2021年10月08日 14:00

フレーバー・テイストの意向、1位は「桃」、次いで「いちご」、「白桃」、「バニラ」、「生クリーム」の順。ここ3年、順位が急上昇の「シャインマスカット」。ダウン傾向の「チョコクリーム」「ココア」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
□フレーバー・テイストの嗜好を調査

(株)BMFTは、食べ物や飲み物の風味や味・香りに対する嗜好の調査を2006年からほぼ毎年行ってきました。

調査のタイトルは 『好きな風味・素材:フレーバー・テイスト』。
菓子やアイスクリームのフレーバー、スイーツの素材、料理の味付け、スープの味など、食べ物や飲み物の風味や味・香りの種類を"フレーバー・テイスト"としています。

ここでは、その調査結果をご紹介します。

□フレーバー・テイストの3分野

フレーバー・テイストを大きく、フルーツ・野菜系、洋風系、和・エスニック系の3つの分野に分けています。

今回、2021年に調査したアイテム数は、全部で378アイテム。3分野では次のようなアイテム数になります。
・フルーツ・野菜系 :133
・洋風系      :108
・和・エスニック系 :137

□3分野総合の意向

1~3位はフルーツ系の「桃」、「いちご」
フルーツ・野菜系、洋風系、和風・エスニック系の3分野を合わせた調査アイテムは387。ランキングのトップは「桃」で、「いちご」、「白桃」が続きます。
フルーツでは、6位「巨峰」、9位「りんご」、10位「マスカット」がトップ10です。

洋風系は4位「バニラ」、5位は「生クリーム」
4位は「バニラ」、5位は「生クリーム」、同じ洋風系では、7位「ミルクチョコレート」、8位「コーヒー」がトップ10入りです。

和・エスニック系の最上位は12位「はちみつ」
上位にはあまり入っていないのが和・エスニック系。最上位は「はちみつ」の12位、次いで「明太子」の16位です。
いずれも10位台、トップ10には入ったアイテムはありません。和を代表するフレーバー・テイストの「抹茶」は49位でした。
□ 3分野総合の意向の変化

3分野総合のトップ20ランキングは、ここ3年間の動向は次のようになります。

フルーツ系「いちご」に加えて「桃」が上位
以前からトップ1位か2位だった「いちご」に加えて、「桃」「白桃」が上位になりました。

「シャインマスカット」が急上昇
フルーツ・野菜系では「シャインマスカット」が、前回の31位から今回14位へと急上昇中です。

洋風系「バニラ」「チョコクリーム」「ココア」はダウン傾向
洋風系はなんといっても「バニラ」、ずっと「いちご」と並んでトップだったのですが、ここ3年、少しずつ順位を下げ、2021年は4位になっています。
また、洋風系の「チョコクリーム」「ココア」「カスタード」もダウン傾向にあります。

和・エスニック系の「きなこ」がダウン傾向
和・エスニックの「きなこ」が順位ダウンしています。
「きなこ」に代わって、2021年は「明太子」がトップ20に入っています。
□フルーツ・野菜系の意向

1位「桃」、2位「いちご」
フルーツ・野菜系133アイテムのなかで、意向が最も高いのは「桃」、次いで2位「いちご」、3位「白桃」です。
4位「巨峰」、5位「りんご」と続きます。

"桃"では「桃」の他、「白桃」「黄桃」をとりあげていますが、 「黄桃」は19位と低く、「白桃」は「桃」とほぼ同じ、「桃」は「白桃」を指していると言えます。

「ぶどう」9位よりも、「巨峰」4位が高い
4位は「巨峰」です。"ぶどう"では「マスカット」が6位、「シャインマスカット」が8位、いずれも"品種名"です。
カテゴリーを表す普通名詞の「ぶどう」は9位、色での分類名称の「白ぶどう」は17位、「赤ぶどう」は43位と低い順位です。 "ぶどう"ではカテゴリー名よりも品種名の方が圧倒的に高くなっています。

カテゴリー名では「桃」「いちご」「りんご」「みかん」の順
フルーツ・野菜系のカテゴリー名称で限定した順位は、「桃」、「いちご」に次いで、「りんご」、「みかん」、「梨」、「オレンジ」、「メロン」の順になります。

野菜のトップは「サツマイモ」
フルーツに比べて野菜の意向は低めで、「サツマイモ」が27位で野菜のトップ、「とうもろこし」、「枝豆」がそれぞれ33位、35位に入っています。


□フルーツ・野菜系のカテゴリー名と品種名

フルーツ・野菜系ではカテゴリーを表す普通名詞だけでなく、商標的な名称を含めた品種名についても、調査しています。
ここでは、カテゴリー名と商標名を含んだ品種名に対する消費者の意向を比較します。

品種名がカテゴリー化している「巨峰」「シャインマスカット」
品種名が広く浸透しているのが、"ぶどう"です。 「巨峰」「マスカット」「シャインマスカット」は、「ぶどう」「白ぶどう」「赤ぶどう」というカテゴリー名称よりも高い意向があります。

ぶどうの品種の区別は、味や香りだけでなく見た目の色・形の違いがわかりやすいため、固有名詞の品種名や商標名が普通名詞化していると言えます。この調査では、「巨峰」「マスカット」「シャインマスカット」などを、普通名詞として扱っています。

「あまおう」は、「いちご」に迫る
「いちご」では、「あまおう」「とちおとめ」といった商標的名称が普通名詞の「いちご」に迫っています。今回調査では、「あまおう」は「いちご」とほぼ同じくらいの意向をもつまでになりました。

