プレスリリースの究め

業績発表のプレスリリース雛形

株式会社●●●●、過去最高益を更新、出来たて惣菜「■■■■」が発売1年で50万食を販売!

弁当や惣菜の製造販売業を行う株式会社●●●●(本社:東京都港区、代表取締役社長:▲▲▲▲)は、第5期事業年度(20xx年4月1日から20xx年3月31日まで)の中間期(20xx年4月から9月期)を終了いたしましたので、ここに事業等の概況について発表します。

株式会社●●●●の売上高は8億5千万円(前年同期比30%増)、営業利益は3億2千万円(同20%増)、経常利益は1億3千万円(同20%増)、中間純利益は8千万円(同15%増)となり、過去最高益を更新しました。

食品・フードサービス業界においては、消費者の「低価格・節約」志向が根強く残る中、円安や原材料費の価格高騰の影響による値上げにより、消費者の商品選択基準は一段と厳しくなる中、一層の競争激化が課題となっています。 このような環境のもとで、株式会社●●●●は「お客様とのつながりを大切に」という企業理念の下、「技術革新力とマーケティング力を活かした商品開発」「既存事業の強化・拡大」「徹底的なローコストオペレーション」「販売促進費の効率的な支出」に取り組んで参りました。
各セグメント別の売上状況は以下のとおりです

<フードサービス事業>
注文をうけてから調理する揚げたて惣菜「■■■■」の調理システムを同年9月までに全店舗に導入し、同年1月から12月末日までの累計販売数が30万食を突破するなど、当初の計画を大幅に上回りました。

また、20xx年3月に青森県と石川県へ出店地域を拡大し、当第5四半期連結累計期間で過去最高となる100店舗を出店した結果、同年11月末時点の店舗数は42都道府県で400店舗(前期末比150店舗増)となりました。

この結果、当セグメントにおける売上高は前年同期比25%増の4億8千万円、セグメント利益は前年同期比15%増の1億2千万円となりました。

<プライベートブランド事業>
主力プライベートブランドである加工商品「煮魚」「煮物」を中心とした中食シリーズが販売好調で売上拡大に貢献しましが、チルド商品は市場の需要停滞により苦戦し、全体では前年同期をやや上回る微増となりました。

この結果、当セグメントにおける売上高は前年同期比35%増の3億7千万円、セグメント利益は前年同期比20%増の8千万円となりました。

【今後の取組み】
フードサービス事業では、引き続き「既存事業の強化・拡大」を最重要課題と位置づけ、店舗収益力の向上を図るべく、店内調理ならではの“出来たての美味しさ ”の魅力を広く発信していきます。今春には、シャキシャキの食感が楽しめる春野菜の炒め物や、ジューシーな肉汁を味わえる揚げ物を中心とする新商品を順次投入していく予定です。

【会社概要】
会社名:株式会社●●●●
代表者:代表取締役社長 ▲▲▲▲
所在地:東京都港区北青山1-1-1
TEL:03-1111-1111
FAX:03-1111-1111
URL:http://www.example.jp
E-Mail:info@example.jp
事業内容:弁当や惣菜の製造販売業

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社●●●●
担当者:▲▲▲▲
TEL:03-1111-1111
FAX:03-1111-1111
E-Mail:info@example.jp

目的別プレスリリーステンプレート(雛形)一覧

プレスリリースの内容が一目でわかるようキャッチーで簡潔なタイトルをつけましょう。(30~50文字以内を推奨)また、時流に乗ったキーワードを入れることで目に留まりやすくなります。

タイトル作成5つの極意
https://www.dreamnews.jp/kiwame/pressrelease-magazine/10613/

プレスリリース全体の情報量はA4用紙1枚程度が適切と言われています。「5W2H」を意識し、結論を先に書き始める「結起承転」の構成にしましょう。

プレスリリースの書き方
https://www.dreamnews.jp/kiwame/howto-pressrelease/
本文作成のポイント VOL.1& VOL.2
https://www.dreamnews.jp/kiwame/pressrelease-magazine/10866/

商品・サービスの開発背景や他社製品との差別化にについてなど・・・
新商品・新サービスについての説明に加えてこれらを記載することでニュース性が向上します。(ただし簡潔に)記者が「ニュース記事としてぜひ取り上げたい!」と感じるようアピールしましょう。

今後の展望・豊富・・・
企業としての今後の取り組みや予定、豊富や、特定の商品の販売目標数などを可能範囲で記載していただくと、企業認知の向上やメディアへのアピールにもつながります。(会社概要の直前あたりに記載)

企業ロゴ画像・・・
タイトルの下に企業ロゴやブランドロゴの画像を追加すると、企業・ブランドの認知向上にもつながります。

商品画像・・・
プレスリリース内に画像を入れることで、メディアの目を引くと同時に、文字のみでは伝わらない商品のイメージを直感的に伝えることが可能です。ただし、写真には著作権や肖像権といった権利が発生しますので、利用には注意が必要です。

添付資料・・・
プレスリリースの適切な長さはA4用紙1枚程度なので、補足情報がある場合は、プレスリリース内に資料等を閲覧できるURLを記載し誘導するなど、受け取る相手方に立った配信をしましょう。

何をしている会社かが分かるように、会社名の前に修飾語を挿入し、会社の所在地と代表者名を記載します。

開始日や発売日などの日付は、いつの情報なのかという点を示す点で非常に重要な情報になるので必ず記載しましょう。(記者は情報の新規性を日付で判断!)

