2019年02月22日 11:00

MapR が、Kubernetes、Kafka、MapR Document Databaseを強化し、迅速なAIアプリケーション開発環境をサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※本リリースは、MapR Technologies , Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、以下 MapR)が 2019 年 2 月 6 日に発表したプレスリリースの抄訳です。


米国カリフォルニア州サンタクララ - 2019年2月6日 - AIとアナリティクスのための次世代データプラットフォームを提供するMapRは本日、MapR Ecosystem Pack(MEP)6.1の提供開始を発表しました。これによりデータにアクセスし、パワフルなAI/機械学習、リアルタイム分析、ステートフルなコンテナ型アプリケーションを構築する開発者やデータサイエンティストに柔軟な環境を提供することが可能となります。


MEP 6.1では、以下の新しい機能を備えた幅広いアプリケーションとツールを提供することにより、データ活用の促進をさらに強化します。

● kubernetesのコンテナ・ストレージ・インターフェイス (CSI) の実装
Kubernetesで管理するコンテナで運用されるコンピュータに対し、永続ストレージを提供します。これによりKubernetes+ストレージのデプロイメントが可能となります。この対応は、KbernetesのFlexボリュームベースのボリュームプラグインとは異なり、kubernetesリリースに依存しないストレージ管理が可能です。ストレージ・インターフェイスがKubernetesの重要なコンポーネントから完全に切り離されるために、安定性が向上し、管理面においてもコンテナ・ストレージ・インターフェイス (CSI)はKubernetesノードへのアクセス権限を必要としないため、権限の分離が可能となります。コンテナ・ストレージ・インターフェイス (CSI) の実装により、Kubernetesやその他のMesosやDocker Swarmといったコンテナ・オーケストレーション (CO) ツールの提供する永続データ層の使用が可能となります。


● MapR Event Store for Apache Kafka
Kafka Schema Registryで、ストリームデータの構造を定義して保存できるため、データコンシューマによるデータプロデューサーへの理解が深まります。このレジストリにより、スキーマの変更に対しても一元管理と互換性のチェックが可能となります。


● MapR Database
Go、C#向け新しい言語バインディングにより、開発者は、MapR Document Databaseで選択した言語で、より幅広く新しいアプリケーションのセットでの構築が可能となります。Java、Python、Node.jsなどの言語に加え、GoやC#もサポートします。新しい言語バインディングにより、MapR Databaseでの開発者の生産性が向上、gRPCベースのシンクライアント・アーキテクチャと、一切依存関係のない完全なネイティブ言語バインディングが構築されます。


● Apache Drill 1.15
次世代のpcapフォーマット - pcap-ngをクエリする機能を備えた拡張S3ストレージプラグインが含まれます。多数のSQL関連の機能強化によるBI/分析のSQLコンプライアンスとパフォーマンスを改善し、フィルタープッシュダウンによるParquetのパフォーマンスを強化しました。最新のリリースでは、Drill管理とクエリパフォーマンス分析のためのユーザーエクスペリエンスも簡素化しました。


● Oozie 5.1
非常に軽量で安全な埋め込み型Webサーバの依存関係をTomcatからJettyに移行し、MapReduceではなく、YARNで一般的なOozieのランチャーを更新しました。


MapRで製品管理担当ディレクターであるSuzy Visvanathanは次のように述べています。
「MapRは最初、ステートフルなコンテナの問題を解決するために開発されました。当初はDockerコンテナ用の永続アプリケーション・クライアント・コンテナ (PACC)に対応し、その後、Kubernetes用のFlexボリュームのドライバに対応しました。また、当社は現在、CSIの実装により他社との差別化を図っています。開発者や管理者が同様に、Kubernetesのリリースと基盤となるストレージとの間での独立性を高めるように支援しています。CSIドライバはMapRボリュームを活用して、ステートフルなアプリケーションに対し、拡張可能で分散的な永続ストレージを提供します。ストレージは緊密に結合しておらず、Kubernetesのリリースにも相互依存していません。CSI の実装により、Kubernetesやその他MesosやDocker Swarmといったコンテナ・オーケストレーション (CO) ツールの永続的なデータレイヤーを提供します」


四半期ごとにMEPをリリースすることにより、最新のオープンソースの技術をすぐに利用可能となります。また、MEPはエコシステム間のサポート関係、設定をMapR Data Platformに適した形で提供されるため、旧バージョンからのアップグレードも容易に行うことが可能となっております。
MEP 6.1はすぐにご利用いただけます。



補助資料:
ブログ:MapRはKubernetesのデータ・ストレージ・プラグインを進化させる
https://mapr.com/blog/mapr-evolves-data-storage-plugins-for-kubernetes/

ブログ:CSI、Kubernetes、そしてDataware:コンテナ型アプリケーションのデータストレージがより簡単に
https://mapr.com/blog/csi-kubernetes-and-dataware-data-storage-for-containerized-applications-just-got-easier/


■マップアール・テクノロジーズについて
AIとアナリティクスのための次世代データプラットフォームを提供するMapR Technologiesは、ビジネスプロセスにアナリティクス機能を導入することで、収益の増加、コストの削減、およびリスクの軽減を実現します。 MapRは、クラウドからエッジ、IoT分析、コンテナの永続性等様々な環境、用途に対するソリューションを提供しています。グローバル2000企業がもっとも複雑なAIやアナリティクスに関する課題を解決するためにMapRプラットフォームを利用しています。Amazon、Cisco、Google、Microsoft、SAPやその他のトップ企業がMapRのグローバルなパートナーエコシステムに参加しています。詳細はこちらをご覧ください。
http://www.mapr.com/
https://community.mapr.jp/

MapRは、米国およびその他の国におけるMapR Technologies, Inc.の登録商標です。他の名前およびブランドは、他者の財産である場合があります。

# # #

ホームページ:http://www.mapr.com/
Facebook:https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter:https://twitter.com/mapr_japan
MapR Japan コミュニティ・サイト:http://community.mapr.jp/

■お客様からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-6386-0920  E-mail: sales-jp@mapr.com


  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
マップアール・テクノロジーズ株式会社(マップアール・テクノロジーズカブシキガイシャ)
代表者
平林 良昭(ヒラバヤシ ヨシアキ)
所在地
〒100-6510
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル10階 EGG Japan
TEL
03-6386-0920
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.hadoop-times.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.