が求められる中で、企業は自社の経営資源のみだけでは、労働力不足を解消する具体策はなく、解消する見込みがないのが現状ではないでしょうか、また、将来に目を向けると、多くの人手に頼る事業を維持し続けることは厳しい局面に入りつつあります。そのため、深刻になるばかりの人手不足にどう対応するのかをよくよく考え、足りない技術は何かを見定めて、自社に欠けている技術を外部から取り入れるにはオープンイノベーションが欠かせません。

活きい木育て若者プロジェクトが企業に提供するリソース(生産性・効率化向上の一部) 
「投入労務量を減らしたい」「工期を短縮したい」「粗利率を上げたい」などのテーマを企業が設定し応募      
住宅・建築業界で唯一、人手を減らし、コストを減し、生産性を高め、収益の最大化を図る技術
戸建住宅工事の投入労務量 =従来施工の半分以下の人数で済む合理化技術
注文住宅工事期間 =3分の1に工期短縮(基礎着工から完成まで35日~45日間)する技術
住宅事業の粗利率 =40%~を実現する経営マネジメント技術
※人手不足克服へ向け、より一層の生産性の向上と効率化のためのIT化 をおし進めていきます。
上記につきましては、今までの業界の常識では実現できないような数字ですが、これはプロジェクトメンバーである開発企業が実証済みで、すでに確立されていますが一般には認識されていないだけです。
本プログラムの実施の背景
・急速な人口減少を背景に、あらゆる業種で人手不足が深刻です。
・労働人口の減少に伴う人手不足、5年、10年後を考えると現状を放置できない状況にあります。
・産業の将来を支えるべき若年労働力の不足が一層深刻な状況にあります。
・人手不足は、単に労働力が減るだけでなく、社会や産業にも大きな影響を与えることにもなります。
・人口減少に直面する日本は、労働力節約イノベーションによる生産性向上で労働力不足を補わなければならない状況にあり、企業は働き手が減り続ける時代に合わせて、より少ない労働力で生産性を高め労働力を節約する効率経営に転換することが求められています。


応募に関するお問い合わせ先
活きい木育て若者プロジェクト http://www.ikiiki-wakamono.jp
Tel 042-677-7436 Mail info@ikiiki-wakamono.jp
担当者 嶋田 携帯 070-5593-5724
〒192-0363 東京都八王子市別所 2-22-2
  • 住宅、建築、不動産

会社概要

商号
株式会社イレブンラボ(カブシキガイシャイレブンラボ)
代表者
加藤 寛(カトウ ヒロシ)
所在地
〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2-905-3 フォーシーズン新丸子4階
TEL
044-948-9833
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
会社HP
https://www.eleven-lab.co.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.