TPCマーケティングリサーチ株式会社

会社概要

TPCマーケティングリサーチ株式会社
商号
TPCマーケティングリサーチ株式会社(ティーピーシーマーケティングリサーチカブシキガイシャ)
代表者
川原 喜治(カワハラ ヨシハル)
所在地
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
TEL
06-6538-5358
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://tpc-cop.co.jp/
  • 公式facebook

TPCマーケティングリサーチ株式会社が過去に配信したプレスリリース

2016年度のパティスリー市場は、3,616億円となった。同市場は、コンビニや通販等の競合チャネルにスイーツの需要を奪われ、縮小傾向にある。これを受けて各社では、商品開発、生産、販売の各段階で高付加価値を追求するなど、競合チャネルとの差別化を推進する動きが顕著となっている。当資料では、パティスリー市場を種類別、地域別、立地別、企業別に分析しているほか、原材料仕入先についても明らかにしている。

中国の医療用医薬品市場は、癌や糖尿病など慢性疾患の増加に伴う需要の拡大により、世界第2位の規模となっている。加えて、同国では医薬品に対する規制緩和の動きが進んでおり、今後も市場の成長が見込まれることから、日・米・欧の製薬企業は、中国事業への投資を加速させている。当資料では、日本企業10社と欧米企業10社を対象に、各社の中国事業の推進体制、人員体制、製品展開、売上高、開発状況等を調査している。

2016年度の抗癌剤市場は、日・米・欧3極で前年度比4.4%増(円ベース)のおよそ8兆3,091億円となった。同市場では近年、新しい作用機序を持った分子標的薬の上市が相次いでいることから、今後更なる成長が期待できる。当資料は、抗癌剤の市場動向および開発動向を日・米・欧3極を中心に分析しているほか、主要参入各社の製品展開、開発状況、販売高についても調査し、各社の成長戦略をレポートしている。

今回、カフェチェーン店でラテ系コーヒーを飲んだことがある20代~60代を対象に、カフェの利用実態とコーヒーの受容性について調査を実施。その結果、“味覚面”が高く評価されており、特に“おいしさ”が大きな飲用理由であることがわかった。また、「香ばしい香り」や「マイルドな酸味」といった味わいのほか、生乳や生クリームが入ったミルクを使用したもの、高級なコーヒー豆を使用したものの需要が高かった。

2016年度の主要11ヶ国における健康食品市場は、前年度比6.1%増の8兆5,786億円となった。同市場は、東南アジアを中心とする新興国や中国で、急速な経済成長や食生活の変化による健康意識の高まりに伴い、健康食品の需要が向上している。このため、日本の健康食品企業は新しい市場を求め、海外進出の動きを活発化させている。当資料では、日本の健康食品企業における海外事業展開の戦略を明らかにしている。

今回、10~60代の男女を対象に、ホットドリンクの飲用実態とニーズについて調査を実施。その結果、今冬ホットドリンクを飲んだ人は、前年より増加したことがわかった。特に、コーヒー類で「カフェオレ」など“砂糖・ミルク入りの甘いもの”のニーズが急増しており、今後の利用意向も高かった。しかし、週1回以上利用する「ヘビーユーザー」は減少しており、今後は「ヘビーユーザー」の育成・定着化が課題であるといえる。

2016年度のスキンケア市場は、前年度比2.4%増の1兆799億円となった。各社は、インバウンド需要の落ち着きを背景に、国内顧客へのアプローチを強化している。また、近年は“シワ改善”や“肌の土台づくり”に着目した商品が増加しており、今後は“アンチポリューション”を謳う商品も増える見通し。当資料は、スキンケアアイテム7種の商品分析、チャネル別・ブランド別・注目カテゴリー別売上高等を分析している。

近年、国内医療用医薬品市場における参入各社の多くは、重点領域を絞り経営資源を投入するなど、自社開発力の向上に注力している。また、同業他社に留まらず、ベンチャー企業や大学などの産学とも連携し、開発パイプラインの充実とR&D効率の向上も図っている。当資料では、国内専業企業、国内兼業企業、外資系企業の28社を対象に、大型製品のパテントクリフや後発品の台頭に対応する各社のR&D戦略をレポートしている。

近年の清涼飲料市場は、既存ブランド強化のためのフレーバー・容量の拡充や、利益率が高いブランドの拡販に注力する動きが目立っている。その中で、各社は独自性を持った高付加価値品の展開を進めている。特に近年は、消費者の健康意識の高まりを受け、機能性を重視した商品展開が活発化している。当資料では、9カテゴリーの飲料を抽出し、商品展開や市場規模、参入各社の取り組みなどを、多角的な視点から分析している。

国内の化粧品市場における主要各社は、販売拠点の拡大や買収による販路の拡大、生産拠点を現地化するなど海外展開を加速させている。特に、日本品質への需要の高まりから、『Made in Japan』によるブランド力の強化や、デジタルへの取り組みが活発化している。当資料は、化粧品企業が展開している海外事業への参入経緯や組織体制、拠点、事業方針などを分析し、グローバル展開の戦略を明らかにしたものである。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.