2018年10月11日 17:00

MapR、NVIDIAのオープンソースソフトウェアRAPIDS向けデータ管理およびデータロジスティックスソリューションを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MapRによりNVIDIAが提供するデータサイエンスソリューションの導入をさらに加速

※本リリースは、MapR Technologies , Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下MapR)が2018年10月10日に発表したプレスリリースの抄訳です。

AIとアナリティクスのための先進的なデータプラットフォームを提供するMapR Technologies, Inc.は本日、MapR Data PlatformがRAPIDSオープンソースソフトウェアをサポートすることを発表いたしました。これにより、RAPIDSを介したデータサイエンスのデータアクセスおよびプロダクション環境へのデプロイを加速させることが可能になります。

MapRの独自の機能により、データサイエンティストはデータの集約、クレンジング、カタログ化の負担を軽減し、データをGPUおよびNVIDIA DGXシステムへ高速にフィードすることができ、トレーニングデータへのアクセスを迅速に行うことが可能になります。

MapR Technologiesのエグゼクティブバイスプレジデント兼チーフプロダクトオフィサーであるAnil Gadreは、次のように述べています。「ほとんどのデータサイエンティストにとって、トレーニングに最適なデータの発掘、準備、データへのアクセスといったデータロジスティックスが課題となっています。多くの場合、90パーセントもの時間がデータとの格闘に費やされています。MapRはデータ管理およびロジスティックスを可能にするデータファブリックによりRAPIDSを補完し、様々な環境における大規模な異種データの処理とアクセスを加速させます。また、このデータファブリックはモデルのプロダクションへのデプロイを加速し、また、継続的なデプロイと複数モデルの更新のコーディネートにより、ビジネスにリアルタイムかつ大規模なインパクトを与えることができます。」

このソリューションにより、企業内のデータフローをGPUに最適化されたMapRコンテナにより連携させることで、NVIDIAのデータサイエンス・トレーニングパイプラインに統合することが可能になります。

データサイエンティストは、MapR Data Platform for RAPIDSにより、以下のことが可能になります。

・様々なデータソースから収集されたデータは潜在的な価値を失わないようRAWデータのまま保護されます。
・オンプレミス、クラウド、エッジなど、地理的に離れた場所から入出力データを多数の独立したアプリケーションによって利用可能にします。
・複数モデルの開発を一元管理し、実用化を容易にします。
・ベース性能を得るためのリファレンスモデルを含め、開発とプロダクション環境においてモデルを比較するための評価手法を向上させます。
・Parquet、ORC、JSON、AVRO、CSVといった形式の標準ファイルをRAPIDSに直接かつ高速にストリーミング方式で転送します。

NVIDIAのAIインフラ担当バイスプレジデントであるClément Farabet氏は、次のように述べています。「企業が膨大な量のワークロードにも対応し、組織において幅広く容易に導入できるよう、RAPIDSエコシステムにおいて当社とMapRは協力して取り組んでいます。MapRの拡張性に優れた高性能な共通プラットフォームは、オンプレミスからクラウド、IoTのエッジからコア等様々な環境に対応しており、これによりデータサイエンティストは、より多くのデータをGPUにフィードし、より多くの革新的なアプリケーションを開発することが可能になります。」

<提供開始>
自動化されたデータロジスティックスをRAPIDSに容易に統合する、GPU向けのMapRコンテナは現在NVIDIAの公式リポジトリ(http://rapids.ai/ )から利用可能です。

MapR Data PlatformによってDGXシステムを最適に構成、使用するための詳しい技術情報を含む参照アーキテクチャは、こちら(https://mapr.com/whitepapers/production-ready-high-speed-data-access-for-ai-and-deep-learning-workloads/ )から利用可能です。

■MapR Technologiesについて
AIとアナリティクスのための先進データプラットフォームを提供するMapR Technologiesは、ビジネスプロセスにアナリティクス機能を導入することで、収益の増加、コストの削減、およびリスクの軽減を実現します。 MapRは、クラウドからエッジ、IoT分析、コンテナの永続性等様々な環境、用途に対するソリューションを提供しています。グローバル2000企業がもっとも複雑なAIやアナリティクスに関する課題を解決するためにMapRプラットフォームを利用しています。Amazon、Cisco、Google、Microsoft、SAPやその他のトップ企業がMapRのグローバルなパートナーエコシステムに参加しています。詳細はこちらをご覧ください。
http://www.mapr.com/
https://community.mapr.jp/

MapRは、米国およびその他の国におけるMapR Technologies, Inc.の登録商標です。他の名前およびブランドは、他者の財産である場合があります。

# # #

ホームページ:http://www.mapr.com/
Facebook:https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter:https://twitter.com/mapr_japan
MapR Japan コミュニティ・サイト:http://community.mapr.jp/

■お客様からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-6386-0920  E-mail: sales-jp@mapr.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
マップアール・テクノロジーズ株式会社(マップアール・テクノロジーズカブシキガイシャ)
代表者
平林 良昭(ヒラバヤシ ヨシアキ)
所在地
〒100-6510
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル10階 EGG Japan
TEL
03-6386-0920
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.hadoop-times.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.