2020年10月22日 14:00

日本モレックス、LoRa周波数帯で動作する柔軟なホイップアンテナ「LoRa外付けアンテナ」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月22日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:李 在薰)は、LoRa周波数帯で動作する柔軟なホイップアンテナ「LoRa外付けアンテナ」を本日発表しました。

モレックスのLoRa外付けアンテナは細い線型のホイップアンテナで、LoRa周波数帯で動作し、高い性能と360度の優れた指向性カバレッジを提供します。LoRaは米国のLoRaアライアンスが策定する新たなワイヤレス通信システムで、使用される周波数帯は地域によって異なり、日本では920MHz-928MHzが割り当てられています。

本アンテナ製品は866MHz(+/-10MHz)に対応する「216196001」および915MHz(+/-10MHz)に対応する「2161960011」の2種がラインアップされており、嵌合方式は、216196001がSMAコネクター(オス)で、2161960011にはRP-SMAコネクター(メス)が採用されています。ヒンジジョイントによって両製品ともに垂直面で90度、SMAコネクターについては水平面で180度回転でき、全方向に優れたカバレッジを提供します。

LoRa外付けアンテナの主な特徴

・ サイズは長さ196.00mm、本体重量は23.5gで、動作温度は-40~+85度Cに対応

・ 最大2.5dBiのピークゲインおよび75%の放射効率で、強力で安定したワイヤレス接続を提供

・ 高周波数帯の866および915MHzのLoRa周波数帯で動作し、長距離のカバレッジを提供

本製品は、スマートシティ、スマートメーター、パワーデバイス、スマートロジスティクスなどの産業用、農業におけるIoT、IoTおよびITインフラストラクチャなどのIoTといった用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイトhttp://www.japanese.molex.com/link/ism.htmlをご覧下さい。


モレックスについて
モレックスは、未来の変革とより豊かな生活を実現させるテクノロジーを可能にすることでつながる世界を支えていく。世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、医療、インダストリアル、自動車、家電などの様々な市場に広範な接続システム、サービスおよび電子ソリューションを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
日本モレックス合同会社(ニホンモレックスゴウドウカイシャ)
代表者
李 在薰(リー・ゼフン)
所在地
〒242-8585
神奈川県大和市深見東1-5-4 
TEL
046-261-4500
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
従業員数
5000名未満
会社HP
http://www.japanese.molex.com/
公式ブログ
http://www.connector.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.