2018年03月22日 11:00

MapR、Kubernetesへの対応を強化、クラウドを横断したステートフルなアプリケーションの導入が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業界初で唯一のコンバージド・データ・プラットフォームを提供するMapR Technologiesは本日、Strata Data Conferenceにおいて、「MapR Converged Data Platform」に高度なコンテナ統合機能の強化をしたことを発表しました。

※本リリースは、MapR Technologies , Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下MapR)が2018年3月6日に発表したプレスリリースの抄訳です。

業界初で唯一のコンバージド・データ・プラットフォームを提供するMapR Technologiesは本日、Strata Data Conferenceにおいて、「MapR Converged Data Platform」に高度なコンテナ統合機能の強化をしたことを発表しました。これは、コンテナ向けの永続的なストレージサービスや、コンテナ上のステートフルなアプリケーションの導入を可能にするものです。「MapR Data Fabric for Kubernetes」は、簡単かつ完全なデータアクセスをクラウド内はもちろんのこと、複数のクラウドを横断しても、オンプレミス環境からでも可能にすることで、コンテナ使用の限界に対処します。これにより、実稼働ユースケース、機械学習パイプライン、マルチテナントユースケースなどのステートフルなアプリケーションをコンテナ型として容易に導入することが可能になります。


MapR Data Fabricには、ネイティブに統合されたKubernetesボリュームのドライバが含まれ、オンプレミス、クラウド、エッジにかかわらず、データベース、ファイル、ストリーミングなどあらゆるデータに永続的にアクセスできるストレージボリュームが提供されます。また、Kubernetesに対応したことで、MapRクラスタ内外にあるマルチテナントのコンテナ型および非コンテナ型アプリケーションのスケジュール化されたオートメーションも可能になります。


SiliconANGLE (Wikibon)の主任アナリストであるJames Kobielus氏は、次のように述べています。

「ステートフルでデータ主導型のアプリケーションをクラウドで効果的に運用するには、ステートフルな状態を永続し、コンテナ化されたマイクロサービスにとって安全で堅牢な、洗練された手段が必要です。これまでのコンテナ技術は、データのポータビリティに対処していなかったことが課題でした。理想を言えば、すでに開発者は、あらゆる規模の永続的なデータボリュームに直接アクセスできるコンテナ型アプリケーションを構築しているべきです。同様に、データアーキテクトや運用者は、コンテナを移動させるプラットフォームがなんであろうとも、同じデータをコンテナ型アプリケーションで常に使用できるような環境を確保しているべきです。MapRは、Kubernetesに対応し、ビッグデータのクラスタで実行できるステートフルコンテナという難題を見事に克服しています。」

企業は、「MapR Data Fabric for Kubernetes」を活用することで、まるでローカルにあるデータへのような高性能アクセスを実現し、グローバルで柔軟なデータファブリックが可能になります。また、セキュリティの保護、コンテナの高可用性、スナップショット、ミラーリング、障害復旧などにも多くのメリットをもたらします。

MapR Technologiesの最高プロダクト責任者であるAnil Gadreは、次のように述べています。

「MapRは、次世代アプリケーションの導入に柔軟性、適応性、容易さをもたらし、自社のデータやビジネスニーズに伴ったプラットフォームを拡大させる方法、場所、そして是非に伴う懸念を取り除きます。異種環境にまで及ぶデータファブリックの構築を可能にすることで、MapRは、あらゆるデータを取得、保存、処理、分析する環境を提供しお客様に優位性をもたらしています。MapR Data FabricがKubernetesに対応したことは、企業がデータの価値を生かしつつ、コンテナ型アプリケーションの導入を加速させるための必然的な進歩であり、これはゲームを変える革新的なものになると言えます。」

新しい機能拡張により、データファブリックにもたらされる包括的なクラウド対応機能は以下の通りです。

・ アベイラビリティゾーン全体にわたってデータの同期化と整合化により、高い可用性要件を満たすクラウドでの差別化されたデータサービス
・ コスト、パフォーマンス、コンプライアンス要件を満たすアプリケーション処理を最適化し、クラウド間での爆発的なデータの増加に対応
・ データアクセスは、NFS、S3、HDFS、ODBCに対応
・ オンプレミス環境からプライベートクラウド、パブリッククラウドまで、容易な立ち上げをサポート

MapR Data Fabric for Kubernetesについての詳細は以下をご参照ください。
https://mapr.com/solutions/data-fabric/kubernetes/


■マップアール・テクノロジーズについて
MapR Technologiesは、すべてのクラウドのすべてのデータに対して1つのプラットフォームを提供するパイオニアであり、企業はMapR Converged Data Platformを使用してすべてのデータを活用することが可能になります。企業は、データが発生すると分析およびアプリケーションを一緒に実行し、競合製品を上回るインテリジェントな次世代アプリケーションを作成できます。グローバル2000企業がもっとも複雑なデータの課題を解決するためにMapRプラットフォームを利用しています。Amazon、Cisco、Google、Microsoft、SAPやその他のトップ企業がMapRのグローバルなパートナーエコシステムに参加しています。詳細はこちらをご覧ください。
http://www.mapr.com/
https://community.mapr.jp/

MapRは、米国およびその他の国におけるMapR Technologies、Inc.の登録商標です。他の名前およびブランドは、他者の財産である場合があります。

# # #

ホームページ:http://www.mapr.com/
Facebook:https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter:https://twitter.com/mapr_japan
Hadoop総合サイト:http://www.hadoop-times.com/

■お客様からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-6386-0920  E-mail: sales-jp@mapr.com



  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
マップアール・テクノロジーズ株式会社(マップアール・テクノロジーズカブシキガイシャ)
代表者
平林 良昭(ヒラバヤシ ヨシアキ)
所在地
〒100-6510
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル10階 EGG Japan
TEL
03-6386-0920
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.hadoop-times.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.