2022年02月25日 12:00

変化する食生活での健康意識、 食品では「チーズ」「バナナ」「鶏肉」、 成分・素材では「タンパク質」「ビタミンD」「GABA」「オメガ3」、期待効果では〈免疫力〉〈認知力〉〈筋力〉 が大きくアップ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


食のライフスタルを健康意識から捉えます。視点は次の3つ。
ひとつは健康を意識して摂っている食品・飲料、ヘルシーコンシャス食品です。
2つめは、健康食品やサプリメントで摂りたい成分・素材、ヘルシーアイテムです。
3つめは、健康食品・サプリメントに期待する効能効果です。

この調査は2006年から行い、今回が15年目になります。
ここでは、2015年~2021年の7年間の変化と3年後の予測をランキングの順位変化から明らかにします。




ヘルシーコンシャス食品、

「たまご」「チーズ」「バナナ」「鶏肉」
が順位アップ


健康を意識して摂っているヘルシーコンシャス食品、生鮮食品や加工食品、飲料など169品目を調査しました。ヘルシーコンシャス食品の1位は「ヨーグルト」で、2位は「納豆」、3位は「牛乳」、4位は「豆腐」。トップ4は、乳系と大豆系の食品が占めています。

そして、5位は「たまご」。「たまご」は着実に順位アップ。2015年10位、2018年6位、2021年5位です。そして、2024年の予測では、トップ4の「豆腐」「牛乳」を抜き、「ヨーグルト」「納豆」に次ぐ3位になります。
6位から8位は「緑黄色野菜」「トマト」「きのこ類」と野菜です。ただ、「緑黄色野菜」「トマト」の順位はダウン傾向です。

ヘルシーコンシャス食品で大きく順位アップしているのは「チーズ」、2015年18位、2018年14位、2021年9位です。
果物で最上位の「バナナ」は、2018年26位から2021年12位へと、大きく順位アップです。さらに「鶏肉」も、2018年32位から2021年16位と順位アップです。


摂りたい成分・素材であるヘルシーアイテム、

「タンパク質」が大きく順位アップ、「ビタミンD」「GABA」「オメガ3」もアップ。
「青汁」などがダウン。


健康食品・サプリメントでとりたい成分・素材174アイテムについて調査、ヘルシーアイテムの1位は「乳酸菌」、次いで2位「ビタミンC」、3位「食物繊維」です。
4位から7位は、「ビフィズス菌」、「コラーゲン」、「カルシウム」、そして「DHA」です。
以上のトップ7は、ここ数年間不動のヘルシーアイテムです。

順位の変化は8位以下で起きています。
アップしたのは「タンパク質」。2018年21位から2021年は8位に順位アップです。
「ビタミンD」「ビタミンA」が順位アップ。なかでも「ビタミンD」大きくアップ、2024年予測では「ビタミンE」と肩を並べます。

また、「GABA」(ギャバ)「オメガ3」も順位アップしています。なかでも「GABA」は、2018年71位でしたが、2021年に33位と急アップ、2024年予測では10位、トップ10入りが予測されています。

順位ダウンしてトップ20から消えたヘルシーアイテムには、「ブルーベリーエキス」「コエンザイムQ10」「セサミン」があります。
また、「青汁」は2015年8位から2021年18位に大きくダウンです。





期待する効能効果は
〈免疫力・治癒力〉〈認知・脳〉〈筋力〉がアップ



健康食品やサプリメントに期待する効能効果59項目の1位は「免疫力を高める」、2位は「腸内環境を整える」です。どちらも乳酸菌系の働きが関連しています。

3位は「体調を維持する」、次いで「老化を防止する」「疲れがとれる」「栄養バランスを整える」が続きます。いずれも多くの人に当てはまる全般的な効能効果です。

トップ20の中で、順位がアップしているのは「免疫力を高める」「風邪を予防する」「自然治癒力が高まる」などの〈免疫力・治癒力〉があります。
さらに、「認知症を予防する」「脳を活性化させる」「老化を防止する」といった〈認知力・脳〉系が順位アップです。
もうひとつ、「筋力を増強する」の〈筋力〉系もアップです。

コロナ禍によてライフスタイルの変化が進み、食をめぐる健康意識では〈免疫力〉〈認知力〉〈筋力〉が高まり、普段飲食する食品や飲料、さらに摂取したい成分・素材の変化が進展していると考えることができます。





おわりに

調査報告書から、
ランキングのトップ20の時系列分析を中心にご紹介しました。

調査概要は次のようになります。

【調査の方法】
・調査方法   インターネット調査
・対象者    20-79歳の一般男女
・サンプル数  1200人
・調査期間   2021年12月11日~16日
・調査地域   全国


詳細や疑問は、参照先、問い合わせ先まで、お願いいたします。

【参照先】
(株)BMFTでは、調査報告書を2022年2月18日に販売開始。

報告書の内容や購入方法についての詳細は、こちらでみることができます。
http://bmft.co.jp/publication/reports/healthyitem2022/


【問い合せ先】
株式会社 BMFT
東京都港区南青山7-4-2
アトリウム青山3F

担当:光岡(ミツオカ)
info@bmft.co.jp
03-5466-7190

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • ライフスタイル

会社概要

商号
株式会社BMFT(カブシキカイシャ ビーエムエフティ)
代表者
小塚真澄(コヅカマスミ)
所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-4-7 グリーンパーク原宿101
TEL
03-6447-1271
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.bmft.co.jp/

株式会社BMFTの最新プレスリリース

2022年11月25日 16:00
フルーツ野菜系は「シャインマスカット」が急アップ、「桃」「みかん」がダウン。洋風系は「バニラ」がトップ、「キャラメル」「モッツァレラチーズ」が順位アップ。和エスニック系は「はちみつ」から「カレー」に。
2022年07月19日 16:00
【新刊書】環境・生態系と情報・デジタル系のコモンズ。21世紀のCOMMONSの見取り図ができました。『コモンズ思考をマッピングするーポスト資本主義的ガバナンスへー』山本眞人著が、8月6日に発売です。
2022年06月29日 11:00
シズルワードの2022年ランキング、味覚系は「こくうま」「極うま」「コク深い」の複合造語がアップ。食感系は「ジューシーな」「もちもち」、情報系は「贅沢な」「焼きたて」「本格的」ランキング1、2位に。
2022年02月25日 12:00
変化する食生活での健康意識、 食品では「チーズ」「バナナ」「鶏肉」、 成分・素材では「タンパク質」「ビタミンD」「GABA」「オメガ3」、期待効果では〈免疫力〉〈認知力〉〈筋力〉 が大きくアップ。
2021年10月08日 14:00
フレーバー・テイストの意向、1位は「桃」、次いで「いちご」、「白桃」、「バニラ」、「生クリーム」の順。ここ3年、順位が急上昇の「シャインマスカット」。ダウン傾向の「チョコクリーム」「ココア」。

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.