「南高梅」「佐藤錦」は、「梅」「さくらんぼ」には及ばない
カテゴリーの中で独占的に強い品種名には「南高梅」、「佐藤錦」があります。ただ、いずれも普通名詞の「梅」「さくらんぼ」には及びません。

「夕張メロン」「安納芋」は、「メロン」「サツマイモ」を超える
品種名が普通名詞より高い意向があるのは「夕張メロン」、「安納芋」です。普通名詞の「メロン」「サツマイモ」より品種名が優り、商標的価値をもっていることを表しています。
□洋風系の意向

1位「バニラ」、2位「生クリーム」
洋風系の108アイテムのなかで、意向が最も高いのは「バニラ」で、2位は乳系の「生クリーム」です。
「生クリーム」の他に“クリーム”がついたアイテムが3つ、トップ20にはあります。5位「チョコクリーム」、13位「クリームチーズ」、18位「キャラメルクリーム」です。

「ミルクチョコ」「チョコクリーム」は3位、5位
3位は「ミルクチョコレート」です。"チョコ・ココア"系では、5位「チョコクリーム」、 8位「ココア」、14位「ビターチョコレート」、19位「ホワイトチョコレート」がトップ20入りです。
「カカオ」という表現はトップ20に入らず、26位です。

「コーヒー」「カフェオレ」は4位、6位
4位は「コーヒー」です。"コーヒー"との組み合わせには、6位「カフェオレ」、12位「カフェラテ」があがっています。

ナッツ系は「アーモンド」が7位
7位は「アーモンド」です。ナッツ系では17位の「マカダミアナッツ」が続き、その他「ピーナッツ」「カシューナッツ」は20位台です。

9位「カスタード」、10位「キャラメル」
9位は「カスタード」で、10位は「キャラメル」です。「メイプルシロップ」 は20位です。

チーズ系は「モッツァレラチーズ」が11位
チーズ系では「モッツァレラチーズ」が11位で最も上位で、13位「クリームチーズ」、15位「カマンベールチーズ」がトップ20に入っています。



□和エスニック系の意向

1位は「はちみつ」
和風・エスニック系137アイテムのなかで、意向が最も高いのは「はちみつ」です。
同じ糖蜜系では、「黒蜜」「黒糖」「和三盆糖」がありますが、それぞれ25位、31位、44位です。

2位は「明太子」、5位「エビ」
2位は「明太子」です。
魚介系では、5位「エビ」、13位「海苔」、16位「カニ」がトップ20に入っています。

3位は「カレー」
3位は「カレー」です。
スパイス・香辛料系では「柚子胡椒」「胡椒」「ラー油」がありますが、いずれも30位台です。

「きなこ」は4位、「つぶあん」「こしあん」は12位、14位
4位は「きなこ」です。
和菓子を代表する餡の「つぶあん」、「こしあん」は12位と14位です

「醤油」「味噌」は8位、11位
「醤油」は8位、「味噌」は11位です。ただ、「醤油」「味噌」よりも、「マヨネーズ」の方が上位で、6位を占めています。

「抹茶」は10位
和を代表するフレーバー・テイストの「抹茶」は10位、「緑茶」は17位です。


以上、フレーバー・テイストの3分野の上位のアイテムの動向です。



以上、調査報告書から、内容の一部をご紹介しました。

調査報告書は、2021年9月25日に販売開始。

報告書のもう少し詳しいご案内と購入方法は、
こちらでみることができます。
http://www.bmft.co.jp/publication/reports/flavortaste2021/

【調査の方法】
・調査方法   インターネット調査
・対象者    15-69歳の一般男女
・サンプル数  1800人
・調査期間   2021年5月14日~18日
・調査地域   全国

【お問い合せ先】
株式会社 BMFT
東京都港区南青山7-4-2
アトリウム青山3F

担当:光岡(ミツオカ)
info@bmft.co.jp
03-5466-7190

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社BMFT(カブシキカイシャ ビーエムエフティ)
代表者
小塚真澄(コヅカマスミ)
所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-4-7 グリーンパーク原宿101
TEL
03-6447-1271
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.bmft.co.jp/

株式会社BMFTの最新プレスリリース

2022年11月25日 16:00
フルーツ野菜系は「シャインマスカット」が急アップ、「桃」「みかん」がダウン。洋風系は「バニラ」がトップ、「キャラメル」「モッツァレラチーズ」が順位アップ。和エスニック系は「はちみつ」から「カレー」に。
2022年07月19日 16:00
【新刊書】環境・生態系と情報・デジタル系のコモンズ。21世紀のCOMMONSの見取り図ができました。『コモンズ思考をマッピングするーポスト資本主義的ガバナンスへー』山本眞人著が、8月6日に発売です。
2022年06月29日 11:00
シズルワードの2022年ランキング、味覚系は「こくうま」「極うま」「コク深い」の複合造語がアップ。食感系は「ジューシーな」「もちもち」、情報系は「贅沢な」「焼きたて」「本格的」ランキング1、2位に。
2022年02月25日 12:00
変化する食生活での健康意識、 食品では「チーズ」「バナナ」「鶏肉」、 成分・素材では「タンパク質」「ビタミンD」「GABA」「オメガ3」、期待効果では〈免疫力〉〈認知力〉〈筋力〉 が大きくアップ。
2021年10月08日 14:00
フレーバー・テイストの意向、1位は「桃」、次いで「いちご」、「白桃」、「バニラ」、「生クリーム」の順。ここ3年、順位が急上昇の「シャインマスカット」。ダウン傾向の「チョコクリーム」「ココア」。

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.