2011年03月16日 09:00

FTRは大規模レーザー計測データを活用して全自動配管CAD化ソフトウェアの開発に成功した!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社富士テクニカルリサーチ(神奈川県横浜市 代表取締役社長 名取孝)は、プラント・工場設備の3次元レーザー計測データを活用して全自動配管CADモデリング及びその並列処理による高速化に成功した。

この度の東日本大震災におきまして、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

株式会社富士テクニカルリサーチ(以下FTR)はプラント設備における3次元レーザー計測データ(以下、点群データ)からのCADモデリングの全自動化に成功した。兼ねてからFTRで開発を行ってきた3次元レーザー計測データ処理ソフトウェア「Galaxy-Eye」では、これまで配管点群データの認識、配管CAD同士の結合等はユーザーの操作により行われてきた。しかし今回の全自動化機能の開発により、ユーザーはワンクリックでこれらの操作を完了することが可能になった。
さらに、この機能の計算にCPU並列処理を用いることで大規模計測データの全自動高速配管CADモデリングを実現した。現在では、15億点100モジュールのプラント計測データを10時間でCADモデリングすることに成功しており、これは従来の同規模のCADモデリングにかかる工数のわずか10%である。
これらの機能はハードウェア(ワークステーション12CPU)とソフトウェア(Galaxy-Eye:AUTOMATIC CAD MODELING版)のセットとして今年夏に販売予定である。
尚、アメリカで開催されるSPAR International 2011(3月21日~24日)にて、日本ではSPAR 2011J(5月17日~18日、於 川崎市産業振興会館)にて本機能の発表展示を行う。
SPAR International 2011: http://www.sparconference.com/11/public/enter.aspx
SPAR 2011J: http://www.sparj.com/

□■□■□■□■□■□■□本プレスリリースの問い合わせ先□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

株式会社富士テクニカルリサーチ(Fuji Technical Research Inc.)
技術企画開発室  高橋(Takahashi)・神戸(Kanbe)
Tel:045-650-6650/Fax:045-650-6653
E-Mail:galaxy@ftr.co.jp
URL:http://www.ftr.co.jp/n/products/products_galaxyeye_auto_fr.html
〒220-6215
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5クイーンズタワーC棟15階
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社富士テクニカルリサーチ(カブシキガイシャフジテクニカルリサーチ)
代表者
名取 孝(ナトリ タカシ)
所在地
〒220-6215
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC15F
TEL
045-650-6650
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.ftr.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.