2017年12月01日 17:00

ゾーホージャパン、クラウドサービス群Zohoシリーズの会員制ユーザーコミュニティ『ZOHO CREW』を設立            

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Zohoユーザー同士で学び合える場が欲しい」といった声に応える会員制ユーザー専用コミュニティ

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:神奈川県横浜市
http://www.zoho.co.jp > 以下、ゾーホージャパン)は、全世界で
ユーザー数3,000万人を越え、35種類以上の業務アプリケーションを
提供するクラウドサービス群「Zoho」シリーズの、日本国内ユーザー向け
会員制度、及びユーザーコミュニティ『ZOHO CREW(ゾーホークルー)』を
12月1日に設立しましたのでお知らせします。

なお、第一回の会員向けオフラインイベント「ZOHO SHIP」を12月5日に
東京・浅草橋で開催します。
詳細:< https://www.zoho.com/jp/seminar/zohoship/

・「ZOHO CREW」ロゴ
http://www.actioinc.jp/uploader/src/file524.jpg

「ZOHO CREW」は、従来より多くのユーザーから寄せられていた、
「Zohoユーザー同士で学び合えるユーザー会を設立して欲しい」、
「知り合いやクライアントにもZohoサービスを紹介し、日本国内で
Zohoサービスをもっと拡めたい」といった声に応えるため、会員制の
ユーザーコミュニティとして、このたび設立されました。

設立の背景として、これまでゾーホージャパンは、主力サービスである
「Zoho CRM」を中心に、個々のZohoサービスを個別の料金体系にて
販売してきましたが、2017年7月26日にリリースされた統合スイート
「Zoho One」では、1ユーザーあたり1日1ドル(※)という、驚異的な
料金で35種類以上のすべてのZoho サービスを利用可能としました。
これによりユーザーは、 Zoho One の多岐にわたるサービスの利用が
可能となり、各サービスの組み合わせによりさらに効果的な活用が可能となる
一方、マニュアルやヘルプなどの一方的な情報提供のみでは、様々な
ビジネス要件を持つユーザーにとって最適な使い方を見出すことが
困難となることが予想されます。
(※)Zoho One は全社員数分のユーザーサブスクリプションを購入する必要があります。

ZOHO CREW では、ユーザー同士が情報を発信し、共有し、学び合える場を
設けること、また、知り合いや自社のクライアントにZohoサービスを
紹介する際に、より有益な情報を得られる場を設けることで、Zohoサービスを
正しく活用し、活用事例も学べ、ZOHO CREW 会員メンバーのビジネス発展にも
つながる場にしていくことを企図しています。

■ZOHO CREWの趣旨
<趣旨>
・ゾーホージャパンとユーザー/ユーザー同士の交流やノウハウの共有・情報発信の場の提供
・「Zoho」シリーズの有識者として知り合いやクライアントにも紹介できるようにする

ZOHO CREW 会員に対して、以下のサービスを提供いたします。
<認定者への提供サービス>
・オフライン開催のCREW向け月例イベント「ZOHO SHIP」の参加資格
・ZOHO CREW 専用のオンラインフォーラムへの参加資格
・一般ユーザー向けの発表会「ZOHOLICSミニ」での登壇機会
・認定シールやポロシャツの購入
・他企業へのライセンスのスポット販売(別途個別条件あり)

■ZOHO CREWの会員認定資格
ZOHO CREW に認定されるためには、以下の条件を満たすことが必要です。
・ZOHOサービスが好きであること
・ZOHOサービスのうち、少なくても1サービスにおいて、有償登録ユーザーであること
■説明会の様子
2017年11月1日に開催されたZOHO CREW説明会の様子
http://www.actioinc.jp/uploader/src/file525.jpg

■ZOHO CREWへの認定申込方法
認定条件に以下のリンク先のフォームからお申込みいただけます。
URL:< https://goo.gl/DFE5jc

オフラインで開催するCREW向け定例会「ZOHO SHIP」の開催予定は、
2017年12月5日(火)を予定しています。まずはご見学を希望される方は、
以下よりお申込みが可能です。
URL:< https://www.zoho.com/jp/seminar/zohoship/

■ゾーホージャパン株式会社について URL:< http://www.zoho.co.jp
ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開する
Zoho Corporation Pvt Ltdが開発/製造したネットワーク管理開発ツールや
企業向けIT運用管理ツール、企業向けクラウドサービスを日本市場に提供すると
同時に関連するサポート、コンサルティングなども提供しています。
ネットワーク管理開発ツール「WebNMS」は、シスコシステムズ、エリクソン、
アルカテル・ルーセント、モトローラなど世界25千社の有力企業で採用され、
ネットワーク管理のOEM市場でデファクト・スタンダードとして認知されています。
また、WebNMSのノウハウや経験を生かして開発された企業向けIT運用管理ツール群
「ManageEngine」は、世界12万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を
伸ばしています。その他、業務改善/生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群
「Zoho」は、世界で3000万人を超えるユーザーに利用されています。

-----------------------------------------------------------------------------

「:)ITクラフトマンシップ(^▽^)/ 」 について:

ソフトウェアは単なる工業製品ではなく、「クラフト」です。 ゾーホージャパンは、
インドで創り上げた「クラフト」をおもてなしのこころで洗練します。
この限りない洗練を楽しみ、信念、情熱をもってIT の世界で追求していくこと。
それが「IT クラフトマンシップ」です。 常識にとらわれず、多様な人財がもつ
スパイス(個性)をかけ合わせることで、ITクラフトマンシップを発揮できる組織を
つくります。そして、笑顔あふれる社会 の創出に貢献します。

ゾーホージャパンは、お客様がクラフトを使いこなせるようにITクラフトマンシップで
実現します。 人と人とのつながりを大切にし、安心して使いこなしていただけるよう、
お客様の成長を支援します。

・ゾーホージャパン「ZOHO Style」サイト:
「シングルマザーが前例のない子連れ海外出張へ。大切なのは、常識よりも社員の意志」
https://goo.gl/QYsSZx
・ITクラフトマンシップロゴ
http://www.actioinc.jp/uploader/src/file300.jpg

本資料に掲載されている製品、会社などの固有名詞は各社の商号、商標または
登録商標です。(R)マーク、(TM)マークは省略しています。
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
ゾーホージャパン株式会社(ゾーホージャパンカブシキガイシャ)
代表者
迫 洋一郎(サコ ヨウイチロウ)
所在地
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目6番1号  みなとみらいセンタービル13階
TEL
045-319-4614
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
http://www.zoho.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.