2018年04月06日 14:30

クラウドサービス「サスケ」がAPI機能をリリース -システム連携によるエコシステム的活用の普及を目指す-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウド型顧客管理システム「クラウドサービスサスケ」の開発メーカー株式会社インターパーク(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:舩越 裕勝)はサスケに蓄積したマーケティング・営業データと外部システムを連携する「API機能」を2018年4月6日にリリースしましたことをご報告致します。

■新機能のリリース背景
これまで企業におけるシステム利用は経営視点での情報管理を目的とし、部門を横断した一気通貫型システムが一般的とされてきました。その反面、各業務にシステムを最適化しきれず、システムを使用する現場に負担がかかるという課題もありました。

しかし近年ではITテクノロジーの進歩によりいくつもの分野、業務に特化した専門的なシステムが登場しました。これらのシステムにより各業務を効率的にかつシステム品質も向上し、生産性の向上に大きく貢献しました。

現代社会において企業はこのような専門的なシステムをシーンに合わせて活用しながらも、システム同士を連携させたエコシステム的な発想に基づいた運用が求められます。

新機能であるAPI機能をご利用頂くことでサスケ単体でのシステム利用だけでなく、様々な外部システムと連携した活用が可能になります。そしてAPI機能をご利用頂くことで様々なビジネスシーンでマーケティング・営業データを活用するという新たな顧客体験を可能にすると確信しております。

■API機能について
API(アプリケーションインターフェース)とはソフトウェアの一部を公開することで外部システムと機能を共有できるようにしたものを指します。そして公開したAPIを外部システムに埋め込むことでシステム同士を連携することが可能になります。

今回実装しました「API機能」では外部システムからサスケのAPIを呼び出し、サスケに蓄積したデータを外部システムにシームレスに取り込んで頂くことが可能となります。
本機能では「顧客情報」「顧客対応履歴」「顧客接触チャネル」「メール送信履歴」「WEB行動情報」など顧客に紐付く様々なデータを外部システムに出力することが可能になります。

■クラウドサービスサスケとは
ナショナルブランドの大手企業様をはじめ、国内1,000 社以上に導入されているクラウド型の顧客管理システムです。主にリードデータと呼ばれる見込み顧客や潜在顧客の管理に強く、マーケティング・営業部門でご利用いただいております。

現在はリードデータの核となる名刺の自動データ化テクノロジーを発展させたサービス展開にチャレンジ。スキャンした紙資料を自動データ化する“ペーパーレス”や紙資料をスキャンするだけで顧客管理が可能になる“データインプットゼロCRM”など企業全体でご利用頂けるサービス開発に取り組んでおります。

<クラウドサービスサスケ サイト>:http://www.saaske.com/

■会社概要
商号 : 株式会社インターパーク
代表者: 代表取締役社長 舩越 裕勝
所在地: 〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2丁目16番8号
ビジネスヴィップ渋谷・道玄坂坂本ビル8F
設立 : 2001年7月
URL  : http://www.interpark.co.jp

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

株式会社インターパーク
商号
株式会社インターパーク(インターパーク)
代表者
舩越 裕勝(フナコシ ヒロカツ)
所在地
〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西10丁目4  南大通ビル2F
TEL
011-219-4000
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
http://www.interpark.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.