会社概要をしっかり記載し情報の発信元を明示することで、プレスリリースの信用性の向上につながります。

記者がすぐ連絡を取れるように企業名、部署、担当者名、電話番号、FAX番号、Emailアドレス等のお問い合わせ先の記載は必須です。連絡手段は多い方が親切です。

具体的データで信憑性アップ!「すごい」や「すばらしい」といったあいまいな表現は避け「●%増加」や「●%向上」というように具体的データを数値に落とし込むことで、プレスリリースの信憑性が飛躍的にアップします。

企業としての具体的な今後の展望や予定、抱負などを記載することで、企業認知の向上やメディアへのアピールにもつながります。ただしこの場合、「今後もスタッフ一同頑張ります」といった抽象的な挨拶文のみはやめましょう。

キャンペーン開催告知のプレスリリースでは「キャンペーン概要」として、キャンペーン名、キャンペーン開催日(期間の場合は開始日と終了日)、キャンペーン内容、申込方法などの基本情報は必ず記載しましょう。

活動の期間が決まっているものは「開始日」と「終了日」の両方を記載しましょう。

メインの内容だけではなく、前提となるサービスそのものの説明も入れることで、サービスや運営企業を初めて知る記者へのさらなる理解を促します。

調査結果報告のプレスリリースでは「調査概要」として調査テーマ、調査対象、調査人数、調査方法、調査日(期間の場合は開始日と終了日)などの基本情報は必ず記載しましょう。

プロモーション目的をしっかり記載しましょう。

具体的なCM内容や広告内容を文章でしっかり表現しましょう。

貴社が出展者の場合は、別途、主催者は明確に記載しましょう。

イベントやセミナーの開催報告のプレスリリースでは、実際の当日の様子や成果について具体的(参加人数や年齢など具体的数値があると◎)に記載しましょう。

参考として、過去に開催した同内容のイベントの様子や成果について具体的な描写があるとイメージがしやすくニュース性もアップします。

イベント・セミナーの開催告知やイベント出展告知のプレスリリースでは「イベント(セミナー/出展)概要」としてイベント名、開催(期間の場合は開始日と終了日)、開催時間、開催場所、料金、申込方法などの基本情報は必ず記載しましょう。

ただ単にダウンロード数が100万を突破しただけでなく、どういった理由でダウンロード数が伸びたのかなど、具体的な自社の見解を記載した方がプレスリリースとして適切です。

<導入事例のプレスリリースとは>
・「事例」とは個々に異なる具体的な実例を意味するため、貴社商品・サービスの案内やクライアント企業の紹介文のみのプレスリリースは「導入事例」として適切ではありません。

<導入事例プレスリリースに必要な情報1>
導入前にクライント企業が抱えていた課題(あるいは目標)
導入時にクライアント企業が評価したポイントや導入の決め手となった部分
について記載しましょう。

<導入事例プレスリリースに必要な情報2>
導入後にクライアント企業が具体的に感じた効果やメリット
について記載しましょう。

メディア掲載実績に結びついた経緯・背景・注目ポイントや可能な範囲での報道内容について具体的に記載しましょう。

合併の目的・メリットをしっかり記載しましょう。

新会社の会社概要を記載しましょう。

合併前の各会社概要を記載しましょう。

新会社設立の目的や特色、具体的な事業内容をしっかりと記載しましょう。

業務提携の目的や提携後に可能になるサービスの詳細についてしっかり記載しましょう。

業務提携する相手企業についての説明文があると記者にとって親切です。

対象期間に自社が取り組んできた事業や方針などをしっかり記載しましょう。

社名変更の目的をしっかり記載しましょう。

移転のきっかけや目的をしっかり記載しましょう。

移転先の環境や内装などの目的をしっかり記載しましょう。

移転先の新オフィスの住所や稼働日を記載しましょう。

サイトリニューアルの目的をしっかり記載しましょう。

サイトリニューアルの目的を達成するために行った具体的な変更点を明示しましょう。

特許番号を記載しましょう。

特許取得日を記載しましょう。

具体的な特許内容をしっかり記載しましょう。

導入に至った経緯が重要です。しっかり記載しましょう。

人事異動の詳細を記載しましょう。

CSR活動を実施する目的・背景を記載しましょう。

サービスに関して、ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

サービスお問い合わせ専用ダイヤル9:00~18:00(土日祝日を除く)

03-6459-2831

サイトからのお問い合わせ

新規企業会員登録 プレスリリースを配信するには企業会員登録が必要です。

  • ご利用案内ダウンロード

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.